Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年8月24日 お寺のような八幡社
b0175964_1034382.jpg

ハスの咲き誇る前提の後ろには立派な山門・・・誰が見てもお寺に見えるんじゃないでしょうか。
実はこれはお寺ではなく神社、岡崎市内の伊賀八幡宮です。^^;

八幡宮とは、御祭神が八幡大神の神社のことで、日本で一番数の多い神社だそうです。
明治期の神仏分離までは、お寺も神社も密接な関係があったそうです・・・いわゆる神仏習合って奴ですね。
「○○神の本来の姿は、仏教の●●如来であ~る」(本地垂迹説)という考え方なんですが、八幡宮はその神仏習合が大変色濃い神様なんだとか。
「南無八幡大菩薩」と、仏教的な呼び方があったりしますもんね。

だから伊賀八幡宮の前庭には、こんな具合にお釈迦様の花のハスが咲き誇っているというわけなんでありました♪
こういう多神教的な発想、一神教の世界の人にはわかりにくいんだろうなあ・・・。
キリストやマホメットもヤオヨロズの神様の一人、「こっちに来いよ~、仲間に入れよ~」って発想ですからね、めちゃくちゃ寛容なんであります。
それゆえ宗教戦争による対立、日本では起きそうにないように感じます。^^;

愛知県岡崎市伊賀町東郷中86 伊賀八幡宮にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-08-24 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(8)
Commented by gucci at 2015-08-24 05:24 x
うっひょ~これは仰るとおり、神社というよりまさに寺ですね~
神社に蓮も中々ミスマッチですが、この臨場感は凄いです(^^)
宗教も紐解けば主食の問題みたいですね(^^ゞ
Commented by blackfacesheep at 2015-08-24 11:09
gucciさん、こんにちは。^^
そうですよねえ、こういう建築スタイルは、神社ではなくてお寺ですよねえ。^^;
ほぉ、宗教問題って、主食の問題ですか・・・そういや、お米を主食としている国々は対外戦争ってあまり起こさないですね♪
Commented by denden5603 at 2015-08-24 19:28
こんばんは。
私の地元、千葉県我孫子市にも「八幡宮」は沢山ありますが、これほど立派ではありません。
でも、この山門は「お寺」のようですが、随分と立派です。
Commented by film-gasoline at 2015-08-24 21:47
うん、これはお寺にしか見えませんね~^^
確信犯的に蓮を入れているあたり、巧いですね~、イヒヒヒ~^^;
八幡神社って日本で一番数の多い神社なんですね!
確かにうちの近所にも「大崎八幡神社」があります。
こちらは桃山建築の粋を凝らした漆黒に金ピカの伊達政宗仕様でありますが・・・^^;
Commented by 皐月の樹 at 2015-08-24 22:26 x
これは、あの蓮畑のある八幡宮ですね~!
日本は、確かに宗教に関して寛容ですね~^^;
それが故、キリスト教の伝来の際にはその排他性について拒絶反応が出たのかも知れませんね~^^;
それでも独自の形で取り入れてしまう・・・それが日本ですね^^;
越後の田舎でも、お寺の中に鳥居とお社があるところ、沢山あります♪
拝めるものは、石をも拝む!
この感性、残していきたいですね~v^^
Commented by blackfacesheep at 2015-08-25 08:24
でんでんさん、こんにちは。^^
おー、安孫子にも八幡様、ありますか・・・まあ、日本全国にあるんですもんね♪
ここ、徳川家康が祭られてます・・・将軍家に庇護された八幡様ですから立派なんであります。^^v
Commented by blackfacesheep at 2015-08-25 08:27
フィルガソさん、こんにちは。^^
この山門の向こう側はさすがに神社っぽくなりますが、このアングルだと完璧にお寺してますねえ。^^;
お~、桃山建築の金ぴかな八幡様ですか・・・それも完璧にお寺風味の神社なんでしょね。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-08-25 08:29
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そうですね、日本人の宗教観はあまりに寛容なので、非寛容な一神教とは反りが合わなかったのでしょうねえ。
アジアは基本的に多神教的世界だと思います・・・ヒンズーは典型的だし、仏教だって多神教的ですからね。^^;
<< 2015年8月25日 青ざめた赤煉瓦 2015年8月23日 サマーセ... >>