Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年1月14日 実像より虚像の方がやや多めな逃げ去るイメージ (写真部門)
b0175964_20515233.jpg

このIWCの時計、昨年の秋にも「街路樹を宿す時計」として撮影したことがあります。
その時はまだ葉が残っていた街路樹たちも、葉を落とした鋭い冬姿になっておりました。

今回は反対側、北から南を向いて撮ってみました。
ショーウィンドーに外の風景が反射して、実像と虚像と両者が写るという、とても面白い風景になっておりました。
走り去る自転車を追いながら、ここぞと思う所で「がしゃこ~ん」とシャッターボタンミラーアップボタンを押しました。^^;

さてこの写真のタイトルですが、スナップの名手、アンリ・カルティエ・ブレッソンのりーぱくです。
ブレッソンが1952年に出版した写真集『決定的瞬間』、すこぶる有名ですね。
実はこれ、英語バージョンの『The Decisive Moment』の翻訳です。
フランスで出版されたオリジナルバージョンの原題は『Images a la sauvette』だったそうです。
邦訳すると「逃げ去るイメージ」、英語版とニュアンスが違います。

逃げ去るイメージ・・・私はオリジナルのタイトルの方が好きだなあ。
ブレッソンが撮る写真とは、月とすっぽんな写真しか撮れませんが、せめてタイトルだけでもあやかろうと思いました。^^;

名古屋市中区錦通りにて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Neopan 100 Acros (EI 50)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:1, 5.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この実像より虚像の方がやや多めな走り去る人をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by noblivion | 2017-01-14 05:00 | Snap Shooting | Comments(12)
Commented by voyagers-x at 2017-01-14 10:24
おはようございます ! !
実像と虚像
ほとんど同じはずですけど
見比べるとガラスという物質を介してるぶんだけ
虚像の方がボケが多いような錯覚を感じますね

Commented by 皐月の樹 at 2017-01-14 13:07 x
気持ちのよい対照写真ですね~。
若干虚像が多いところがミソですね♪
この時計、覚えております!流石、有言実行ですね!
やはり冬枯れした木々のイメージが、より哀愁があって好きです♪
ミラーアップボタンを押して…f(^^;
あの辺りの位置にシャッターノブがあるのは、マミちゃんですねf(^^;
マミちゃんをご使用されてらっしゃった黒顔羊さんなら、お手のもの?f(^^;
でも、やっぱりアイレベルであの位置は、ちと感覚がずれそうですねf(^^;
Commented by jikomannte at 2017-01-14 18:26
黒顔ひつじさんの作品を見てますと、自分も都市部を歩いて
スナップショットを撮らねばと思うのですが、つい車で行ける
撮影地を選んでしまいます。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-14 21:35
voyagers-xさん、こんにちは。^^
なるほど・・・見比べるとガラスという物質を介してるぶんだけ虚像の方がボケが多い・・・
言われてみるとそんな感じがしますね、気が付かなかった~♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-14 21:38
皐月の樹さん、こんにちは。^^
はい、冬になって葉が落ちたら撮ってやろうと、狙っておりました・・・どうせなら、ちょっと捻りました♪
そうそう、マミちゃんは横についてましたからねえ、さほど違和感なく使えてしまっております。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-14 21:39
純さん、こんにちは。^^
クルマで撮影地に向かう・・・昔はよくやってたんですが、最近クルマの運転がしんどくなりまして。^^;
名古屋市交通局のドニチエコキップを愛用しております♪
Commented by golden_giraffe at 2017-01-14 23:05
バケペン先生が活躍されているようで一安心です!
写り込みを利用したシンメトリーな構図はオシャレですねー。
現実と非現実を往来しているような錯覚に陥ります。
IWCというのがいいですねー。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-14 23:21
金の麒麟さん、こんにちは。^^
はい、一時はもう文鎮として使うしかないとあきらめかけたばけぺんですが、まだ生きてました♪
IWCは渋くて大好きでしたよ、ミリタリークロノグラフとポートフィノ、愛用しておりました。^^
Commented by film-gasoline at 2017-01-15 22:27
IWCの時計、こちらから見たにははじめての気がします。^^
それにしても面白いお写真ですね!
そして、6x7のフォーマットがドンピシャですね(^^)v
タイトルもウケました~^^;
Commented by filmfun at 2017-01-17 02:00
バケペン君、やっぱりいーなー♪好きだなー♪
僕のバケペン君はすでに手放してしまったんです(一時金欠で…)
「67Spirit」と名乗りながら、67で撮れる写真機持ってないんですよね~(恥)
んでも、ノブさんとのご縁でフィルムカメラはじめて、おかげ様で日々ますます楽しいデ~ス♪
ここ数日は、OH済みのLeica3b+Summar買おうか買うまいか悩み中です。むしろ早く売れちゃって諦めさせて欲しいッス!
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-17 07:56
フィルガソさん、こんにちは。^^
IWCの時計はこの端正な佇まいが素敵ですね。^^
タイトルはいつもフィルガソさんのを参考にして、目いっぱい遊ばせてもらってます。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-17 07:58
filmfunさん、こんにちは。^^
お~、ばけぺん、手放しちゃいましたか・・・でも、オークションではいまだによく見かけますので、またどーぞ♪
フィルムカメラは奥が深いですよね、寿命も長いですから、これぞと思うカメラは買って使い倒しましょう。^^v
<< 2017年1月15日 もっと光... 2017年1月13日 冬のオア... >>