Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年1月30日 冬の踊場に集まる光蜥蜴 (写真部門)
b0175964_1157352.jpg

古い歩道橋の踊場で見かけた光と影です。
北風に吹かれてコーナーに固まる落葉、ひび割れたペイントが目立つ鐵骨・・・
哀愁ちょちょぎれる風景です。
そこに射し込む冬の光蜥蜴ちゃん、優しく包み込んでおりましたねえ♪

ADOX CMS20 II、久しぶりに使いましたが、相変わらず強烈なコントラストですね。
でも、冬の寒い雰囲気を表現するには、なかなか適したフィルムかもしれません。^^
カールも凄いし、スキャンしにくいフィルムですが、こういう持ち味もありかな、とは思います。

Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この冬の踊場に集まる光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by noblivion | 2017-01-30 05:00 | Lights & Shadows | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2017-01-30 10:38
おはようございます ! !
哀愁がちょちょぎれる雰囲気ですね
自然の力はすごいですね
相当な時間は要しますが、大抵のものはボロボロにしてしまいます
世の中で一番自然に対してビクともしない物質って一体なんなのでしょうね

Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-30 11:20
voyagers-xさん、こんにちは。^^
おっしゃる通り、自然環境の中に放置されると、人間が作ったものは簡単に風化していきますね。^^;
一番風化しにくいものは・・・やはり貴金属でしょうか、金とかプラチナとか。^^;
Commented by 皐月の樹 at 2017-01-30 14:21 x
ああ~、こういうところに落ち葉の欠片がたまっていること、ございますね~!
それを見事にヒカリトカゲと共にアートに仕上げる♪
さすがでございます!
ADOX CMS20Ⅱ、仰る通り冬の弱い光でもしっかりとコントラストを出してくれますよね。
この錆、コンクリートの質感描写も隋一だと思います。
私も、この冬の越後をADOXで行ってきました。鉛色の空の下、こってこてのコントラストを出してくれました^^;
でも・・・このフィルムの巻癖、何とかならんですかね~ToT
逆巻して1週間放置してみましたが、効果なしでした。
一回、逆巻した状態でヘアードライヤーでも当ててやろうか?と思いましたが、思い止まりました^^;
お陰で、スキャンの時は一コマづつです。面倒ですね^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-30 16:24
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ほんとほんと、コントラスト強いです、リバーサルみたいなコントラストをもつネガフィルムですよね♪
このカール何が原因なんでしょう・・・スキャンしながらいつも不思議に思ってますわ。^^;
Commented by film-gasoline at 2017-01-30 22:50
このインパクトあるコントラスト、ADOX CMS20 IIでしたか!
独特ですよね~^^
カールも凄いんですか?
スキャンするとき苦労しますね^^;
今日のお写真の視点、流石ですね~♪
メモっておこうっと(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-31 07:38
フィルガソさん、こんにちは。^^
現像した時点で、すでに物凄いコントラストのあるネガが出来上がるんですよ、アクロスとは大違いです。^^
リバーサルみたいなネガフィルムですが、ハイライトはネガらしくちゃんと粘ります♪
<< 2017年1月31日 コメダで... 2017年1月29日 トロピカ... >>