Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年9月7日 小屋を覆いつくす葛蔦
b0175964_22133343.jpg

夏を象徴する存在、葛蔦です。
こやつの生命力には本当に驚かされます・・・このこんもりとした下に貼るのは、トタン外壁の小屋なんですよ。
何でそんなに気に入ってしまったのかわかりませんが、この繁茂ぶりは物凄いですね。
でも、そろそろ季節も変わっていきます。
やがて、この猛々しい葛蔦たちも、北風に吹かれて枯れ果て、哀愁バリバリな存在になるのでしょうねえ・・・

愛知県豊田市にて
Asahi Pentax SPF
Carl Zeiss Jena MC Flektogon 2.4/35
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この小屋を覆いつくす葛蔦をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-09-07 05:00 | Seasonal Images | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2017-09-07 11:43
おはようございます!!
普通の植物ではなくて、何だか意志をもって飲み込もうとする
怪獣の様に見えてきますね
Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-07 15:13
voyagers-x さん、こんにちは。^^
ここまで茂ると、悪意的なものさえ感じてしまいます。
でも、種族保存のための本能で繁茂しちゃうのでしょうねえ♪
Commented by NullPointer09 at 2017-09-07 16:00 x
こんにちは。
同じ絡みつく植物でも朝顔や藤などは好まれるのに、こちらの方は桁違いの絡みぶりで
すっかり嫌われ者ですね。
絡みつくと言えば、米国では家畜の飼料や土壌流出のために日本から持ち込まれた葛の
3万㎢に及ぶ異常繁茂にお手上げ状態になっていてjapannese green monsterと呼ばれて
いるのだそうですが、写真で見ると確かにモンスターとしか思えない繁茂ぶりですね。
一方、日本では葛をバイオ燃料とすべく研究が進んでいます。嫌ったり困っているだけ
でなく有効利用の道を開くのも人間の英知だと思うのですが。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-07 16:49
NullPointer09さん、こんにちは。^^
おお、米国に葛が持ち込まれたのですか・・・土壌流出防止用とはユニークな用途に使うんですね。
確かにこやつが異常繁茂しているのを見ると、「何かに使えたら喜ばれるのになあ・・・」って思いますよねえ♪
Commented by film-gasoline at 2017-09-08 22:35
だははは~、これは強烈ですね! 
もう蔦の草原みたいになってますね
いや、蔦のモンスターかな?^^;
枯れ姿も楽しみな逸品ですね(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-09-10 08:19
フィルガソさん、こんにちは。^^
まさしく蔦のモンスターでしたねえ、こんなに繁殖していると恐怖心を覚えます。^^;
そう、晩秋から初冬の姿、今から楽しみですよねえ♪
<< 2017年9月8日 四手網の下... 2017年9月6日 消滅した停止命令 >>