Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年1月28日 冬空に挑む直線と曲線
b0175964_8262979.jpg

黒川紀章先生の大傑作のひとつ、豊田スタジアム・・・
この冬空に突き刺さらんとする支柱の鋭さがたまらなくスリルがありますねえ♪
また、トヨスタのまわりに植えられたハナミズキたちのぐにゃぐにゃと曲がった枯れ枝も、それなりに天を指そうとしています。
雰囲気はまるで違いますが、空に挑戦的な態度をとっている点では同じかも・・・う~ん、屁理屈かな、ごべんなさい。^^;

愛知県豊田市 豊田スタジアムにて
Meopta Flexaret VI
Meopta Belar 80mm/F3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:2, 6 1/2 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-01-28 05:00 | Seasonal Images | Comments(8)
Commented by denden5603 at 2015-01-28 19:48
こんばんは。
あの有名な建築家の方の設計ですか。
どう撮ろうかと思案のしどころですが、槍(支柱)と樹が対照的で素敵な切取りですね。
スタジアムは様々な被写体があり、楽しめますね。
Commented by gucci at 2015-01-28 21:11 x
トヨスタの支柱、凄い迫力ありますね〜

こんなに強烈なインパクトを持つのに、全体を見ると結構馴染んで見えるのだから不思議です(^^)
Commented by film-gasoline at 2015-01-28 22:10
豊田スタジアム,、いつ見てもフォトジェニックですね~♪
ベラちゃん、絞ると気持ちよくシャープになりますね。
そのシャープさの中にもあの憂いを秘めているような気がします・・・
って、溺愛し過ぎかな? ^^;
Commented by 皐月の樹 at 2015-01-29 09:04 x
蒼天を貫く槍の如く・・・いつ見ても実に画になる意匠でございますね~!
ベラちゃんの描写、やっぱり繊細ですね~。
ベラールって、確か基本構成はテッサーですよね?^^;
でも、本家テッサーとは異色の切れ味なんでございます。
テッサーはなんとなく油彩画のようなこってりとした切れ味^^;
ベラちゃんは、水墨画のような繊細な切れ味^^;;;
日本人の感覚には、ベラちゃんのほうがなじみがあるかもですね~v^^
Commented by blackfacesheep at 2015-01-29 11:29
でんでんさん、こんにちは。^^
はい、愛知県は黒川紀章先生の故郷なので、作品がたくさんあります♪
そうですね、スタジアムってフォトジェニックですね~。^^v
Commented by blackfacesheep at 2015-01-29 15:02
gucciさん、こんにちは。^^
そうそう、トヨスタの支柱、とんがっていて凄い迫力です♪
ほんとゴツいんですが、全体の造形は綺麗で、さすがに黒川先生の面目躍如なんであります。^^v
Commented by blackfacesheep at 2015-01-29 15:03
フィルガソさん、こんにちは。^^
はい、ベラちゃん、絞ってやればテッサー系ですから、カリンカリンになりますね♪
あはは、確かに憂いを秘めてます・・・ドイツ系のレンズとは違う様に見えます・・・私も思い入れいっぱいです。^^v
Commented by blackfacesheep at 2015-01-29 15:05
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そーそー、同じTessar系でも、Carl Zeiss本家のTessarの馬力のある雰囲気とは描写が違うんですよね。
このBelarとか、Xenarとかは、もっと線が細くて繊細な感じを受けますよ。^^
<< 2015年1月29日 虚像で嘲... 2015年1月27日 Stai... >>