Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年2月6日 地下に潜り込む光蜥蜴
b0175964_9532742.jpg

冬らしい高度の低い太陽の日差しが、地下出入り口の奥深くまで入ってきていました。
光蜥蜴ちゃんたちも、風邪の冷たい地表から、暖かい地下に潜り込みたかったんでしょうね。^^

それにしても白黒フィルムのラチチュードってすごいですね。
ハイライトの点字ブロックからシャドウの二人の人物まで、しっかりトーンが残ってます。

これをデジタルで撮ったら、ハイライトが白飛びするか、シャドウが黒潰れするかのどちらかだろうなあ・・・
白黒フィルム、偉大なり♪

名古屋市中区栄にて
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この地下に潜り込む光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-02-06 05:00 | Lights & Shadows | Comments(5)
Commented by film-gasoline at 2017-02-06 08:49
シャドウの中の人物までちゃ〜んと写ってますね!
このラチの広さはデジタルでは考えられませんね〜♪
こういうテクスチャーの表現力もまたモノクロフィルムならではですね!
完璧なフレーミングでフィルムカメラを構えれば、こんな素敵な光蜥蜴写真が出来上がるんですねv(^_^)
Commented by voyagers-x at 2017-02-06 11:17
おはようございます ! !
素晴らしい階調の粘りですね
さすがフィルムですね
フィルムって、いつも決まった入手先があるのですか?
ネットでアマゾンなどでオーダーするとモノクロフィルムいっぽん850円くらいです
アメリカにオーダーすると安く手に入りそうだけど......

Commented by blackfacesheep2 at 2017-02-06 13:00
フィルガソさん、こんにちは。^^
シャドウ基準の露出で撮影しても、ハイライトは粘るので大丈夫だろうと思って撮影しました。
現像してみてニンマリです・・・フィルムならではの広階調に感謝ですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-02-06 13:02
voyagers-xさん、こんにちは。^^
フィルム、数年前までは500円前後だったんですが、一気に値上がりしましたね。
私はいつも、ヨドバシドットコムのネット通販で注文します・・・eBayあたりだと確かに安いですね。
Commented by 皐月の樹 at 2017-02-07 22:05 x
仰る通り、こういうシーンでのフィルムの威力は、絶大ですよね~!
このシャドーのトーンの残り方、ハイライトの粘り、自然に感じますね~。
デジタルだと、1~1.5段くらいローキーで撮影して、後からシャドーを持ち上げて・・・とすると、なんだかベタベタのHDRみたいな印象になりがちですし^^;
グレー領域が増えすぎて、のっぺりしちゃいますし^^;
このタイトルも、絶妙でございますv^^
<< 2017年2月7日 果樹園での... 2017年2月5日 空間を斜め... >>