Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年4月24日 力がみなぎらない昼間の飲屋
b0175964_1754789.jpg

飲屋さんって、一番いきいきして見えるのは、やっぱり夜ですね。
特に寒い冬の夜なんか、暖かな電燈の明かりの元で見ると、嬉しくも頼もしい存在に見えます。
でも昼間に見ると・・・う~ん、頼りないというわけじゃないんでしょうが、なんか力がみなぎらない感じの雰囲気なんであります。^^;
この飲屋さんも、名前はめっぽう力強いんですが、昼間はその力を持て余している感じですね。^^;

愛知県豊田市にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Ilford HP5 Plus 400 (EI 200)
Ilford ID-11 (Stock, 7.5 minutes at 20 Deg.C.)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.7
[PR]
by noblivion | 2015-04-24 05:00 | Snap Shooting | Comments(8)
Commented by 皐月の樹 at 2015-04-24 13:32 x
だははは〜^^;
実に脱力系の佇まいですね〜^^;
デジタルの方のエントリーを見てからですと、このギャップにやられます〜^^;
このポパイさん…もうホウレンソウを食べても力がみなぎって来ないようにさえ見えますね^^;
目の前をオリーブが通りがかっているというのに…^^;
ポパイさんも、そろそろ引退でしょうか?^^;
Commented by gucci at 2015-04-24 16:02 x
ひらがなでのこの文字は脱力しますね〜(^^ゞ
過ぎ去る女性の横姿もヤバイですw
こういった風景もフィルムで撮影すると味のある絵作りになる、モノクロだからこその絵作りですね(^^)
Commented by denden5603 at 2015-04-24 20:28
こんばんは。
波板のトタンが、なんとも昭和の哀愁を感じます。
モノクロの格好の被写体です^^v
Commented by film-gasoline at 2015-04-24 22:16
だははは~、これは脱力系の傑作写真ですね~(^^)v
私なんか「ポパイ」が「ぽぱい」と書かれているだけで、もう脱力してしまいました^^;
いいな~、この雰囲気♪
Commented by blackfacesheep at 2015-04-27 16:03
皐月の樹さん、こんにちは。^^
はい~、どーっと脱力してしまう風景でした・・・デジタルだと撮らないと思いますが、フィルムなら撮ります♪
居酒屋さんとしては珍しいネーミングですよねえ、ファンだったのかもしれませんね。^^
Commented by blackfacesheep at 2015-04-27 16:04
gucciさん、こんにちは。^^
わはは、そーなんですよ、この手のひらがな、脱力するんですよねえ、なんでだろうなあ。^^;
うんうん、デジタルで撮ると余裕のない写りになりますが、フィルムだとほのぼの仕上がるのがうれしいですね♪
Commented by blackfacesheep at 2015-04-27 16:06
でんでんさん、こんにちは。^^
あはは、波板トタンや波板スレート、ひっじょーに昭和臭いアイテムですよねえ♪
デジタル・カラーで撮るとリアルすぎて悲哀に満ちて来ますが、白黒フィルムだと味わいが出てくるのが不思議です。^^
Commented by blackfacesheep at 2015-04-27 16:07
フィルガソさん、こんにちは。^^
なははは、脱力しますよね~、ちょっと昔の日本の風景・・・かつては第一線だったものほど、外れるときついです。^^;
その時代を知っている人間には楽しいんですけどね♪
<< 2015年4月25日 おぼろな貴婦人 2015年4月23日 東西をつなぐ塔 >>