Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年2月5日 走り抜ける映像
b0175964_23452018.jpg

大好きなフランスの写真家、アンリ・カルティエ=ブレッソンに、「決定的瞬間」という写真集があります。
この写真集は、1952年に出版されたもので、フランス版の原題は、 "Image à la sauvette"、「逃げ去る映像」です。
ところが英語版の題名、" The Decisive Moment"の方が有名になってしまいました。
それゆえに、日本ではもっぱらこの英訳からの翻訳により、「決定的瞬間」と呼ばれるようになってしまったようです。

いずれにせよ、ブレッソンの"Image à la sauvette"の中に、走り去る自転車を写した傑作があります。
自転車をフレーミングしたスナップって、私も大好きなんですよね。
この写真の時も、覚王山のザラメ・カフェの前でシャッター速度を1/15秒・絞F22にセットし、自転車が通りかかるのを待っていました。

待つこと数分・・・ここ、結構サイクリストが通るのですよ^^;・・・きた~、カッション♪
現像してみたら、思った通りのカットが撮れていて、満足でした。^^
とーぜん写真のタイトルは、カルティエ・ブレッソンの名作からリーパクさせていただきました。^^v

名古屋市千種区 日泰寺参道にて
Nikon F3
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2016-02-05 05:00 | Snap Shooting | Comments(16)
Commented by korekazu at 2016-02-05 05:05
私も自転車に乗る人をよくおさめます。
ですが、それは狙っているというよりは自然にフレーミングしてくるんです。
大阪は自転車の数と乗る人が全国一なんかじゃないかと思うくらい、とにかく多いです。
Commented by kirin_1117 at 2016-02-05 09:15
あっ、やってみたい!
1/15 F22 ですね。めもめも。
手ぶれしないか気になりますが、試してみます^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-05 10:00
korekazuさん、こんにちは。^^
大阪、確かに自転車に乗る人は多いですよね、なんでなんだろう・・・前から不思議に思ってました。
名古屋はトヨタがあるせいか、都心でも駐車場が安くて、完全に自動車の街ですね。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-05 10:02
きりんさん、こんにちは。^^
はい、ISO100のフィルムならこの設定でいけるはずです・・・
脇をしっかり締めて撮れば、50mmでなんとか行けると思います・・・広角ならさらにぶれにくいです。^^
Commented by voyagers-x at 2016-02-05 10:30
おはようございます!!
デジ一眼で写真を始めた頃は、写真は綺麗な静止画で撮らなくてはいけないと決め込んでいました
瞬間の表情を静止画面に切り取るのが写真みたいな決め込んだ考え
でも今は違います
ブレをうまく利用した写真、撮れたままの荒削りな写真、そういうものほど味わいがあると思っています ^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-05 11:24
voyagers-xさん、こんにちは。^^
スポーツ写真などを見ていると、写真とは瞬間をきれいに止めるもの・・・って思います。
でも、あえて時間の経過そのものを撮ってみるのもおもしろいかな、って思う時もありますね♪
Commented by aitoyuuki32 at 2016-02-05 12:22
わたしもこういうの大好きです

自転車が来るとシャッターに指が
ついつい条件反射してしまいます(^^)
Commented by jikomannte at 2016-02-05 20:47
良いですね、被写体ブレの具合も配置も、ブレッソンさんのようです。
自転車を数分待つところが、流石ですね。
素知らぬ顔でピントを合わせたカメラは手に提げて、自転車が来たところで
速やかに構えてシャッター、状況が目に浮かぶようです。
Commented by 皐月の樹 at 2016-02-05 21:28 x
なるほど~、ブレッソンの決定的瞬間・・・原語では逃げ去る映像なのですね~♪
勉強になります!ありがとうございます!
あの写真集、名作ですね~!私は持っていないのですが、いつか買いたいですv^^
そして、あの走り過ぎる自転車を捉えた作品、これも大好きな作品ですv^^
あれを見てから、階段で走り過ぎる様々なものを追いかけるようになりました^^;
1/15のSSは適当なブレを生むには絶妙ですねv^^
この背景のZARAME NAGOYA・・・見覚えがあるような。
以前、二組の子供連れの親子がお店の外と中にいらっしゃるシーン、ここでしたかね~?^^;
Commented by film-gasoline at 2016-02-05 22:55
ブレッソンのチャリ写真、これ私も大好きな一枚です(^^)v
師匠の今日のお写真もブレッソンに負けないカッチョよさがありますね~♪
ブレッソンの決定的瞬間・・・原語では逃げ去る映像・・・
皐月の樹さんと同じく、勉強になりました^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-05 23:20
愛と勇気さん、こんにちは。^^
写真の醍醐味は、動きのある時間を写し止めること、もしくは動きそのものを写すことでしょうか、ねえ♪
私も自転車を見ると、撮りたくなってしまう病気ですね。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-05 23:22
jikomannteさん、こんにちは。^^
普段は気が短いのに、こういうタイミングだけは待てるんですよね、結構わがままな性格です。^^;
そーそー、あらかじめ設定の終わったカメラをぶら下げて通りを眺めていました・・・自転車を認めた瞬間から撮影行程に入るんであります♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-05 23:25
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ブレッソンはあの時代にあの写真を撮ったというのがエポックメーキングでしたね、ケルテスやブラッサイともども、凄いです♪
あ、二組の子供連れの親子がお店の外と中にいるシーンは、星ヶ丘のアロハ・テーブルさんでの写真ですね~。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-05 23:29
フィルガソさん、こんにちは。^^
たまたまバタ臭いカフェがあったので、「おーし、ここでなんちゃってブレッソンを撮るぞ~」とスタンバらせてもらいました♪
ブレッソン、キャパ、ロベール・ドアノー、ビビアン・マイヤー・・・みんなスナップの名手ですねえ♪
Commented by monopod at 2016-02-06 02:20
たしかに「決定的瞬間」の方が本は売れます(^▽^)
看板が欧文なので、とても雰囲気が出ています。
ナイスなオマージュです。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-06 21:44
monopodさん、こんにちは。^^
マーケティング的な見地から言えば、タイトル名って重要ですよね。^^
ここの参道には古い畳屋さんなどもあるんですが、バタ臭くいってみたかったんであります♪
<< 2016年2月6日 高度成長期... 2016年2月4日 眠れる森の金属扉 >>