Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年5月18日 柱のキューブ
b0175964_17534975.jpg

豊田市美術館の前庭に置かれたブロック積みの立方体です。
これ、ナニなんでしょう・・・檻かな・・・隙間が大きいので、象さんやカバさん用の檻。
んなわきゃないですね。^^;
実はこれもトヨビのれっきとした収蔵作品の一つです。
Sol LeWittさんによる"Cube with column"「柱のキューブ」と言う作品だそうです。
たかがブロックと言うなかれ、この緻密に計算されたアーティスティックな佇まいは、やはりタダモノではないんでありました♪

愛知県豊田市 豊田市美術館にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この柱のキューブをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-05-18 05:00 | Sculpture | Comments(10)
Commented by getteng at 2016-05-18 07:07
noblivionさん
まさかブロックを積んでいるだけでセメントなどで接着していない?
Commented by voyagers-x at 2016-05-18 09:20
おはようございます!!
レンガの積み方、好きです
あの段違いに組む方法
積み上げた後の線の入り方が僕は好きです^_^;
Commented by cobag2 at 2016-05-18 17:21
色をつけたらまんまルービックキューブ!
なんて失礼な事を言っちゃイケませんよね^^;
緑が濃そうですね^^
Commented by 皐月の樹 at 2016-05-18 21:51 x
これは、一瞬「何だろう?」と思う造形ですね~。
実に立派な造りなのですが、庭のど真ん中にポツンとあって。
でも、これが美術館の敷地内にあると納得ですね。
とたんに、アートに見えてくるのでございます^^;
私は、実にげんきんな男なのでございます^^;
Commented by film-gasoline at 2016-05-18 23:14
これはまたフォトジェニックなオブジェですね♪
微妙の角度を付けて設置されているので、瞬間的にこれはげーじつ作品なんだろうな~、って思いました^^;
スクエアフォーマットにぴったりのオブジェですね(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2016-05-19 08:21
gettengさん、こんにちは。^^
う~ん、一応セメントはかましてるんじゃないでしょうか・・・
昨今は耐震強度の問題などもうるさいので、鉄筋も入っているかも♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-05-19 08:23
voyagers-xさん、こんにちは。^^
紅い昔ながらの煉瓦はクラシックな雰囲気がありますが、このブロックは不愛想ですね。^^
でも、それがかえってモダンな雰囲気を醸し出してるのかも♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-05-19 08:24
cobag2さん、こんにちは。^^
なるほど~、どっかで見たことがあると思ったら、ルービックキューブ!
白黒なのでわかりにくいですが、左に写っているのは満開の八重桜でした。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-05-19 08:27
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そうですねえ、モノって置いてある場所によってイメージがまるで異なります。
マルセル・デュシャンの「噴水」なんて、単なる小便器・・・当時はぶったまげたでしょうねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-05-19 08:29
フィルガソさん、こんにちは。^^
げーじつ作品って、やはり独特の存在感がありますよねえ♪
「わしはタダモンじゃないでね、えか。」ってオーラがバリバリに出ていたんでありました。^^
<< 2015年5月19日 緑陰麻雀大会 2016年5月17日 右側が気... >>