Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年7月16日 身を乗り出す看板
b0175964_15434483.jpg

中世ヨーロッパの街並みがいまだに残るローテンブルク・・・
この街のシンボルは、通りに飛び出す看板ですね。
これは鍵屋さんでしょうか・・・字の読めない人にもわかりやすいです♪

Rothenburg ob der Tauber, Germany
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Kodak Professional Tri-X400 (EI 400)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 7 min. at 25 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この身を乗り出す看板をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-07-16 16:00 | Germany Trip 2016 | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2016-07-16 09:47

おはようございます ! !
素敵な看板ですね
クラシカルだけどお洒落ですね
視覚的にもわかりやすいのかもしれませんね
街並みが素晴らしいですね
Commented by li_se at 2016-07-16 17:22
こんにちは
看板、美しいですね~繊細なデザイン、曲線・・
なるほど、鍵ですか。素敵ですねぇ。。
そして前々記事の旧市街もですが、
並んだ建物の姿が美しくて心惹かれます。
Commented by film-gasoline at 2016-07-16 23:08
これはオサレな看板ですね~♪
向こうが透けて見えるので、景観も損なわない優れものですね。
モノクロが映える素敵なお写真ですね~(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-18 15:10
voyagers-xさん、こんにちは。^^
昔の看板は、お金と手間をかけて作ってありますから、見ごたえがありますねえ。^^
ドイツの看板は、字が読めなくてもわかるものが多く、楽しいですよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-18 15:11
li_seさん、こんにちは。^^
中世はまだ文字が読める人は少なかったらしく、こういう看板が狩猟だったようですね。^^
ドイツの街は、古い町並みを丁寧に保存しており、とても絵になりますね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-18 15:13
フィルガソさん、こんにちは。^^
そうそう、板の看板だと空間を占拠してしまい、景観を損ねますよね。^^
こういう伝統的な構造の看板は、とてもフォトジェニックですよねえ♪
<< 2016年7月17日 新緑のセンパ 2016年7月15日 地下の緑... >>