Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年1月17日 ウェディングドレスを夢見る光蜥蜴 (写真部門)
b0175964_19565618.jpg

名古屋の中心部、桜通と久屋大通の交差点にあるウェディングドレス専門店です。
まっしろなウェディングドレスにあたる午後の日差しが素敵だったので、ばけぺんで狙ってみました。

さすが白黒ネガフィルム、ハイライト側の粘りは凄いですね。
これだけの輝度差があっても白飛びせず、ウェディングドレスの質感をきっちりと描写してくれました。

この時の露出値は、F2.4の絞開放、1/1000だったと思います。
ばけぺんには1/1000と言う、中判カメラとしては高速なシャッターが搭載されていますからね。
そのおかげで、ミラーアップボタンを押して撮影、という面妖なお作法が必要な私のばけぺんでも、まず手ぶれしません。^^v

もしアクロスをISO100の額面通りのEI(Exposure Index)100で撮影したら、適正露出は1/1000でF4のはず・・・
でも、今回はEI50で撮影・現像なので、F2.8が適正露出となる計算です。
F2.4だと半段オーバーですが、白黒ネガフィルムはラチチュードが広いですから、半段ぐらいどってことありません♪

現像の際、いつもはFuji Super Prodolを1:1希釈で20度6.5分で現像していますが、今回はEI50なので5.5分で現像しました。
The Massive Dev Chartを見ても、Acros with SPDのEI50のデータは未掲載・・・う~ん、勘でやってみよう。^^;
5.5分@20度にしましたが、特に問題ないようですね♪

名古屋市東区泉1-23-30 THE TREAT DRESSINGにて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Neopan 100 Acros (EI 50)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:1, 5.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
このウェディングドレスを夢見る光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by noblivion | 2017-01-17 05:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2017-01-17 09:30
おはようございます ! !
すごく明るく光を反射してライカでは1/4000秒で間に合わなくなりそうな状況ですね
(あ、僕は絞りがいつもF2くらいなので、そうなってしまうのですが)
フィルムの写真は粘りがやっぱり凄いですよね
粘ってくれるというのは、言い換えると撮りやすいという事ですね
現像してみて初めて分かりますね
白とびや黒つぶれも少ないので、結果として失敗が少なかったりして ^^;

Commented by 皐月の樹 at 2017-01-17 20:30 x
うっひょ~!さすがはバケペン♪
この立体感、ハンパないですね~!
K-1に50㎜F1.2を付けても、ここまでの感じにならないんですよね~。
浮遊感は出るのですが、この感じにならないんです^^;
ウェディングドレスといい、街灯のランプシェードといい、素晴らしい立体感、臨場感です!
ネオパン、私もよくISO50で撮影しちゃいます^^;
でも、強引にEI100(気持ち短め)の現像でいっちゃってます^^;;;
ちょ~っと、お空が粗いかな~・・・という時もありますが、大体Okです^^;
まあ、私の場合、強引すぎなのですが^^;;;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-17 21:50
voyagers-xさん、こんにちは。^^
デジタルだと、高速シャッターがないと、浅い絞りでこのハイライトはきついかもしれません。^^
フィルムは、黒潰れは弱いですが、白飛びはほんとにしませんね、微妙なトーンが乳剤の盛り上がりとして残ってます。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-17 21:54
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ロクナナで105㎜/F2.4と35㎜判で50㎜/F1.2、さほど有効径は違わない・・・でも、ばけぺんの方が立体的ですね。^^
EI50で撮影の場合、現像時間をほんのちょっと早めに切り上げることで、ほぼ無問題みたいな気もしますよ。^^
Commented by film-gasoline at 2017-01-17 22:11
う~ん、オッサレ~♪
光の差し込み具合といい、もうサイコーです(^^)v
私も教えていただいたThe Massive Dev Chartを参考に現像してます。
最近はけっこうテキトーになってますが、失敗はありませんね^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-17 22:40
フィルガソさん、こんにちは。^^
フィルムカメラを持っているときに限って、こういうシーンに出逢う・・・運命を感じますねえ♪
フィルム現像、場数を踏んでくると、経験値でなんとかなっちゃうことが多いですよね。^^;
<< 2017年1月18日 発狂する... 2017年1月16日 心眼に写... >>