Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年9月2日 緑色の翳を秘めた赤錆
b0175964_223222.jpg

18cmまで寄れるCarl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35を装着すると、ついつい近接撮影がしたくなります。^^;
これは錆びた鉄板・・・見ればわかりますよね。

そのままじゃ面白くないので、Adobe Lightroomでハイライトに赤系、シャドウに緑系を入れてみました。
うむ~、シュールかも・・・

JAZZの名曲にMiles DavisとBill Evansがつくった”Blue in Green"と言う曲があります。
これはさしずめ”Red in Green"かな・・・でも、どこを探しても”Blue in Green"のような静謐な美しさはありません。
あるのは・・・狂気をはらんだ暑苦しさだけですね。(´;ω;`)

愛知県豊田市にて
Asahi Pentax SPF
Carl Zeiss Jena MC Flektogon 2.4/35
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この不気味に反射する四手網をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-09-02 05:00 | Rusty Scene | Comments(8)
Commented by getteng at 2017-09-02 07:06
noblivionさん
我が家のMiles Davisの「COOL JAZZ COLLECTION」には、
「On Green Dolphin Streetてのがあります。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-02 07:35
getteng さん、こんにちは。^^
おお、Miles Davisの"On Green Dolphin Street"ですか、名演ですねえ。
確か、Bill Evansがバンドに居たころの貴重な録音じゃなかったかな、私も大好きですよ。
Commented by voyagers-x at 2017-09-02 10:38
おはようございます!!
18cmまで寄れると撮影の幅が凄く広がりますね
レンズ一本で何でも撮れそうですね
錆の質感もよく出ていますね

今朝の体重59.1kg
あと一息
最近足踏み状態だったけど.....

Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-02 20:52
voyagers-xさん、こんにちは。^^
35mmフルフレーム機って、近接能力に欠けたレンズが多いです…というか、m4/3の寄れるレンズに慣れちゃったのかも。^^;
お~、順調に58kg台に向かっておりますねえ、私は61Kg台の攻防で、なかなか50kg台に降りられません。^^;
Commented by gaku0107boo at 2017-09-02 22:09
こんばんわ!
う~む、ほんとにシュール!
ジャズのことは全く無知ですが、レコードのジャケットにピッタリと思います。
「レコードのジャケット」という言葉、今は死語でしょうか。(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-03 18:49
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
あはは、レコード・・・そういう世代ですよねえ、私たち。
CD屋っていうよりレコード屋の方がしっくりきますよ。
Commented by film-gasoline at 2017-09-03 22:04
うむむむ・・・
愁いを帯びたテクスチャー、いや狂気に満ちた色彩・・・
この組み合わせが素敵です(^^)v
近接撮影は錆の新しい世界が広がりますね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-04 22:11
フィルガソさん、こんにちは。^^
あはは~、この上がりを見たとき、白黒だとあまり面白くなかったんですよ。
で、発狂系にしたら俄然面白くなりました・・・近接撮影は発狂系がおススメです♪
<< 2017年9月3日 樹木の白さ... 2017年9月1日 残暑に耐え... >>