Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年1月31日 コメダで休憩する正月の光蜥蜴 (写真部門)
b0175964_2113370.jpg

1月2日のスナップです。
お正月でも、コメダ珈琲は営業中なんですよね。
その入り口に飾られた松飾に、遅い午後の冬の光蜥蜴がたわむれておりました。
う~ん、こういう光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)は大好物です・・・気が付いたら撮影行程に入ってました♪

名古屋市中村区名駅5丁目5−38−5 コメダ珈琲店 納屋橋店にて
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
このコメダで休憩する正月の光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by noblivion | 2017-01-31 05:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2017-01-31 11:04

おはようございます ! !
フィルムをリールに巻く時の道具はステンレスの定番のアレですよね
もっと簡単に巻けるものもあるのですか?
現像液と定着液と水滴防止液?の三つがあるんでしたっけ?
温度管理が大変そうですね ^^;
作り置きできる液.....
不要な液って、水道水をじゃじゃ流して一緒に流してはダメ?
うーん、ネットで調べてみようと思います ^^;

Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-31 19:05
voyagers-xさん、こんにちは。^^
おお、フィルム現像、いよいよやってみますか♪
ステンレス製のリールは巻きにくいと聞いたので、巻きやすいパターソンのプラスチックリールで巻いております。
薬液は基本的には現像液、停止液、定着液ですね。
120フィルムだと前浴液も使いますが、ハレーション層のない135判フィルムならいらないでしょうね。
あ、そうそう、水洗促進材としてQW(クイックウォッシュ)、水滴防止剤としてドライウェルも使います。
不用な液の処理は私は大量の水で流してますよ。
アマチュアが使う程度の量であれば、まず問題ないです。^^
このあたりの顛末、下記のエントリに書いております。
http://blackface.exblog.jp/21458565/
Commented by 皐月の樹 at 2017-01-31 21:48 x
これは正月らしい、縁起の良いヒカリトカゲですね~♪
撮らねば損損~でございますねv^^
手前に落ちる、シャープな光のラインがオサレでございます。
コメダ珈琲店って、絵になりますよね~。
大体どこの店舗も、雰囲気が統一してあります。
Caféでなく、やっぱり珈琲店が好きでございますv^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-31 22:07
皐月の樹さん、こんにちは。^^
なははは~、この手前の光のライン、シンゴジラの背びれから出る光線のようで面白かったです。^^
コメダ、最近は首都圏にも進出しているようですが、どこに行っても金太郎飴、実にコメダらしい雰囲気に溢れてます♪
Commented by film-gasoline at 2017-01-31 22:18
うっひゃ~! これはエキサイティングな光蜥蜴さんですね~!
こんなの見つけたら・・・
もちろん、速攻で捕獲させていただきます(^^)v
コメダ珈琲、仙台にも進出してきましたよ。
もしや、そこに行けば同じような光蜥蜴さんが見つかりますかね~^^;
Commented by noblivion at 2017-02-01 22:58
フィルガソさん、こんにちは。^^
あはは~、エキサイティングでしょ、なんせシンゴジラの背びれの光ですから。^^;
コメダ珈琲、ついに仙台まで進出してしまいましたか・・・名古屋流のサービス、ぜひ味わってきてくださいな。^^
<< 2017年2月1日 寒さの中で... 2017年1月30日 冬の踊場... >>