Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年2月1日 真冬のキャベツ畑
b0175964_21221786.jpg





b0175964_21224048.jpg





b0175964_21291843.jpg





b0175964_21294045.jpg

私のうちは新たに切り開かれたニュータウンの中にあります。
そのため、周辺にはまだ昔の面影を残す畑がたくさん残っており、私の大好きな散歩コースとなっています。
さて・・・一枚目と二枚目ののボケを見て、「この浮遊感は・・・ばけぺんの105㎜かな?」と思ったあなた・・・素晴らしい・・・でも違うんです。
アスペクト比が6:7ではなく、3:2なんであります・・・これは、Ai Nikkor 55mm/F1.2で撮ったものですね♪

すでにデジタル写真ブログではおなじみになっていますが、私の135判デジタル用の単焦点レンズはすべてMFの大口径Ai Nikkorに変更されました。
で・・・本来は銀塩フィルム機用だったこれらのレンズを、このほど銀塩フィルム写真ブログでもデビューさせることにしました。^^;

b0175964_22463294.jpgこの写真を撮るのに使ったカメラは、かつてのニコンのフラッグシップ、Nikon F3であります・・・詳しくは、本日の私のデジタル写真ブログをご覧ください♪

昨年末から撮影機材の断捨離・リプレイスを断行してきておりますが、売買の結果、1万円ほど余剰資金が生まれました。
それを予算にして、Nikonのフィルム機を買うべく、調査を開始しました。

最初はフルマニュアル機械シャッターのNikon FM2を買おうかと思っておりましたが、オークションでの相場を見ると、かつてのフラッグシップのF3も十分予算内で手に入るようです。
おおそうか、じゃあ、脊髄反射でF3に決定なんであります♪

ただ、1万円以内で買えるF3はそれなりに問題を抱えていそうだったので、あと数千円追い金をして、ちゃんとしたF3を落札しました。

一昨日到着しましたが、残念ながらの雨・・・
なので昨日、試写に行って来ました・・・風が強くてとても寒い日でしたが、写欲が勝ちました。^^v
F3に55mm f/1.2を付けて、散歩しながらNeopan 100 Acrosを一本撮ってきました。
結果が早く見たかったので、禁断の日中巻き込みを敢行・・・頭から炬燵布団をかぶってリールに巻きこみました。
今まで自家現像は120しかやったことがなく、135は初体験です・・・フィルムが長くて面喰いました。^^;

その現像結果がこちらの写真なんであります・・・露出もフィルム給装も無問題でした。^^v
ただ、被写界深度では「ばけぺん」に負けませんが、中判の粒状にはさすがのアクロス+ミクロファインでも、敵わないことがよくわかりました。^^;

愛知県みよし市にて
Nikon F3
Ai Nikkor 55mm f/1.2 with ND8 Filter
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Microfine (Stock, 11 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
FUJIFILM XQ1 (最後の1枚のみ)
[PR]
by noblivion | 2015-02-01 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(14)
Commented by CorekazMIC at 2015-02-01 06:48
まるで、芝居のセットのようなアンリアルさ、いい意味でのチープさが魅力となっていて不思議な映りをしていますね。
「写真」は本当に奥深いと思います。
心揺れます、でもこれ以上沼にハマり込むのは怖いから自重しますが;^_^A
Commented by denden5603 at 2015-02-01 16:44
こんにちは。
一枚目の背景の樹が何とも良い感じにボケていますね。
銀塩の素晴らしさが改めて感じます。
Commented by 皐月の樹 at 2015-02-01 21:15 x
うはは~!
早速アップですね~!ありがたいです~v^^
バケペンの・・・?→はい、私です^^;

S-Oblivionで、久々の135判ですね~♪
135判フィルムを始めますと、在庫がだぶついてきますよね。時に処理におおわらわになってしまいます^^;
このレンズ、フィルムにすると更にそのピント面の繊細な描写が生きてい来るように思います。枯れ草の質感、見事なんでございます♪
・・・あ、私の感覚は眉唾ですが^^;;;
でも、特にハイライトの描写がたまりません!
仙台からは白菜、愛知からはキャベツ・・・
では、韓国からは大根辺りをお届けしなくては~♪
って、見つかるかな~?^^;;;
Commented by blackfacesheep at 2015-02-01 21:59
CorekazMICさん、こんにちは。^^
そーなんです、この55㎜を絞り開放で使うと、非現実的な浮遊感が漂いまくります。^^;
沼は・・・ずっぽりはまってしまえば、意外に気持ちが良いですよ、にょほほほ、こっちへおいで~♪
Commented by blackfacesheep at 2015-02-01 22:01
dendenさん、こんにちは。^^
被写界深度はデジタルでもフィルムでも同じなんですが、トーンが違う・・・デジタルだとこういうまったりした背景になりませんね。^^
フィルムであとどのぐらい撮れるか・・・でも、フィルムが供給される限りは撮り続けたいと思っておりますよ♪
Commented by blackfacesheep at 2015-02-01 22:03
皐月の樹さん、こんにちは。^^
わはは、自家現像するようになってから、新機材のテストは即日実行可能になりましてねえ、あははは。^^;
135判で撮るのは・・・ほぼ2年ぶりかもしれません・・・真四角とは違うフィルム、これもまたよしです♪
Commented by film-gasoline at 2015-02-01 22:38
なんとなんと、一枚目、バケペン?って思いましたよ~^^;
ほんとお久しぶりの135ですね~♪
あっ、新機材導入おめでとうございます♪
そうそう、135判の36枚撮りは乾燥する時に長くて面くらいますよね^^;
新たな展開楽しみにしておりま~す(^^)v
Commented by ffan940 at 2015-02-01 23:30
本当に一枚目はThe blackfacesheep's filmって感じです。この間切り株を撮影したんですけどイマイチでした。なかなか真似できないですわ、笑。
Commented by monopod at 2015-02-01 23:48
一枚目、シュールというのは面白すぎます(^^)
いいですね、NikonF3! 僕もF3Pを使ってましたよ(もっともEMの方がお気に入りでしたが)
55mmF1.2装着っていうのが渋い!
さすがの深度、てっきり中判トリミングかと思いましたよ。
Commented by gucci at 2015-02-02 04:43 x
うは~最初何事かと思いましたが、そういう訳でしたか(^^)
一瞬、ウエストレベルかと思うかのような低アングルなのに、扁平率が違うので、???でしたw
しかし、素晴らしい絵作り、何気ない風景がめちゃくちゃカッコエエです(^^)p
このサイズで見ると、中判で無くても十分な解像度ですね~
135判でもネオパンのポストプロセス耐性はバッチリのようですし(^^)v
ファイルガソさんの白菜を見てからのキャベツなので、それでも???でした^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-02-02 21:18
フィルガソさん、こんにちは。^^
あはは、最後に135判を撮ったのは・・・2013年の春ですから、ほぼ2年ぶりですねえ。^^;
120判になれてしまったので、120判を巻くのってすごく大変です・・・でも、120判の方が大変だっていう人もいるみたいですが。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-02-02 21:21
ffanさん、こんにちは。^^
わはは、確かに一枚目、私の典型的なスタイルかもしれません・・・被写体と言い、構図と言い。^^;
被写体を探す時も、こういうけったいなものばかり探してしまうんですよね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-02-02 21:26
monopodさん、こんにちは。^^
うちの近所の畑では、水栓の凍結防止のためなのか、こういう古タイヤで保温しているものをよく見かけますね。^^
おお、NikonF3、それもプロ仕様のF3Pをお使いでしたか・・・スパルタンなカメラだったそうですね、凄い♪
Commented by blackfacesheep at 2015-02-02 21:30
gucciさん、こんにちは。^^
これね、土手の上に設けられた水栓なので、こういう不思議なアングルになってしまったんですよ、いやがうえにも立体感が出てきます。^^v
このレンズ、意外にピントの芯はしっかりしているので、「なんちゃってばけぺん」が可能ですねえ♪
<< 2015年2月2日 直線と斜線... 2015年1月31日 雑木林の... >>