Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年9月5日 表情豊かな床
b0175964_19571612.jpg

トヨビの中庭の床は、天然石でできています。
そのため、一か所として同じ表情の場所がありません・・・とても表情豊かです。
さすが建築家・谷口吉生氏の最高傑作のひとつと言われる建物だけあって、こういうところまで凝っているんですね♪

愛知県豊田市 豊田市美術館にて
Nikon F3
Ai Nikkor 24mm f/2S
Rollei RPX 25 (EI 25)
Naniwa ND76 (Diluted in 1:1, 8 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この破裂した小屋にまとわりつく光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-09-05 05:00 | Art | Comments(4)
Commented by voyagers-x at 2017-09-05 11:26
おはようございます!!
天然石の床
味わいがありますね
いろいろな傷やシミや模様
表情豊かですよね
Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-05 19:15
voyagers-xさん、こんにちは。^^
人工物にはない様々な傷やシミ・・・天然モノならではですね。^^
この美術館はその天然モノならではの個性を上手に活かしてるような気がします♪
Commented by film-gasoline at 2017-09-05 23:05
おおお~、これまた素晴らしい着眼点ですね!
確かに表情豊かで、見ていて飽きません^^
モノクロームならではクールなお写真ですね(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-06 16:57
フィルガソさん、こんにちは。^^
これをカラーで撮っても、ステキには見えないかもしれませんねえ。
やはりモノクロフィルム向きの被写体って、間違いなく存在していると思います♪
<< 2017年9月6日 消滅した停止命令 2017年9月4日 偶然、それ... >>