Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年1月17日 冬陽の猫車
b0175964_20144024.jpg

遅い午後に近所を散歩していたら、工事現場で冬の光を浴びる猫車さんに遭遇しました。
おお、これはフォトジェニック・・・カラーだとブルーシートや赤いカラーコーンが興ざめですが、白黒フィルムなので無問題なんであります♪
う~ん、こういう光なら、いっちょうローアングルから狙ってみるかな、ウェストレベルは便利なのだ~♪

Sekor DS 105mmを絞り開放、1/500で撮りました。
さすが冬は光が弱いですね、この設定で適正露出に写ってしまいました。^^v
まあ白黒ネガフィルムならではのラチですから、少々オーバーでも飛ばない、ってのもあるんでしょうけどね。^^

愛知県みよし市にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Microfine (Stock, 10 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-01-17 05:00 | Rusty Scene | Comments(6)
Commented by 皐月の樹 at 2015-01-17 21:23 x
仰るとおり、こういうシーン、色があると興ざめですね~^^;
モノクロ、それもフィルムならではの光景でございますね~!
マミセコ105mm、いい浮き方ですね~♪ ボケの描写も実に自然で堅実で、嬉しくなりますね~v^^

晴天日中で、随分日も高そうですから、通常であればサニー16くらいかも知れませんね~^^; それがF3.5の1/500でしたか~。やはり冬の光は弱いんですね~。
そして、ネオパンの許容力の大きさも、ハンパ無いですね~v^^
Commented by film-gasoline at 2015-01-17 22:39
うひゃ~! これはメチャメチャクールな猫車さんですね~♪
憎らしいほど自信に満ちたようなこのポーズ・・・
ローアングルならではですね~(^^)v
EI100、晴れでもf3.5で逝けちゃうんですね^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-01-17 23:28
皐月の樹さん、こんにちは。^^
色がないことのメリット、結構あるんですよね~、撮る前から「しめしめ、モノクロだもんね・・・」ってほくそえんでますわ。^^;
冬の光って、やはり弱々しいんですよね、夏とは露出が半段ぐらい違うような気がします。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-01-17 23:30
フィルガソさん、こんにちは。^^
せっかくウェストレベルファインダーで撮っているので、腰をしっかり落としてローアングルで撮ってやりました♪
夏だとEI50に落としたくなりますが、冬だとEI100で逝ってしまいますね、まるで無問題です。^^v
Commented by gucci at 2015-01-18 01:29 x
ブルーシートもアートにしてしまう、まさにモノクロームだからこその技ですね(^^)
そしてフィルムだと、モノクロームにした時の質感が凄いのです(^^)p
猫車と一緒に、地面の質感がよりリアルさを感じさせますね~
開放でこれですもんね・・やはりフィルムは偉大なり!
Commented by blackfacesheep at 2015-01-19 10:49
gucciさん、こんにちは。^^
ブルーシートって、あの鮮やかすぎるブルーが実にうるさくて、写真の邪魔をしますよね、でも白黒なら無関係なのだ~♪
このレンズは絞っても感動のシャープネスですが、開放のほうが茫洋としていて独特の味わいがあり、もっぱら開けることが多いですね。^^
<< 2015年1月18日 冬空の鎌首 2015年1月16日 多面的に... >>