Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年9月1日 錆ゆく波板トタンの街角
b0175964_21381771.jpg




b0175964_21383951.jpg




b0175964_21391230.jpg

今日は9月1日・・・秋になりましたねえ♪
7月下旬から8月初旬にかけては猛暑だったのに、今はかなり涼しくなり、何もかもが秋めいてきました。
さて、写真の方も何か秋めいたものを・・・と言っても、白黒フィルムの写真で秋めいたものっていうのもなかなか難しい・・・
ごそごそと在庫フォルダを探ってみましたよ。
その中では・・・錆ゆく波板トタンってのは、かなり秋っぽい雰囲気かなあ・・・滅びゆくものの哀愁を連想するんであります。^^
あ、そこ、「年がら年中赤錆を撮ってるくせに、今更のように言うな!」などと、ホントのことを言わんように。^^;

愛知県瀬戸市にて
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:3, 9 min. at 28 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-09-01 05:00 | Rusty Scene | Comments(6)
Commented by korekazu at 2015-09-01 05:52
錆フェチ、トタンフェチにはたまらない建物ですね^ ^
Commented by blackfacesheep at 2015-09-01 16:06
korekazuさん、こんにちは。^^
あはは、錆フェチは往々にしてトタンふぇちでもありますよね。^^
そういう人は、瀬戸市に行くと癒されますよぉ♪
Commented by 皐月の樹 at 2015-09-01 22:19 x
なるほど~、瀬戸の錆トタンは秋の色ですか~♪
錆銀チックでございますv^^
確かに、哀愁漂うこの雰囲気は秋を連想いたしますね~♪
モノクロームだと、こういう意図的な表現が思いのままなのでございますv^^
Commented by film-gasoline at 2015-09-01 22:48
滅びゆくものの哀愁・・・、そうですね、そう考えると秋を感じますね(^^)v
錆ゆく波板トタンと、鬱蒼とした夏草のRollei 35のテッサーの描写は強烈ですね!
Rollei 35、錆銀的写真を撮るのにも向いているようです。
私もその事を再認識して、常時携帯カメラになっております(^^)v
Commented by blackfacesheep at 2015-09-02 16:21
皐月の樹さん、こんにちは。^^
わははは、赤錆に季節感があるのかどうか・・・でも、時間帯でいえば黄昏時、季節でいえば秋から冬ってイメージですよね。
間違っても早朝とか、新緑の季節じゃない感じがします。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-09-02 16:24
フィルガソさん、こんにちは。^^
やはり赤錆波板トタンは、秋らしさがあるような気がするのですよ、春のウキウキ感は皆無ですからねえ。^^;
Rollei 35のTessar 3.5/40、物凄いレンズですね、135版のフィルムでも強烈なシャープさ、中判キラーかも♪
<< 2015年9月2日 姉妹都市への矢印 2015年8月31日 夏空の下... >>