Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年11月14日 街へ行く人々を見送った鉄枠
b0175964_2023541.jpg

ゆるやかに矢作川沿いにカーブを描いていく線路を見つめる鉄枠・・・
ここは名鉄三河線の廃線区間(通称:山線)にある「旧・三河広瀬駅」のプラットフォームです。
この鉄枠は、乗降客がプラットフォームの端っこから転落するのを防ぐためのガードレールだったんでしょうね。

この線路の進行方向が豊田市駅方面となります。
通勤・通学、はたまた就職・進学・結婚・・・この鉄枠は多くの出発を見送ってきたのでしょうね・・・寂しさの漂う風景です。
でも廃線となった今は、もう見送る人さえもありません・・・さらに寂しい場所となってしまいました。

愛知県豊田市東広瀬町 名鉄三河線「旧・三河広瀬駅」にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:1, 6.75 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-11-14 05:00 | Rusty Scene | Comments(18)
Commented by kirin_1117 at 2015-11-14 07:17
線路って本当に素敵な被写体ですね。
見ているだけで、ストーリーが続いていく感じがします。
Commented by voyagers-x at 2015-11-14 11:51

おはようございます!!
素敵な写真ですね
眺める先に何だか想いが余韻のように残像として残ってる感じの雰囲気ですね。
さすがローライの写真、ボケの中の像が流れたり目立った二線ボケなどがないですね
こういう目立たなくて控えめな底力がフィルムの写真にはこっそりとあるんですよね

Commented by yuta at 2015-11-14 15:07 x
こんにちは
廃線となった駅そして駅周辺の景色を見ると寂しいですね
↓ミノルタはTCー1という高画質コンパクトカメラを作ってきたし、
 コニカはヘキサノンという素晴らしいレンズを作ってました
 日本では富士フィルムだけがフィルムカメラとフィルムを生産してます
 世界的に見てもデジタルが主流ですが、仕事も趣味もフィルムでしか撮らないという
 カメラマンの話を聞いて心強くなりました
MAMIYAもお持ちなのですね^^
 
 
Commented by gucci at 2015-11-14 18:48 x
この鉄枠と6x6の構図が見事ですね〜
奥へ伸びていく線路を脇役として、鉄枠の主役っぷりに萌えます(^^)p
味わい深い作品です♪
Commented by denden5603 at 2015-11-14 19:51
こんばんは。
この線路をボカした描写は、とても好きです。
廃線の寂しさが伝わってきます。
Commented by 皐月の樹 at 2015-11-14 21:06 x
やわらかい秋の光と、錆びた鉄枠・・・寂しさがそこはかとなくこみ上げてきますね~。
それにしても、この線路部分には、まだ雑草が生えていないんですね~。
あるいは、定期的に除草をされてらっしゃるのでしょうかね?
新潟の山間部も、どんどん過疎化が進み、中越大震災があって更に加速しているので、こういうシーンも多いのだろうな~と感じました。
私も、いずれ新潟の廃線・廃駅探訪をしてみたいと思います。
Commented by film-gasoline at 2015-11-14 22:34
う~む、ええ話ですね~。
久しぶりに、じ~ん来ました。^^;
たくさんの人々を見送った鉄枠、廃線となった今はさぞや寂しいことでしょうね~。
フィルムならではの空気感、見事に出てますね~♪
Commented by li_se at 2015-11-14 23:49
こんばんは
お話を読ませていただくとまた余計に、
鉄枠のもの寂しさ、存在感が際立ってきて
何か語りかけてくるように感じますね。
いつもながら、素晴らしい描写です。
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 00:31
キリンさん、こんにちは。^^
そーそー、線路を見ていると「鉄ちゃん」の気持ちがよくわかります。^^
道路よりもずっとロマンを感じますよね♪
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 00:34
voyagers-xさん、こんにちは。^^
そうそう、眺める先に想いが余韻のように残像として残ってる・・・素晴らしい表現です♪
さすがXenotar、同じ80㎜/F2.8でもPlanarとは違う端正なボケ方ですね~、品があります。^^
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 00:37
yutaさん、こんにちは。^^
今のデジタルは本当に高性能になりました・・・でも、フィルムでなければ撮れない写真って、まだまだあるように思います。
MAMIYAも持ってますよ、最近使ってませんので、次に使うのはC220にしようっと・・・もうフィルム詰めておこうかな♪
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 00:38
gucciさん、こんにちは。^^
そー、この鉄枠、3:2だとなじみが悪かったかも、まさしく6x6向きの被写体でした♪
この鉄枠、何年ぶりに写真に撮ってもらったんだろう・・・でも、いまだに主役はれる貫禄がありますよねえ。^^
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 00:40
でんでんさん、こんにちは。^^
廃線でも線路って意外にサビサビになってないのが不思議でした。
なにか特別なコーティングでも・・・してないはずなんですけどねえ。^^;
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 00:42
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ここの駅は、地元の方の集会所として機能しているようで、お掃除もよく行き届いていましたね。^^
新潟にも、きっと哀愁漂う廃駅がいっぱいあるのでしょうねえ・・・廃校もあるだろうなあ・・・ぜひ帰国されたら撮ってくださいな♪
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 00:44
フィルガソさん、こんにちは。^^
廃駅には必ずドラマがあるんですよね~、だからその駅最後の日ともなると、いっぱい人が駆けつけるんでしょうね。
そう、フィルムならではの空気感、二眼レフは見事に表現しますね・・・フォーマットのでかさ、伊達じゃありません♪
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 00:46
li_seさん、こんにちは。^^
今時の大量生産の鉄枠と違って、このころのものは一つずつ手作りですから個性がありますよね。^^
それゆえに、こういうシーンで撮ると、とっても人間臭く、切ない雰囲気に写ってくれるような気がします。
Commented by 844-41 at 2015-11-15 00:52
BGMはStand by Meです、この作品!
錆銀メンバーがこの線路の上を歩いて、、、
少年ではなく、人生経験豊富なメンバーですから、
オリジナルではくLady GagaとStingがデュエットでカバーしたバージョンがお似合いでしょうか♪
Commented by blackfacesheep at 2015-11-15 16:19
シンさん、こんにちは。^^
あはは~、確かにBGMはあれでしょうね~、廃線の線路ですもんねえ♪
錆銀メンバー、歳はそれなりですが、少年の心を持った人々ばかりです、なはははは。^^;
<< 2015年11月15日 初秋の... 2015年11月13日 まだら... >>