Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年11月25日 晩秋の英国風庭園を這い回る光蜥蜴
b0175964_18361036.jpg

豊田市にある英国風庭園、「花遊庭」さんのコテージ・ガーデンと呼ばれる場所です。
ここは晩秋の午後になると、素敵な具合の斜光が差し込んできます。
その光が薔薇の葉の影をコテージに落とすところがステキです。
光蜥蜴=ヒカリトカゲ=光と影が、跳梁跋扈しておりました♪

愛知県豊田市 花遊庭にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この晩秋の英国風庭園を這い回る光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-11-25 05:00 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by getteng at 2017-11-25 08:48
noblivionさん
Rolleiflexって、素晴らしい写りですね!
このマシ-ンは使い難いって聞きましたが、貴兄は凄腕なんだ!
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-25 10:00
gettengさん、こんにちは。^^
Rolleiflexに搭載されたレンズは、PlanarにせよXenotarせよBiometarにせよ、どれも素晴らしい写りです♪
Rolleiflexは二眼レフの中では一番使いやすいと思いますよ、でも、一眼レフに比べたら面倒かもしれませんが。^^;
Commented by jikomannte at 2017-11-25 10:43
情報量の多い上質な描写が、10歳未満の頃の自分の記憶の風景を
見ているような懐かしさを感じます。
Commented by voyagers-x at 2017-11-25 11:09
おはようございます ! !
影が精力的に這い回ってる感じですね
考えてみると、影があるということは生きてる証拠ですね
影がなくなったら、死んでいますね
物体としてこの世に存在していないですね ^^;

Commented by film-gasoline at 2017-11-25 23:06
むむむ・・・、やはり Xenotar 80mm/F2.8の写りは凄い!
臨場感と言いますか、質感と言いますか、もう圧倒されますね^^
素晴らしい光蜥蜴のお写真にうっとりしてしまいました~♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-26 11:12
純さん、こんにちは。^^
おお、子供時代の記憶を呼び覚ましますか・・・うれしいお言葉、ありがとうございます。
モノクロームの緻密な写真って、どっかノスタルジックなところもありますよね。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-26 11:13
voyagers-xさん、こんにちは。^^
あはは~、幽霊は影がない、そう聞いた覚えがあります。
影が薄い、と言う表現も、日常的によく使いますね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-26 11:15
フィルガソさん、こんにちは。^^
Xenotar 80mm/F2.8は、こういう絞った時の繊細な描写が持ち味ですねえ。
Planarとは違う個性の持ち主です。
<< 2017年11月26日 様々な... 2017年11月24日 にじり... >>