Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年5月9日 エドヒガンを緻密に狙うフォトグラファー
b0175964_19274924.jpg

樹齢1300年を誇る「奥山田のエドヒガン」、その形の美しさから、いつも多くのフォトグラファーを惹きつけています。
今年も、三脚をしっかりと据えて丁寧に撮っているフォトグラファーさんたちに出会いました。
その中のお一人に、「撮っている後姿を撮らせてもらっていいですか?」と聞いてみました。
「前はいろいろ問題があるけど後なら無問題!」とのこと。
そんなわけで、この一枚を撮らせていただきました、ありがとうございました♪

愛知県岡崎市奥山田町屋下28 「奥山田のエドヒガン」にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros (EI100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この老いてもなお美しいエドヒガンをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-05-09 05:00 | Snap Shooting | Comments(4)
Commented by voyagers-x at 2016-05-09 10:57

おはようございます!!
写真を撮影されてる人のすが立った様になりますね。僕には弓道で弓を放った後にしばしの間的の方を眺める瞬間の雰囲気と同じ様に感じます^_^; む?ちょっと変なたとえで申し訳ありません^_^;

Commented by getteng at 2016-05-09 11:47
noblivionさん
後ろ姿もダメと言われなくてよかったですね(;^_^A
依然、一度ノ-!と言われたことありまして・・・。
Commented by 皐月の樹 at 2016-05-09 21:48 x
背中に、静かに漲る気合を感じますね~♪
撮影OKとは、良い方に巡りわれましたね~v^^
私自身・・・もし聞かれたら? やっぱり、恥ずかしいので後ろ姿でご勘弁と言っちゃうと思います^^;
私も、越後で風景を撮る時は、三脚必須で撮っておりますが、ゆったりした気持ちで撮れるのがいいな~と思っております。
手持ちで光待ちしていると、疲れるんですよね~・・・特にバケペンは^^;
まあ、フィルムを三脚、光待ちの時間にデジタルでサクサクと・・・こんなルーチンになってます^^;
Commented by film-gasoline at 2016-05-09 21:55
なんと、撮影許可をいただいてのお写真でしたか! ^^;
桜の名所にはこういう三脚を立てて陣取ってるフォトグラファーさんをよく見かけます。
長いレンズを見ただけで話し掛ける気も失せてしまいます^^;
快諾してくれて良かったですね。
とてもシュールで面白いお写真です(^^)v
<< 2016年5月10日 覚醒する蔦 2016年5月8日 早春の野辺... >>