Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年1月3日 アートとしての存在感を主張する赤錆鉄柱
b0175964_1911145.jpg

ここは某スーパーマーケットの駐車場の非常階段であります。
すでに、デジタル写真ブログではご紹介済みです・・・わたし好みの熟成された赤錆がいっぱいあったので、フィルムでも撮ってみました♪
白い防錆塗料が塗ってあるにもかかわらず、その下からワラワラと湧いてくる赤錆の生命力、素晴らしいものがありますねえ。^^
ここまではじけてしまうと、もはやアートなんであります。^^v

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-01-03 05:00 | Rusty Scene | Comments(8)
Commented by film-gasoline at 2015-01-03 11:09
うぐぐぐ~っ! 年明けからガンガン攻めてきますね~(^^♪
この塗装の浮きと錆具合がじつにフォトジェニックですね!
でもこれを撮っている黒顔羊師匠の姿、一般ピープルには???なことでしょう^^;
う~む、おりもこんなシーンを探しに出かけるか~!(^^)v
そして、人々に???がられるど~!^^;
Commented by speedstar-dhy at 2015-01-03 11:22
あけましておめでとうございます。
本年もたくさんの素敵な作品を拝見することを楽しみにしています。
よろしくお願い申し上げます。
Commented by gucci at 2015-01-03 15:49 x
新年早々の赤錆物件ですね!!
まさに中央の防錆塗料がボロボロな感じが凄いです(^^)p
ネオパンでもポストプロセスでコントラストが効いた絵になりますね(^^)
私も錆物件探しに行かないとですね・・・
Commented by 皐月の樹 at 2015-01-03 20:02 x
おお~、これはあの錆錆非常階段♪
ぐぬぬぬ~、フィルムで撮ると、どうしてこんなに錆がアートっぽく写るのでしょうかね~? そして、この錆の生命力!
こんな甘っちょろい塗装で、オイラを止められると思ったのか~?! ぐらいの勢いですね^^;
無機質なのに、有機的な力を感じる・・・不思議なのでございます~!
Commented by blackfacesheep at 2015-01-03 20:02
フィルガソさん、こんにちは。^^
この赤錆鉄柱、実に良い面構えで、デジタルでも面白く撮れましたが、やはり迫力は白黒フィルムの方ですねえ♪
にょほほ、人にどう思われようと、撮りたいものは撮るのだ~♪
Commented by blackfacesheep at 2015-01-03 20:07
speedstar-dhyさん、あけましておめでとうございます♪
あはは、今年も質より量、とりあえず毎日更新を目標にしております。^^v
今年はTLRが5台になりましたので、使い分けが難しいです。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-01-03 20:12
gucciさん、こんにちは。^^
ネオパン・アクロスは素直なフィルムなので、ポストプロセス耐性は物凄いものがありますね~、煮ても焼いても生でも食えます♪
錆物物件は撮っていると、不審者に間違えられることが多々ありますのでご注意を~。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-01-03 20:16
皐月の樹さん、こんにちは。^^
わはは、そー、白黒フィルムのアート適性って凄いものがあります、カラーをしのぐことが多々ありますねえ♪
赤錆は無機質なんですが、なぜかこの不定型なカタチを見るにつけ、絶対こいつらには命がある、って考えてしまうのですよ、うひょひょひょ。^^v
<< 2015年1月4日 白山さまを... 2015年1月2日 冬雲を引き... >>