Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年1月8日 魅惑のアメリカンバイク
b0175964_22103079.jpg

すでにデジタル写真ブログでご紹介済みですが、昨年の12月にノリタケの森で行われたHarley Davidsonの特別展示です。
有効径45.8を誇るAi Nikkor 55mm/F1.2で撮ったデジタルバージョンと、有効径30そこそこのXenotar 2.8/80で撮ったこの写真・・・
うむ~、立体感、リアリティでは負けてない感じですねえ。^^;

b0175964_22104549.jpg

被写界深度の浅さでは、まるで勝負にならないのになぜ、Xenotar 2.8/80は立体感・リアリティでは良い勝負をしてしまっているのか・・・
おそらく、ダイナミックレンジの違いじゃないかと思います。
白黒フィルムで撮ったこちらのハーレーは、階調がなめらかで金属光沢のリアリティが半端なく、まるでそこにあるように感じられます。
なるほど・・・階調が豊かなネガフィルムには、浮遊感とは違う意味での凄さがあるように感じました。

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-01-08 05:00 | Lights & Shadows | Comments(10)
Commented by gucci at 2015-01-08 12:23 x
こちらでも、退院おめでとうございます(^^)
なるほど、リアリティーは浮遊感だけでは無いですよね(^^)
階調の豊かさもフィルムの方が良いのですね。
これが質感というものでしょうか・・・

↓しっかり虎撮影されてますね!流石です!
そして、酒場Shotカッコイイ!!
確かにイスラムチックなロゴですが、昼のカフェと夜のバーを象徴するカッチョイイロゴだと思いますよ(^^)
Commented by monopod at 2015-01-08 15:02
おぉ、中判の迫力ですねぇ。
バイクが背景に溶け込まず、しっかり浮かび上がってる。
フィルムを使い続ける値打ちがありますね(^^)b
Commented by blackfacesheep at 2015-01-08 20:07
gucciさん、ありがとうございました~、無事に娑婆に戻ってこられました♪
フィルムで撮っていると、デジタルでは味わえない写真の奥深さを味わえますねえ、金属光沢はいまだにフィルムの方が上です。^^
虎写真と酒場写真への言及もどうもありがとうございます~、今は予約投稿ができるので、入院中もブログが継続できます♪
Commented by blackfacesheep at 2015-01-08 20:09
monopodさん、こんにちは。^^
そうなんです、こういう写真を見ると、6x6中判、やっぱりいいな、って思います♪
白黒フィルム写真はシンプルなだけに奥が深くて、楽しいですね。^^v
Commented by 皐月の樹 at 2015-01-08 21:11 x
ダブルでお待ちしておりました~!v^^
黒顔羊さんのご退院と、そして中判銀塩でのこのハーレー♪
改めて、先日のデジタルの方と見比べてみますと、背景ボケはデジタルの方が、その有効径の大きさの利を生かして豪快ですね。でも、おっしゃるとおりですね・・・なんでしょうね~?この差は。
金属パーツの描写は、まさしくフィルムに軍配ですよね~♪
そして、そこにあるような存在感・・・と言いますか、臨場感と言いますか・・・。
全く理解できないのですが、いずれにせよ中判銀塩バンザイなのでございます~!^o^

↓SAME・・・劇的な瞬間に遭遇されましたね~!
背景の空模様から、かなりのどんより曇り空だったと思うのですが、一陣の光が差し込む・・・ドラマティックです♪
神様後輪ですね~!v^^
Commented by noblivion at 2015-01-08 21:22
皐月の樹さん、こんにちは。^^
写真のリアリティ、存在感、臨場感・・・不思議ですよねえ、色のない白黒写真なのに物凄いんですわ♪
SAMEの写真も、「デジタルではこうはいかない系」の写真ですね~、これだからフィルムはやめられません。^^v
Commented by film-gasoline at 2015-01-08 22:23
まずは、フィルムでも退院おめでとうございますなのだ(^^)v
なるほど、被写界深度の浅さだけではないリアリティの凄さですね。
二眼レフの小さなレンズから描き出されるリアリティ溢れる銀塩写真、一度知ったら止められない訳ですね(^^)v
↓ うわ~っ!っとのけぞるようなど迫力!
久しぶりのSAME、このアングルかっちょいいですね(^^)v
う~ん、これを拝見して私も虎狩りがしたくなりました~^^;
Commented by golden_giraffe at 2015-01-08 22:50
無事、退院されたとのことで何よりです。
「質感ありあり」の写りですね!
そして、F2.8が羨ましいです。
当方、最近はフィルムの方に重心が移ってしまいました。
フィルムの懐の深さに頼りきっています。
寒い時期が続きますので、体に負担が掛かるかと思います。
どうぞお大事にして下さい。
Commented by blackfacesheep at 2015-01-08 22:52
フィルガソさん、こんにちは。^^v
80mm/F2.8って、135判に換算すると44mm/F1.5ですが、やはり階調の広さがまるで違う・・・写真は奥が深いです♪
SAMEちゃんねえ、ちょうど私がその前でフレーミングしていたら、神様がお恵みの光をくださいました、ありがたや~。^^v
Commented by blackfacesheep at 2015-01-09 21:47
金の麒麟さん、こんにちは。^^
質感描写にこだわると、やはりデジタルではまだ難しい被写体って多い感じですね。
デジタルも楽しいですが、フィルムの奥深さは格別です・・・当面、両者を楽しんでいくつもりです♪
<< 2015年1月9日 朝日の中の... 2015年1月7日 新春の光の... >>