Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年8月4日 白熱の樹木に包囲されたルービックキューブ
b0175964_2320214.jpg

白熱して輝く樹木に包囲された方形の建物・・・と言っても、屋根はないんですけどね。
英国だったらFollyって呼ばれる装飾用の建物に分類されるかもしれません。

でもこれは、豊田市美術館の敷地にあるアート作品なんですね。
Sol LeWitt氏の作品で、『柱のキューブ』と言う名前がついておりました。

なるほど・・・キューブです。
私の第一印象も、コンクリブロックでできたルービックキューブかな?でしたもんね。^^
さすがアート作品だけあって、とっても不思議な存在感に満ち溢れております♪

愛知県豊田市 豊田市美術館にて
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Rollei Infrared 400 (EI 400)
Naniwa ND-76 (1:1,10:50. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この白熱の樹木に包囲されたルービックキューブをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-08-04 05:00 | Sculpture | Comments(4)
Commented by voyagers-x at 2017-08-04 10:52
おはようございます!!
あー、気球の寿命もあとわずか
燃え尽きるまで残された時間はほんの少し
.......って感じの光景ですね
ゾクゾクします^_^;

Commented by blackfacesheep2 at 2017-08-04 17:40
voyagers-x さん、こんにちは。^^
ん・気球ですか・・・ツェッペリンでしょうか・・・^^;
なんなんだろう、気になります。^^;
Commented by film-gasoline at 2017-08-04 22:45
おおお~、これも素敵なアート作品ですね!
このお色だけでもグイグイ来ちゃいます♪
このルービックキューブ、以前にも拝見させていただいたような気がしますね~^^
英国だったらFolly、覚えておきます(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-08-05 08:14
フィルガソさん、こんにちは。^^
被写体がステキだし、赤外線フィルムの効果が生きるかなとおもってやってみましたよ。^^
英国にはみょうちくりんな建物が多いんですよねえ、ブラックユーモアのセンスに溢れてます♪
<< 2017年8月5日 落葉が積もる階段 2017年8月3日 人待ち顔の... >>