Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年9月17日 夏の終わりの豊田大橋を鑑賞する透明人間の前を横切る速足の少年
b0175964_111028.jpg

晩夏の日差しを受ける純白の豊田大橋・・・
そのまったりとした眺めをいとおしそうに眺めるベンチの上の透明人間・・・
その前を速足で通過していく少年・・・
これらの要素をひとつの名詞としてまとめると、このタイトルのような面妖な名詞節になります。^^;

日本語と英語、語順が違うので、英語話者に日本語を教えるときにはとても苦労します。
この写真のタイトルみたいな名詞節は、まず絶対に理解できません・・・説明しても、英語和者たちは「日本語ッテ、マドロッコシイ言語デスネ」と言います。

ま、端的に言えば「少年」なんですよね、このタイトル。^^;
でも、「少年」を修飾するための言葉がじゃらじゃらと頭についてきて、何を言おうとしているのかよくわからない、って言うんですね。^^;

英語的に言えばこうでしょうかね。
"A boy with quick steps passing in front of an invisible man who savors the Toyota Ohashi in late summer light"
「一人の少年、早い足取りで、通過する、前を、透明人間の、彼は味わう、豊田大橋、晩夏の光の中で」

頭に"A Boy"が来ているし、動作が時系列なのでわかりやすい、って言うのが彼らの主張です。
あまつさえ「ナンデ日本人ハ物事ヲ逆ニ言ウノデスカ!」などとのたまいます。

まあ、確かに理屈としてはあってるのかなあ。^^;
でも・・・母国語がナニなのか、によって人間の感覚って違うと思うんですよねえ。
私が初めて英語を習った時は、「どえらげにゃあ複雑だでかんわ、わし、たーけだでよぉ、やっとれーせんがね!」とか、半べそかきながら思ったもんです。^^;

愛知県豊田市 豊田スタジアムにて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros (EI100)
Naniwa ND76 (Diluted in 1:3, 10.5 min. at 26 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC
[PR]
by noblivion | 2015-09-17 05:00 | Snap Shooting | Comments(10)
Commented by korekazu at 2015-09-17 06:36
シャレた橋ですねぇ、近未来的とでもいいましょうか、ボツになった新国立競技場のデザインにも似てるようなf^_^;
Commented by 皐月の樹 at 2015-09-17 08:48 x
おお~♪ 久々の透明人間シリーズですね~!
だははは~^^;
確かに、言語体系が違うと、思考回路も違ってしまうので、異なる言語体系同士での意思疎通は難しいですよね~^^;
日本語は、背景描写と感情表現が優れていると思うんですよね~。
それはおそらく、どんな事も、どんな時も、その背景が重要と・・・考えてしまうからかも知れませんね。
このお写真でも、この状況を写真を見なくても伝わるようなタイトルになっていると思います♪

科学技術の世界では、欧米の考え方をベースに進んでまいりましたので・・・日本語的な表現は実に敬遠されます^^; そして、日本人エンジニアがいつも悩むところでもございます^^;;;
Commented by voyagers-x at 2015-09-17 11:00

おはようございます!!
日本語は短い文章ならしゃべりやすい言葉なのでしょうね
でも厳格な日本語なると、日本人もまともにしゃべれる人も少ないとか
英語って教科書英語は役に立ちそうにありません
Twitterで外国の人と短い挨拶程度のやりとりをしますが、日常の英語ってかなり砕けて理解不能
独特な言い回しが難しいです
Commented by blackfacesheep at 2015-09-17 14:01
korekazuさん、こんにちは。^^
この豊田大橋、その隣にある豊田スタジアム同様、黒川紀章先生のデザインですから、とても見栄えがしますね♪
新国立競技場に比べたら、はるかに安く仕上げられていると思いますよ~。^^
Commented by blackfacesheep at 2015-09-17 14:03
皐月の樹さん、こんにちは。^^
あはは~、シリーズものをいくつか持っていると、タイトルに悩んだときはそれで遊べるので楽しいです♪
日本語って、肯定・否定、現在・過去、能動態・受動態が最後に出てくるので、結論があと送りになる言語で、あまりエンジニアリングには向かないんでしょうね、きっと。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-09-17 14:05
voyagers-xさん、こんにちは。^^
文語で厳密に書こうとすると、かなり難しくなりますが、ブロークンな言葉はシンプルで短いですよね。
英語も、会話の中だと、昔の西部劇の中でインディアンがしゃべっていたようなブロークンな表現が多くなりますね。^^;
ま、日本語も同じですけどね・・・「明日、暇?「うん、暇、なんで?」「ちょっと手伝って。」とかね。^^;
Commented by gucci at 2015-09-17 19:35 x
うははw
タイトル長いw
ベンチが入ることで、横切る人物の動きがより際立って見えて面白いですね(^^)
なるほど〜英語だと表現が理解できないのですね・・・
でも、確かに、言語の作りが違うわけで、そうなると物事の捉え方が違うのは至極正しいと思います。
同じ言語でも、理解しあうのは難しのですから、言語が違えばよりそうですよね(^^ゞ
Commented by film-gasoline at 2015-09-17 22:35
だははは~、すごっく長いタイトルに笑ってしまいました^^;
母国語によって人間の感覚って違ってくるのがよく理解できました^^
近未来的な風景にも見えるこのお写真、とても素晴らしいです。
ベンチに透明人間が見えますよ・・・
あ、見えないから透明人間ですね^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-09-18 11:07
gucciさん、こんにちは。^^
しゃべっている言葉が違うから発想が違うのか、はたまた発想が違うから違う言葉になるのか・・・
いずれにせよ、人間は母国語からの呪縛に大きく縛られますねえ。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-09-18 11:08
フィルガソさん、こんにちは。^^
なはは~、久しぶりの透明人間写真を撮ろうと思ってフレーミングしていたら・・・右から少年がやってきたのですよ。
おかげ、シンプルな写真が複雑になりました・・・ま、これはこれでよいんですが。^^;
<< 2015年9月18日 晩夏の廃工場 2015年9月16日 季節のは... >>