Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年4月19日 あるじのいない春
b0175964_19422976.jpg

満開の桜並木の間に、あるじを失った添え木が一つ・・・
ここの桜の樹はなんらかの理由で伐採されてしまったようです・・・切り株だけが残っていました。
あるじはすでに亡くなっても、春はまためぐってくる・・・切ないですね。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros (EI100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
このあるじのいない春をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-04-19 05:00 | Seasonal Images | Comments(9)
Commented by jikomannte at 2016-04-19 06:25
被写体を見つけるカメラアイが、素敵ですね。
背景暈けの桜も効いてますね。
Commented by getteng at 2016-04-19 08:56
noblivionさん
当地も、通りの名称の由来になった並木通りのサワグルミ(クルミ科の落葉広葉樹)
34本の内16本が倒木の恐れがあり伐採することになりました。
植樹からまだ30年というのに・・・。
Commented by voyagers-x at 2016-04-19 10:44
おはようございます!!
まるで忠犬ハチ公と同じですね
いつまでも待ち続ける........
そういう目で見ると切なくなりますね
Commented by blackfacesheep2 at 2016-04-19 21:23
純さん、こんにちは。^^
こういう被写体は、足で稼がないと見つけられませんね。^^
クルマで走っていると絶対に見逃しそうです。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-04-19 21:24
gettengさん、こんにちは。^^
おお、広島でも街路樹を伐採することになりましたか・・・
街路樹は寿命の長いものを植えないと、大変ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-04-19 21:25
voyagers-xさん、こんにちは。^^
そうですね、この添え木、ある意味では忠犬ハチ公っぽいです。
人間はつい自分の感情を交えて風景を見てしまいますね。
Commented by film-gasoline at 2016-04-19 22:53
あららら、かわいそうに主がばっさりやられてますね。
切り株が空洞化しているから、立ち枯れしちゃったのでしょうか?
なんとも切ない光景であります。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-04-20 10:20
フィルガソさん、こんにちは。^^
そうですね、この切り株の状態を見ると、どうやら立ち枯れしてしまったようです。
添え木を撤去しないのが、よけいに哀愁ちょちょぎれる眺めですよね。
Commented by 皐月の樹 at 2016-04-20 12:01 x
添え木のみが残されているのですね~!
背景の爛漫の桜と切り株との対比が、実に哀愁漂います^^;
あっけらかんとした、春の日差しもまた、切なさをあおりますね~^^;
切り株の中央は空洞になっているようですね。
もしかしたら、虫にやられたかもですね。
実は、越後も、結構虫にやられて切らざるを得なくなる桜の木が結構あるようです。
その虫・・・大概が欧米からやって来た虫のようです^^;
残念ながら、虫のみを駆除できないようでして、木を切って他の木に被害が及ぶのを抑えるしか方法がないそうです。
<< 2016年4月20日 影の侵入... 2016年4月18日 春の光を... >>