Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年5月23日 山門を支える礎石
b0175964_22402540.jpg

長浜のランドマークのひとつ、大通寺の山門です。
大きな山門を支える礎石、意外に小さなものなんですね・・・驚きました。
それを撮ろうと地べたに腰を落として構図して撮っておりましたら、通行人の方々にじろじろと見られてしまいましたねえ。^^;
普通はこういうモノを撮るときには、三脚を据えて撮るんだろうなあ、きっと。^^;

滋賀県長浜市元浜町32-9 大通寺(長浜御坊)にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Neopan 100 Acros (EI50)
Naniwa ND-76 (1:1, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Postprocessed by Adobe Lightroom CC
[PR]
by noblivion | 2015-05-23 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(4)
Commented by 皐月の樹 at 2015-05-23 07:56 x
この礎石、面白い形ですね~。そして、仰るとおりちょっと小ぶりな感じに見えますね。私、礎石って鏡餅のような形のものしか見たことがなかったです^^;
背景ボケになっておりますが、自転車の方の視線、感じますね~^^; 私も昨日、森で撮影していたら、トレッキングの人が、「なに撮ってるの?」としきりに聞いてこられました^^;
まあ、蜘蛛の巣や切り株なんかと向き合ってましたので・・・無理もないですね^^;
それにしても、この背景ボケ、滑らかでトロトロですね~♪ バケペンの105mmのボケ、やっぱり一味違いますね~。楽しいレンズなのでございます~^o^/
Commented by blackfacesheep at 2015-05-23 23:02
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そーでしょ、自転車に乗ってるお父さん、明らかに頭から疑問符噴出してますよね。^^;
ひさしぶりにばけぺんを使いましたが、こいつの105mmはいまだに魅力たっぷりですねえ♪
Commented by film-gasoline at 2015-05-23 23:40
出た~! バケペンワールド(^^)v
やっぱりこの105mm/F2.4の浮遊感はハンパないですね♪
この味わい深い山門の礎石がリアルで手を伸ばせば掴めそうに見えます^^
自転車の親子の脇役っぷりが見事ですね^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-05-25 11:05
フィルガソさん、こんにちは。^^
久しぶりにばけぺんのファインダーをのぞきましたが、これはやっぱり最高ですねえ♪
そー、この自転車の親子には、わき役に徹していただきました。^^v
<< 2015年5月24日 光と影で... 2015年5月22日 イタリア... >>