Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年7月5日 黄昏の猫車
b0175964_1956342.jpg

あと数十分で日が沈むころ・・・草むらに佇む猫車に遭遇しました。
ほとんど塗装も剥げてしまい、実に哀愁漂う赤錆ぶりなんであります・・・これは撮らねば~、とばかりに撮影行程に入りました♪
ところで・・・
猫車って6x6のスクエアな画面に納まりが良いんですよね、3:2で撮った記憶がほとんどありません。
フォーマットの相性って、あるんですかねぇ。^^

愛知県みよし市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Ilford FP4 Plus 125 (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1.5, 11.5 min. at 23 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-07-05 05:00 | Rusty Scene | Comments(10)
Commented by 皐月の樹 at 2015-07-05 11:48 x
ぐおおお~!美しい~!
夏草に囲まれて、西日を独り占めする猫車、なんという光景でしょう~♪
美しすぎて、涙が出て来そうになりますね~ToT
Xenotarの描写、反則ですね~^^;
この背景の描写、光の描き方、なんでしょうか?
猫車の浮き方・・・たまりませんね~!
ばっちりハマった6x6フォーマットでございます!
手前の草から空まで入るこの正方形のフレームが、一番なじみますね~v^^
Commented by denden5603 at 2015-07-05 11:53
こんにちは。
遠くに見える風景と雲が良いですね、哀愁漂う一枚です。
ホント、この正方形にぴったりですね^^v
Commented by film-gasoline at 2015-07-05 23:08
おお~、これはええですね~(^^)v
ネコ車やリヤカーってほんと真四角が良く似合う被写体なんですよね~^^
背景も黄昏時の光で哀愁たっぷりでございます^^
Commented by monopod at 2015-07-06 00:33
いい写真ですね、惚れ惚れ〜
中判\(^o^)/
Commented by blackfacesheep at 2015-07-06 10:29
皐月の樹さん、こんにちは。^^
Xenotarは、こういうさりげないものを描写すると最高ですね~、誇張なく素朴に描写してくれます♪
6x6真四角って、ひとつの小宇宙になりますから、こういう情景は得意ですよねえ。^^
Commented by blackfacesheep at 2015-07-06 10:31
でんでんさん、こんにちは。^^
夕方の西の空って、ドラマチックなんですよね、特に雲がある程度あるときは。^^
真四角って、安定感があるフォーマットで、こういうシーンには向いてますね~♪
Commented by blackfacesheep at 2015-07-06 10:32
フィルガソさん、こんにちは。^^
そーそー、なんでなんだろう、猫車やリアカーって、真四角にフィットします。^^
古臭いものは6x6に似合うのかもしれませんけどね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-07-06 10:34
monopodさん、こんにちは。^^
ありがとうございます~、こういう被写体を見ると、6x6で撮りたくなります。^^
デジタルだとまず撮らないシーンかもしれません・・・フィルムならではのシーンかも~♪
Commented by gucci at 2015-07-07 03:57 x
夏草草原に猫車ですか!
背景と夏草と猫車に落ちる光と影の黄昏時の感じが素敵です(^^)
むむ・・・確かに言われてみれば、自分も猫車6x6で撮ってます^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-07-07 08:00
gucci さん、こんにちは。^^
デジタルでこういう雰囲気を撮ろうとすると、相当ポストプロセスしないと無理なんですよね、階調の広さがまるで違います。^^;
わはは~、やっぱり猫は6x6真四角がお約束なのだ~♪
<< 2015年7月6日 雨宿り中の鳩たち 2015年7月4日 増殖する摩天楼 >>