Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年7月27日 爪を持つ情報ケーブル
b0175964_17281724.jpg

名古屋を代表する繁華街、広小路通り・・・
実はここ、アートなストリートとしても有名なんであります。
通り沿いにさまざまなタイプの彫刻が設置されていて、通る人の目を楽しませてくれます。

さてこちらは、八木麟太郎氏が製作された「爪を持つ情報ケーブル」というオブジェなんであります。
即物的かつペダンティックなタイトルにふさわしく、有機的かつ無機的な不思議な造形で、ツボ直撃されました。^^

名古屋市中村区にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-07-27 05:00 | Sculpture | Comments(10)
Commented by korekazu at 2015-07-27 05:31
大阪でいうところの御堂筋のようなものでしょうか。
しかし御堂筋はほとんど人物像ですから、この抽象的なオブジェは面白いですね。
お役所の気質の違いが、こういうところに顕れるのでしょうかね?
Commented by blackfacesheep at 2015-07-27 10:39
korekazuさん、こんにちは。^^
広小路通りも、栄町よりは人物の具象彫刻が多いんですが、この場所だけは抽象彫刻が卓越してます。^^
名古屋、意外に抽象が好きな風土かもしれません・・・トリエンナーレも面白いですよ。^^
Commented by gucci at 2015-07-27 19:42 x
情報化社会、便利なだけでなく、人間に害も与えるという含みでしょうか。
爪の尖っている部分に対し、丸い部分との対象が面白いですね〜
名古屋はアートな街です(^^)
Commented by film-gasoline at 2015-07-27 20:09
お~、これはエキセントリックなオブジェですね~♪
ご存知かと思いますが、私の大好物であります(^^)v
でも、「トライポフォビア」の方は卒倒しそうなデザインですね^^;
オブジェだけがくっきり浮かび上がり、背景のボケ方が美しい素晴らしい。
これは飾っておきたくなるアート写真ですね^^
Commented by 皐月の樹 at 2015-07-27 20:33 x
うおおお~!これは面白い!
私には、結構馴染みのある通信ケーブルですが・・・切断面をこうやってまじまじと見るとアートしてますね~♪
ん~、まさに目から鱗です!
工業製品も、見る人が見れば、立派なアートになる!
見る目を変えなければですね~^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-07-27 22:23
gucciさん、こんにちは。^^
おっしゃる通りの解釈で正解じゃないでしょうか。^^v
微妙に毒のあるタイトルが実にこの不思議な彫刻に似合ってましたね~♪
Commented by blackfacesheep at 2015-07-27 22:25
フィルガソさん、こんにちは。^^
にょほほほ~、レンコラ系が苦手な人は思わず目を背けるかも~。^^;
白黒フィルムの表現力、毎度驚かされます・・・カラーだとこういう素敵なグラデーションは出ないなあ、うん。^^
Commented by blackfacesheep at 2015-07-27 22:27
皐月の樹さん、こんにちは。^^
業種によっては、見慣れたフォルムのオブジェなのかもしれませんねえ♪
この作家さんのアートは、身近なものを3ひねりぐらいしてあるので、実に見ごたえがありますね。^^
Commented by monopod at 2015-07-27 23:28
こりゃ面白いですね!
導管の断面のようなオブジェクトと
即物的かつ工業的なハンドルの組み合わせが面白いです^^
Commented by blackfacesheep at 2015-07-28 07:59
monopodさん、こんにちは。^^
意外性の組み合わせですよね、まさしくシュールレアリズム♪
実はこの広小路通り、この作家さんの作品が16ほどあり、すべてデジタルで撮ってきましたよ。^^v
<< 2015年7月28日 ひそやか... 2015年7月26日 オブジェ... >>