Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年3月17日 比類なき耐久性を誇るキャミソール
b0175964_2026396.jpg

名古屋の裏町に佇むステンレス・スチールでできたキャミソールです。
実はこれ、今から2年前にもデジタルで撮ったことがあります・・・2年経っても、まるで経年変化がありませんでした。
SUSなら当然なんでしょうけどね。^^;

このオブジェ、オーナーさんの話によると、スタンリー・キューブリック監督の「時計仕掛けのオレンジ」にインスパイアされたものなんだとか・・・
確かにあの妖しい雰囲気、このオブジェにも活かされているような気がします。^^

名古屋市中区にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 50)
Ilford ID-11 (Stock, 7 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-03-17 05:00 | Still Life | Comments(8)
Commented by 皐月の樹 at 2015-03-17 10:01 x
おお~、これはいつぞやのキャミソール!久々の登場ですね~!
比類なき耐久性・・・だははは~^^; 確かに、そうですね!
SUSですから、耐久性はこの上ないんでございます。
このキャミソール・・・見ておりますと、これ自体がなんだか他の生き物のようにも見えてまいりますね~^^;
なんだか土偶のように見えてきました・・・^^;
Commented by kgr at 2015-03-17 10:36 x
こんにちは。
これがステンレスとは驚きですねぇ。着てみたい(こら)。
忍者が着ていた鎖帷子を思い出しました。女性の忍者から 「拙者に売ってはくれぬか」 と問い合わせが来そうです(笑)。
隣のジーンズの裾を結わえてあるリボンといい、細かいところへの心遣いも効いています。
Commented by blackfacesheep at 2015-03-17 11:00
皐月の樹さん、こんにちは。^^
SUSって、いつまで経ってもピカピカですから、とっても不思議な感じがしますね~♪
でも、もしこれが純鉄でできていてところどこ錆びていたら・・・それはそれでそそられたでしょうねえ、うひひひひ。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-03-17 11:03
kgrさん、こんにちは。^^
わははは、くのいち御用達、SUSの鎖帷子ですか~、確かにありえるかも~♪
このお店、細かいこだわりがいっぱいあって、とっても楽しそうなお店でした。^^v
Commented by film-gasoline at 2015-03-17 15:32
う~ん、とてもシュールなお写真ですね(^^)v
あたかも隣に男性が立っているような構図が面白いです♪
「時計仕掛けのオレンジ」というと、一時期この映画に触発されたzepのボンゾが白ツナギに、黒ハット姿でドラムを叩いていた姿を思い出しいます^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-03-17 21:42
フィルガソさん、こんにちは。^^
そーなんですよ、この右側のマネキンがいるので、より一層シュールな雰囲気になってくれました。^^
ボンゾ、時計仕掛けのオレンジにはまってましたか・・・わかります、サブカル的興趣に満ちてましたもんね♪
Commented by gucci at 2015-03-18 05:30 x
うお~
もっと寄ってよかったのでは~
これが看板とは、むぅ~この店・・出来るなw
Commented by blackfacesheep at 2015-03-18 10:56
gucciさん、こんにちは。^^
わはは、以前にデジタルで撮った時はガチ寄りして撮ったので、今回は俯瞰的に撮ってみました。^^v
これを看板に使っているお店、めっちゃセンスありますよね~♪
<< 2015年3月18日 早春の光... 2015年3月16日 名古屋に... >>