Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年10月19日 忍び寄る球体
b0175964_14123435.jpg

スマホを見る女性のそばに忍び寄ろうともくろむ球体・・・
果たしてこやつの試みは成功するんでしょうか。
この玉っころとしては、こそ~っと近寄っているつもりなんでしょうが、なんせでかいですからねえ。^^;
もうしばらくすると圧迫感を感じて、目を上げ、自分の置かれた危険な現実に気が付く・・・
なんちゅー不条理なことは、おきなさそうですね、これは名古屋が誇るプラネタリウムなのですから。^^;

名古屋市中区 白川公園にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (12 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この忍び寄る球体をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-10-19 05:00 | Snap Shooting | Comments(10)
Commented by getteng at 2016-10-19 06:26
noblivionさん
この球体の中がどうなっているのか見てみたいものです。
Commented by jikomannte at 2016-10-19 06:29
球体のインパクトも凄いですが、スマホの女性が効いてますね。
配置と仕草が絶妙ですね。
Commented by voyagers-x at 2016-10-19 10:02
おはようございます ! !
人の大きさと比べると、とんでもなく大きいですね
オブジェとしての物体でしょうか
中身に特別な構造は......ないのでしょうね......窓らしきものもないし ^^;
Commented by 皐月の樹 at 2016-10-19 21:39 x
だははは~^^; これは凄まじい威圧感です^^;
この玉っころ、この木の影に隠れながら~・・・とか思っているのかもしれませんが、逆に目立ってますね^^;
パンフォーカスでこの距離感だと、なんだか少し圧縮効果が出ているように見えますね。
画角的には広角よりの標準域ですが。
あるいは、80㎜という焦点距離がそうさせるのですかね?
それにしてもCMS20Ⅱ、この玉っころの質感を見事に表現しておりますね~!
そして、こういう細かい描写をさせたらぜっびんですね!
女性の服の質感や、木の葉っぱはもちろんですが、プラネタリウムの下から覗く向こうの通りの信号機や標識など、細かく描いておりますね~!
やはりこういう描写は特筆ものですね♪
Commented by film-gasoline at 2016-10-19 22:54
ヤッバ!!!
このデッカイ球、今にも転がって来そうで怖い^^;
このタマタマのリアルな質感がそうさせるのかも?
いや~、インパクト抜群!
スマホを見る女性の冷静さがシュールですね^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-10-20 07:52
gettengさん、こんにちは。^^
この球体の中はプラネタリウムなんですよ。
私もぜひ入ってみたいんですが、超人気スポットで、行列が凄くてめげてしまいます。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-10-20 07:54
純さん、こんにちは。^^
うまいところに女性が座ってくれ、しかものどかな雰囲気でスマホをいじってくれました。^^
この玉っころの剣呑な雰囲気と好対照になってくれました、ありがたいです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-10-20 07:56
voyagers-xさん、こんにちは。^^
これは名古屋市立科学館のプラネタリウムなんですよ・・・だから窓もなくて巨大なわけですわ。^^v
数年前にできたんですが、超人気で、いつも長蛇の列・・・いまだに私は中に入ったことがありません。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-10-20 07:58
皐月の樹さん、こんにちは。^^
残暑の季節には、このADOX CMS20IIは完璧な相性を誇るような気がします・・・暑苦しく精緻です。^^;
癖が強くて一般的ではないですが、ツボにはまると恐ろしい表現力がありますねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-10-20 08:00
フィルガソさん、こんにちは。^^
前からこの威圧感のあるプラネタリウムを使ってなんとか作画できないか、いろいろ考えてみました。
今回はうまいところに女性が座っていてくれたので、とってもありがたかったです♪
<< 2016年10月20日 二輪が... 2016年10月18日 重厚な透過光 >>