Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年11月22日 終点の無念を主張するコンクリ柱
b0175964_20314257.jpg

名鉄三河線のかつての終着駅、西中金駅のプラットフォームです。
これは足助方面から見たところです・・・転落防止用のコンクリ柱なんでしょうね。
かつてはこの三河線、足助まで延伸させることも計画されたそうです・・・今ちょうど紅葉の真っただ中の香嵐渓と言う観光名所がありますからね。
でも、その当時は紅葉以外に集客できるめどもなく、結局計画倒れとなってしまいました。

もし足助まで引っ張っていたら・・・
足助は豊田市の一部となってからは大観光地になっていました。
2月は中馬のお雛様、3月はカタクリの群落、4~5月は新緑と鯉のぼり、8月はたんころりん・・・秋の紅葉以外にもイベントがいっぱいあります。
鉄道アクセスが可能だったら、さらに人気の高い観光地になっていたんじゃないでしょうか。

ですから、この西中金も廃駅にならずに済んだんじゃないかなあ。
この足助方面に向かって建てられたコンクリ柱、そんな無念が込められているような気がしました。

愛知県豊田市西中金 名鉄三河線・旧西中金駅にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:1, 6.75 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-11-22 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(6)
Commented by 皐月の樹 at 2015-11-22 20:17 x
なるほど~、そんな計画があったのですね~。
仰るとおり、もし足助まで電車があったら・・・なんて考えてしまいますね~。
足助は、見所満載の素晴らしい観光地ですので、残念ですね~。
足助の方々が、一番残念でらっしゃるでしょうね。
今からでも遅くはない?!^^;
まあ、名古屋、豊田はまさに自動車天国の都市ですので、鉄道は苦戦を強いられるでしょうね~^^;
コンクリートの柱に刻まれた無念・・・
ん~、良く見ると、なにやら怪しい影が・・・?^^;
なんて、嘘です・・・見えません~^^;
Commented by film-gasoline at 2015-11-22 21:23
なるほど、無念の意味が分かりました。
夢で終わった三河線の計画、鉄道に関わるこういうお話って浪漫がありますね。
この廃駅のコンクリ柱の虚しさがひしひしと伝わってきます。
プラットホーム下から撮れるのも廃駅ならではですね。
素敵な構図です♪
Commented by blackfacesheep at 2015-11-23 16:06
皐月の樹さん、こんにちは。^^
足助はいまや自動車王国の豊田市の一部ですからね、鉄道の復活は不可能かと・・・^^;
怪しい影、見えますか・・・やっぱり・・・なんてことはないですから、ご心配なく。
Commented by blackfacesheep at 2015-11-23 16:07
フィルガソさん、こんにちは。^^
鉄道の未成線って、どこに行っても「つわものどもが夢のあと」的な哀愁が漂ってますね。^^
この西中金駅、ちょっと綺麗になりすぎてしまったのが玉に瑕です。
Commented by gucci at 2015-11-23 21:17 x
廃駅もそんな歴史があったのですね・・・
観光名所との接続が出来るとまた違ったでしょうね〜
転落防止用のコンクリ、以前の鉄柵と同じで6x6フォーマットに実にあいますね(^^)p
廃駅が残っている姿、我々のような物好きにはたまりませんが、やはり哀愁が漂う姿は、今の空き家問題につながっていくのでしょうか・・・
Commented by blackfacesheep at 2015-11-24 10:50
gucciさん、こんにちは。^^
足助はひところは落ちぶれる一方だったんですが、豊田市に併合されて以来、ずいぶんと観光に力が入り、勢いを盛り返してきました。^^
この西中金駅も文化財として保護されていますし、手厚く保護されているみたいですよ。^^
<< 2015年11月23日 長期出... 2015年11月21日 誘惑す... >>