Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2016年12月27日 街路樹を吊り上げるタワークレーン (写真部門)
b0175964_23165329.jpg

再開発中の豊田市駅東口のタワークレーンさんです。
いつも鉄骨などを持ち上げてばかりなので、たまには違うものも持ち上げてみたくなったようです。
ね、街路樹を持ち上げようとしてるでしょ、ね?^^;
うむ~、ちーと無理があるな。^^;;;

愛知県豊田市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford Delta 100 (EI100)
Naniwa ND-76 (1:1, 12 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この街路樹を吊り上げるタワークレーンをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by noblivion | 2016-12-27 05:00 | Japanese Landscapes | Comments(10)
Commented by cobag2 at 2016-12-27 10:26
あは、ちょっと無理が・・・^^;
75mmもTessarの切れ味が宜しいようで!
この透明感はどうやってお出しになるのでしょう?
Commented by voyagers-x at 2016-12-27 10:50
おはようございます ! !
最近またLeicaのバッテリーの不具合が出ました
2個バッテリーがバッテリー容量不足表示になりました
まだバッテリー十分なはずなのに......
こういう事があると、あーフィルムのアナログ撮影は余計な故障がなくていいなと思うのです ^^;
ボタン電池でずっと使えます
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-27 20:11
cobag2さん、こんにちは。^^
このOpton Tessar、コントラストが強いというもっぱらの評判ですね。
う~ん、透明感・・・Lightroomで仕上げる時に、明度・明瞭度・コントラストの各スライダーを調節してますね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-27 20:13
voyagers-xさん、こんにちは。^^
お~、またLeicaのバッテリーの不具合ですか・・・ドイツの科学力は世界一のはずなんですけどねえ。^^;
あはは、アナログのカメラはいまだに世界一ですよ、このRolleiflexは1951年生れですが、いまだにトラブルなく写ります♪
Commented by gaku0107boo at 2016-12-27 22:19
こんばんわ!
私も時々大きなクレーンを見かけてはシャッターを切ることがありますが、なかなかうまく撮れません。(汗)
なるほど、なにか物語りを付けてやると、クレーンが動物のように思えてきますね。^^
こんどマネしますね。v^^
Commented by film-gasoline at 2016-12-27 22:55
だははは~、そんな風に見えますよ~^^
先日の街路樹ドロボウもこのクレーンが犯人だったんじゃないですか?
こうな洒落の効いた真四角写真大好きです(^^)v
Commented by jikomannte at 2016-12-27 23:30
面白いですね。
タイトルの通りに見えるのは、絶妙な傾き加減だからですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-28 23:37
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
タワークレーンとかガントリークレーンって、どっか機械離れした雰囲気があるんですよね。^^
鶴やキリンに似ているからなんでしょうか。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-28 23:38
フィルガソさん、こんにちは。^^
あはは、あの無くなった街路樹の場所の近くなんですわ、これ。^^
そうか~、こうやって盗んでいったのか、大胆だな~。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-28 23:40
純さん、こんにちは。^^
初めは普通に垂直を意識して構図してみたんですよ。
でも、あまりにまじめすぎて、この不真面目なタイトルには似合わなそう・・・それで、ちょっと傾けました。^^;
<< 2016年12月28日 神無月... 2016年12月26日 直線と... >>