Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年8月7日 輝く樹林の中の木漏れ日
b0175964_22564838.jpg

赤外線フィルムって、お日さまを背に背負った順光で撮った時が、一番それらしい写真ができあがります。
樹木は白く輝き、空は暗く沈む・・・ジョルジョ・デ・キリコ的「形而上絵画」世界です。

逆光になるとどうなるか・・・まあ、どってことのない普通の白黒写真いなりますね。^^;
それでは、逆光と順光が入り乱れたこういう木漏れ日はどうなるのか・・・興味があったのでやってみました。

う~ん、赤外線フィルム写真としては中途半端かな。^^;
でも、こういう光蜥蜴の群れ具合、それなりに悪くないんじゃないかと思います・・・あ、苦し紛れだよね。^^;;;

名古屋市中区 白川公園にて
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Rollei Infrared 400 (EI 400)
Naniwa ND-76 (1:1,10:50. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この白熱の樹木に包囲されたルービックキューブをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-08-07 05:00 | Infrared | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2017-08-07 09:45
おはようございます!!
春先ならば、このような木漏れ日は気持ちがいいのでしょうね
夏は適度に強い日差しを防いでくれそうですね
風が少しだけ吹いてくれれば気持ちがいいのですけど

Commented by blackfacesheep2 at 2017-08-07 15:24
voyagers-x さん、こんにちは。^^
名古屋の夏は手強くて、真夏になるとこういう木陰でも蒸し暑いんですよね。^^;
台風の接近のせいで今日は涼しいですが、コレが去るとまた蒸し暑い日々が戻ってきそう・・・やだなあ。^^;
Commented by golden_giraffe at 2017-08-07 21:10
これは素晴らしい写真だと思います!
絶妙なさじ加減と言いますか、地に足のついた浮いた写真(?)と言いますか…。
沢山の葉が発光しているようでもあり、灰の世界を思わせるようでもあり…。
色々と想像ができます。
Commented by film-gasoline at 2017-08-07 22:20
逆光と順光が入り乱れた木漏れ日・・・
そうなんですよね、赤外線写真の持つあの違和感は薄れますが、それでも普通では撮れないお写真ですよね^^
とても美しいお写真ですね(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-08-08 16:57
金の麒麟さん、こんにちは。^^
わはは、地に足のついた浮いた写真・・・素晴らしいお言葉、どうもありがとうございます~♪
赤外線フィルムって、日常が非日常になっちゃうところが楽しいです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-08-08 16:59
フィルガソさん、こんにちは。^^
そうそう、よく考えてみると、これって絶対に普通のフィルムでは撮れない写真ですよね。
通好みの赤外線フィルムらしさなのかも知れません。^^
<< 2017年8月8日 サンダルと... 2017年8月6日 曖昧な夏空... >>