Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年4月23日 超ハイコントラストな陽春のハナミズキ
b0175964_217870.jpg

本日のデジタル写真ブログでもご紹介しているように、写真友達の皐月の樹さんに素敵な誕生日プレゼントをいただきました♪
そう、ドイツ製のフィルム、ADOX CMS20 IIですね。

このフィルム、超低感度・超微粒子・超高解像フィルムです。
推奨感度はISO20・・・いつも使っているNeopan 100 Acrosより2段以上低感度ですね。
なので、この写真はF2.8開放、1/500で撮ってみました。

このハナミズキ、陽春の午後の日差しと相まって、パキパキにハイコントラストです。
まるでモノクロームのリバーサルフィルムみたいな風合いで、普段使っている軟調なNeopan 100 Acrosとは大違いです。
もともとはコピー用のフィルムだったと聞いて納得しました。
そのハイコンなフィルムを、ADOTEC IIと言う専用現像液でなんとか階調を出すようにしたんでしょうね。

でも、リバーサルフィルムとは違います・・・ネガらしくハイライトは粘りまくります♪
また、定着時間が30秒~60秒と、超短いです・・・インストラクションを見たとき、誤植じゃないかと疑ったくらいです。
普通なら8分程度、Kodak T-MAXなら10分は必要なのに1分未満とは・・・^^;

いや~、不思議なフィルムです・・・こういうフィルムは初めて使いました・・・楽しい経験をさせていただきました。
皐月の樹さん、どうもありがとうございました♪

現像はし
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この超ハイコントラストな陽春のハナミズキをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-04-23 05:00 | Seasonal Images | Comments(9)
Commented by jikomannte at 2016-04-23 06:38
これがハイコントラスト、高精細フィルムの絵ですか。
メリハリが効いて立体感がありますね。
Commented by getteng at 2016-04-23 07:07
noblivionさん
ハナミズキのモノクロも綺麗です(●^.^●)
Commented by voyagers-x at 2016-04-23 09:56

おはようございます!!
素晴らしい写りですね
階調が凄くよく出ていますね、粘りも素晴らしい
ちょうど人間の目で見たとおりに再現してくれそうなラチュードの広さを持っていそう
デジタルだと完全に空の明るさに引っ張られそうですね
結局はフィルムの強さは粘りがやっぱり凄いという部分かな
滑らかですね

Commented by 皐月の樹 at 2016-04-23 10:19 x
こちらでも、ご紹介頂き、恐れ入ります~^^;
さすがでございますね~!露出バッチリですね~♪
ハナミズキの枝の線が実に面白いです!
くっきりはっきりで、力強いですv^^
このフィルム、私は曇天などの光の弱い時を狙うことが多いです。このコントラストが生きてくれるかな?と^^;
越後の鉛色の冬空でさえ、しっかりとコントラストが出ます^^;
定着時間・・・私は、長めで取っているんですよね~。もしかして、それがダメなんでしょうかね?^^;
Ilfoのラピッドフィクサーで3分ほどです。
今度、30秒の定着、試みてみます!ありがとうございます!
Commented by li_se at 2016-04-23 12:25
こんにちは
きれいですね~凄いフィルムがあるのですね。
本当に、ハイコントラストだけれど諧調も美しくて
大きなプリントで拝見してみたいです。
Commented by gaku0107boo at 2016-04-23 20:52
こんばんわ!
いや~、素晴らしい解像感と豊かな諧調ですね。
実は私も大昔にこれと似たフィルムを現像したことがあります。
コダックのテクニカルパン2415というフィルムとテクニドールという現像液がセットで売られていました。
135サイズとは思えない超高解像なネガができあがりました。
ただ、諧調はやや硬調でしたが・・・。
・・・また現像タンクを振ってみたいな~なんて・・・。(しみじみ)
Commented by border72 at 2016-04-23 21:57
こういうのを見せていただくと、いまだにデジタルはフィルムの解像感に追いつけてないって思い知らされますね。
いやあ、素晴らし!(^^)
Commented by film-gasoline at 2016-04-23 23:16
おお~、師匠もADOXですかぁ!
なんと皐月の樹さんからの誕生日プレゼントでしたか!
彼、粋な事をなさいますね^^
超低感度・超微粒子・超高解像・・・
納得のお写真です(^^)v
Commented by kirin_1117 at 2016-04-24 07:41
興味深いです。
まだまだモノクロは、経験が浅く。ぼんやりとしかイメージできませんが、勉強になります。
私も普段使いは、ACROS。描写もお値段も落ち着きます。
<< 2016年4月24日 春の光蜥... 2016年4月22日 懐かしき... >>