Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年8月17日 Lonely table just for one
b0175964_2032157.jpg

デュッセルドルフの街角で見かけた風景・・・オープンテーブルで、男性が一人でお食事中です。
発作的にEngelbert Humperdinkが歌った"Lonely table just for one"を思い出してしまいました。
「1人だけの孤独なテーブル」・・・ま、失恋ソングなんですけどね。

でも、それは勝手な思い込みだったりして。^^;
たまたま家族がお出かけして、「今日は思いっきり好きなことをするじょ~」と言っているお父さんなのかもしれません。
「うひひひ、アブラギッシュなシュニッツェル、うんめえなあ♪」とか、ね。^^;
いつもは奥さんに「駄目よ、あんな脂っこいもの!」って止められているのを、ここぞとばかり羽根を伸ばしているのかも♪

Düsseldorf, Germany
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Kodak Professional Tri-X400 (EI 400)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この結婚式写真を撮る人々をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-08-17 05:00 | Germany Trip 2016 | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2016-08-17 11:26
おはようございます!!
見事に独りぼっちですね
時間の関係なのか......
でも一人いる光景はスナップの被写体としては素敵な雰囲気ですね
この建物がまた少しレトロな雰囲気でいい感じですね
Commented by sternenlied at 2016-08-17 14:04
うふふ、アブラギッシュなシュニッツェル、
このあいだの野良猫さんのおしゃべりとか、
黒顔羊語のおしゃべり言葉を読んでると楽しいです!!!
そうですよねえ、このお独りさん、解放されて楽しんでるんでしょうね。
Commented by 皐月の樹 at 2016-08-17 21:23 x
ん~、お写真を見た瞬間、まさにこのタイトル通りの哀愁を感じました♪
が!
なるほど~、そういう見方も出来るわけですね~v^^
確かに、そんな風に言われると、段々男性のニンマリ表情が浮かんでくるのでございます。
「さぁ、これから何しようかな~♪」
あ・・・それは、単身赴任中の私の頭の中ですかね^^;
このレストランの2階の窓に飾られているのは、サッカーボールにハットでしょうか?
もしかして、夜はスポーツバーになるのですかね。
ドイツのスポーツバー・・・熱いでしょうね~^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-18 10:45
voyagers-xさん、こんにちは。^^
お昼にはちょっと早い時間帯だったので、余計にひとりぼっちが目立ちましたねえ。^^;
デュッセルドルフの市内は第二次大戦の空襲で被害を受けているはずなんですが、古い雰囲気を残して再建してるようです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-18 10:47
sternenliedさん、こんにちは。^^
あはは~、ついつい妄想がいろんな方面に伸びていきまして・・・^^;
家族と離れて一人きり・・・そんな時には久しぶりの独身生活を満喫しますよね、とってもよくわかるんであります♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-18 10:49
皐月の樹さん、こんにちは。^^
わはは~、韓国では毎日、優雅な独身貴族の生活ですもんねえ、私も東京単身赴任生活を思い出します♪
ここ、おっしゃるようにスポーツバーにもなるようです・・・ドイツのスポーツバーはどこも凄いそうですよ。^^
<< 2016年8月18日 疑惑の1... 2016年8月16日 印象的な... >>