Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年12月7日 城壁に落ちる桜の影
b0175964_21131068.jpg

豊田市のお城と言えば、国道248号線沿いのアレがありますが、アレはパチモンですからねえ。
ホンモノは七州城こと挙母城とこの佐久良城です。

この佐久良城、隅櫓跡の石垣だけが残っています。
築城された17世紀ごろには、この城壁を見ながらお侍さんが登城していたのでしょうか。
今もこのあたりは桜町と呼ばれ、落ち着いた商店街・住宅街となっています、

愛知県豊田市 元城町1-51 桜城址公園にて
Rolleiflex Automat MX (1枚目のみ)
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford Delta 100 (EI100)
Naniwa ND-76 (1:1, 12 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この城壁に落ちる桜の影をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-12-07 05:00 | Lights & Shadows | Comments(4)
Commented by voyagers-x at 2016-12-07 09:31
おはようございます ! !
お城の石垣、いつもどうしてこんなにきっちりとハマってるのだろうかと思うのです ^^;
計算しつくされた感じ
難しいパズルみたいです
熊本城の壊れた石垣の修復、相当な時間がかかるようです
パソコンでバラバラになったパズルを組み立てながら
元のままの石をもう一度組み合わせるそうです

Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-08 07:36
voyagers-xさん、こんにちは。^^
築城技術ってのは、国を守るための最先端技術だったんでしょうね、高度な技術が使われてます。^^
へ~、熊本城の石垣の再建、そんなに難しいんだ・・・昔の人の知恵に敬服しますよね♪
Commented by 皐月の樹 at 2016-12-08 21:00 x
17世紀から、地震の多いこの日本で、未だに城壁を残すというのは、如何にこの石積み技術が素晴らしいかを物語っておりますね~。
計算された形と積み方、実に美しいです♪
その芸術品ともいうべきサクラ城壁に落ちるサクラの光と影、これまた絶品でございますね~!
彼の大国では、世界で最も長い城壁をコンクリートで塗り固めている・・・と伺いました^^;
モノに対する考え方の違い・・・大きいですね^^;
Commented by film-gasoline at 2016-12-08 22:12
城壁に落ちる桜の影、風流ですね~♪
江戸時代の人々も同じ影を見ていたかと思うと感慨深いですね。
私達みたいに「おっ、ええ影!」って感じたのでしょうか?^^;
震災で崩れた仙台の青葉城の城壁も修復されたので、私もリーパクして撮りに行ってみたいです^^;
<< 2016年12月8日 もくもく... 2016年12月6日 居心地の... >>