Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年2月2日 直線と斜線で構成された冬の午後
b0175964_15203613.jpg

冬の午後の西日に照らされたフェンスの格子と、そこから落ちる影・・・水平・垂直の直線、そして斜線で構成されております。
その形が面白いと思えて、ついついシャッターを押してしまいました。

だからどうした、って言われると返す言葉がありません。^^;
私の撮る被写体はこういうのが多いです・・・どこにでも転がってるようなものに、みょ~に引かれてしまうのですよ。^^;
わざわざ遠方に撮影旅行に出かける必要もないので、安上がりでありがたい好みなんであります♪

マミセコの105mm、ちょっと長めの標準レンズなので、こういう被写体を撮るときも、ちょっと引いて撮ることになります。
それにより、妙なパースが付きにくくなり、垂直線や斜めの線が綺麗に表現ができるような気がします♪

愛知県みよし市にて
Mamiya C220 Professional
Mamiya Sekor DS 105mm/F3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Microfine (Stock, 10 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-02-02 05:00 | Lights & Shadows | Comments(10)
Commented by CorekazMIC at 2015-02-02 05:05
そのスタンスには大いに共感するところであります。まあ、私の場合は諸々の事情から遠出が出来ないという制約があることにはあるのですが。
例えば道端に転がってる石コロでも被写体に成り得るし、自分の視界の中でいかに写材を見つけそれをいかに撮るか、その一点にかけてます^_^
Commented by 皐月の樹 at 2015-02-02 06:52 x
シャープなラインで構成された構図がカッコいいですね~!
マミセコ105mm、ヘリアー系のこのボケ味、より立体感を演出してくれるような気がします。
名所に行けば、素晴らしい被写体が待っているのは分かっているのですが・・・誰もが撮る写真が量産されてしまうことも・・・また分かっている^^;
あるいは、プロであれば、その地に長期間滞在して、スィートスポットを見つけることも可能なのかも知れませんが、素人にそんな余裕は・・・^^;
やはり勝手知ったる自分の庭で、自分だけの被写体を見つけるのが、吉ですよね~♪
Commented by gucci at 2015-02-02 19:14 x
さりげないこの雰囲気がたまらなく心に響きますね・・・
私も身近な何気ない風景を撮影するのを基本としておりますので、こういう絵を見ると、ホント勉強になります(^^)
パースも大胆に付けば良いのですが、中途半端に付くとかっちょ悪いですよね〜
Commented by denden5603 at 2015-02-02 20:02
こんばんは。
皆さん仰るように、日常眼にする何気ない物全てが被写体になりえますね。巧く切り取られています。
写真を撮り始めてから、キョロキョロしながら歩いてますよ(笑。
Commented by blackfacesheep at 2015-02-02 21:06
CorekazMICさん、こんにちは。^^
私がかつて所属していた写真塾の師匠が、よく言っていたんですよね、良い写真が撮りたかったら、名所に行くな、と。^^;
名所に行けば確かにきれいだけど、通り一遍でなんの個性もない写真が大量生産される可能性がありますもんね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-02-02 21:09
皐月の樹さん、こんにちは。^^
マミセコ105mm、F値は3.5ですが、焦点距離が長い分、ご機嫌なボケが生まれますねえ♪
あはは、そー、自分の庭は大切にしないといかんですね、私が新機材の試写をするのは、いつもご近所なんであります。^^
Commented by blackfacesheep at 2015-02-02 21:11
gucciさん、こんにちは。^^
錆銀のメンバーは基本的に名所に行ってありきたりな写真を撮ることに拒否感を覚える人ばかりですね♪
パースは使い方が難しいんですよね、いっそのこと超広角ぐらいのデフォルメになってしまったほうがかっちょええんであります。^^v
Commented by blackfacesheep at 2015-02-02 21:13
dendenさん、こんにちは。^^
同じ被写体でも、季節や時間帯、お天気が変わると違って見えるので、撮っても撮っても飽きなかったりします♪
そうですね、写真を趣味にすると、情報収集に熱心になるし、観察力も向上するような気がします。^^;
Commented by film-gasoline at 2015-02-02 22:05
どこにでもある被写体をカッチョよい写真に仕上げてしまう、それが黒顔羊師匠なのであります。
なかなかマネの出来ないスゴ技なのであります(^^)v
マミセコ105mmはこんなシーンを捉えるのに適したレンズですね~♪
Commented by blackfacesheep at 2015-02-03 21:31
フィルガソさん、こんにちは。^^
あはは、ヘタレなので忍耐力の必要な風景写真は撮れず、こういう忍耐力の要らないものばかり撮るんですよね。^^;
マミセコ105㎜、名玉ですねえ、地元の日本より海外で人気があるようですよ。^^
<< 2015年2月3日 厳冬の野辺... 2015年2月1日 真冬のキャベツ畑 >>