Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年6月25日 潮風の創作物
b0175964_223141.jpg

私は名古屋港に出かけるのが好きです。
その理由の一つは、大量に赤錆があるからですね♪
潮風にさらされて実に良い表情になった赤錆、まさしく潮風に創作されたアートなんであります。^^v

名古屋市港区にて
Nikon F3
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Neopan 100 Acros (EI 50)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-06-25 05:00 | Rusty Scene | Comments(6)
Commented by gucci at 2015-06-25 20:51 x
潮風のアートというと砂浜の砂とか、波とか想像しますが、我々錆銀には、まさしく赤錆ですねw
優等生ネオパン君の表現する赤錆、トーンが実に素晴らしい(^^)
Commented by 皐月の樹 at 2015-06-25 21:08 x
潮風アート、いいですね~♪
海沿いは錆銀天国ですねv^^
最近はステンレス鋼が安く加工できるようになってきて・・・かつ韓国、中国で格安のステンレス鋼も供給されるようになり、海沿いの構造物がステンレスに置き換わって行っておりますよね~。
使用を考えると当然の流れなのですが、数十年後もピカピカ金属光沢を放つのか~・・・と思うと、錆銀としては寂しい限りなのでございます^^;;;
↓ええ~!富士さんも遂に値上げですか~!ToT
ううう~・・・益々無駄撃ち出来なくなりますね~^^;
Commented by film-gasoline at 2015-06-25 22:47
お~~、素敵な錆キターッ! (^^)v
この剥け剥けのペンキが良い塩梅ですね~♪
こういうガチ撮りやってみたいな~。
一対一で錆と向かい合う・・・
じつにストイックなのだ~^^
Commented by blackfacesheep at 2015-06-26 21:14
gucciさん、こんにちは。^^
わはは~、錆銀にとっては港はとっても楽しいところですよね~♪
ネオパン・アクロスはほんと優等生です・・・個性はないですが、ポストプロセス耐性、めちゃんこ高いですよね♪
Commented by blackfacesheep at 2015-06-26 21:16
皐月の樹さん、こんにちは。^^
やはり使う側にしてみれば、長い間メンテナンスフリーで使えるSUSの方がずっとありがたいですよね。^^
はい~、富士もいよいよだそうです・・・でも、なんとかこらえきれる範囲のようで、ちょっとホッとしました。
Commented by blackfacesheep at 2015-06-26 21:17
フィルガソさん、こんにちは。^^
錆も好きなんですが、はげちょろけの防錆塗料ってのも、哀愁がたっぷりですよねえ。^^;
名古屋港は錆のガチ撮りには最高の場所のひとつですねえ、夜になれば工場萌えが撮れますから、楽しいです♪
<< 2015年6月26日 絡む宿命 2015年6月24日 初夏の虚... >>