Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年6月6日 右肩上がりのチンクェチェント
b0175964_23493190.jpg

人間って、単純な生き物です・・・右肩上がりのグラフを見ると「お~、好調♪」と喜んでしまいます。
たとえ、この写真が左側に傾きながら撮った写真でも、印象としては「プラス思考」になるんじゃないでしょうか。^^
逆にこれが右に傾きながら撮ってしまったら・・・「うむ~、調子が悪いなあ・・・」などと思ってしまう可能性が高いです。

ちなみに、このコンテナの上に乗っているのはFIAT 500ですね。
その可愛らしい姿をリメイクしたFIAT 500、日本では結構人気があますが、私のアメリカ人の生徒にはボロカスに言われてます。
端的に行って・・・品質が悪いんだとか。^^;
で、その”FIAT"と言う四文字をアクロニムで表すと"Fix It Again, Tony!"となるんだとか。

「また壊れちまったぞ、また直してもらわんと、トニーさんよ。(イタリア移民に多い名前)」って感じなんだそうです。
うむむ、安物イタリア車のプアなイメージはいまだに変ってないようです。^^;

あまりにかわいそうなので、写真だけでも右肩上がりにしてあげましたよ。^^

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この右肩上がりのチンクェチェントをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-06-06 05:00 | Rusty Scene | Comments(14)
Commented by legacy_bg5a at 2016-06-06 08:47
2代目のバンタイプは珍しくて、なんとか復活させたいですね。(道楽する費用があれば^^;)
Commented by voyagers-x at 2016-06-06 10:28

おはようございます!!
イタリア車のプアな部分を体験した事がないので
綺麗に乗ってる小型のイタリア車を見るとお洒落に感じます
以前、何処のディーラーで言われたのか忘れましたが
今の時代、昔言われたほど故障はほとんどありませんからご心配されないで下さいと
うーん、実際そうなのかもしれませんが
植え付けられたイメージが変わるまでには相当な時間が掛かりそうですね

Commented by 皐月の樹 at 2016-06-06 13:27 x
おおお~!あのチンクチェント!
ADOX CMS20Ⅱでも逝ってらっしゃいましたか~!!!
このコンテナ、FIATの錆ボディ、そして空の質感、実にいいですね~♪
やっぱりこのシチュエーションは、唯一無二でございます。
錆銀侍には喉から手が出るほどのシーンでございますね~v^^
仰る通り、右肩上がりは験がいいですね。FIATくんたちも、頑張って登っているように見えるのでございます。
これが右下がりだと坂道を転がり落ちるかの如く見えるので、不思議です^^;
米国人や独国人はイタリアンのことをボロボロに仰いますよね~^^;
まあ、伊国人はそんなのお構いなしで我関せず・・・と言う感じがイタリアンの素敵なところでもあると思います♪
Commented by getteng at 2016-06-06 17:24
noblivionさん
愚生の写真も右肩上がりのものがけっこう多いのですが、
サラリ-マン時代右肩上がりの利益計画書ばかりつくらされていたためかと思っていましたよ(;^_^A アセアセ・・・
Commented by jikomannte at 2016-06-06 20:14
黒顔羊さんの傾けたフレーミングを見る度に、私も真似をしてみようと思うのですが、
これがなかなか。
Commented by cobag2 at 2016-06-06 21:31
ルパンの車ですね、
実際あんな走り方が出来たらとても楽しいだろうな〜、といつも思うのです^^
それにしてもこのADOX、眼がテンになります(笑)。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-06-07 12:09
legacy_bg5aさん、こんにちは。^^
そうですねえ、バンタイプのチンクは珍しいですよね。
修復には時間とお金と根気が必要になりそうでした。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-06-07 12:11
voyagers-x さん、こんにちは。^^
フェラーリやマセラティなどの高級車と、フィアットなどの大衆車は品質が違うのかもしれませんね。^^
国民性の問題もあるんですかねえ、細かいことは気にしないラテン気質。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-06-07 12:12
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ADOX CMS20Ⅱ、こういうハードボイルド系の被写体には無敵ですねえ、素晴らしい質感描写でした♪
イタリア人は、感性に訴えることは上手ですが、理性に訴えることは・・・うむ~、ローマ人の子孫なのになあ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-06-07 12:14
gettengさん、こんにちは。^^
あはは~、営業関係の仕事をしていたら、右肩上がりの計画書ばかりつくらされますよね。^^
私も身に覚えがあります・・・いっぱい作文しましたわ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-06-07 12:15
純さん、こんにちは。^^
昔はもっと傾いていたんですが、昨今はマイルドになりました。
15度以上寝かせることは珍しくなったかも。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-06-07 12:17
cobag2さん、こんにちは。^^
そうです~、ルパンの車です、日本ではエンスーなファンがたくさんいらっしゃいますよね。^^
このADOX CMS20II、実に極端な性格のフィルムですね、メタリックなものを撮らせたらぴか一です♪
Commented by monopod at 2016-06-08 01:52
これは面白い!
さすが車の町、豊田市ですね、まいった^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-06-09 15:48
monopodさん、こんにちは。^^
はい、豊田市、基本的にクルマ好きの数は多いと思います。^^
こういう廃車モニュメント、錆好きにはありがたいです♪
<< 2016年6月7日 新緑の緑陰... 2016年6月5日 光蜥蜴が息... >>