Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年12月1日 階段室の光蜥蜴
b0175964_19483331.jpg

今日から師走・・・これから冬至まで、陽の光がどんどん弱くなっていきますね。
光と影の写真を撮るには最高の季節の到来なんであります♪

ちなみに、この階段室の光と影は、9月の残暑のころのものです。
今の長く尾を引く影に比べると、短いです・・・この頃は、太陽の高度が高かったんだなあ・・・しみじみ。

名古屋市中区にて
Asahi Pentax SP II
Carl Zeiss Jena MC Pancolar 1.8/50
Neopan 100 Acros (EI 100)
Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この階段室の光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-12-01 05:00 | Lights & Shadows | Comments(5)
Commented by voyagers-x at 2017-12-01 11:01
おはようございます ! !
屋内のガラスの側の階段付近、暖かそうですね
車の中の暖かさ、時には暑いくらいになるのをふと思いました
外は寒いのに、車の運転席は運転してると暑いですね ^^;

Commented by blackfacesheep2 at 2017-12-01 20:13
voyagers-x さん、こんにちは。^^
これを撮った時にはまだ残暑が厳しくて、「階段室の中、暑くて大変だろうなあ・・・」なんて思ってました。
今は逆に「暖かそうで、いいなあ・・・」って思ってしまいます、勝手なものですよね。^^;
Commented by small-talk at 2017-12-01 21:10
9月の頃は暑くてかなわないですが、今見ると暖かそうで、羨ましいですね。

ひとつ前の赤外線写真、綺麗ですね。
フィルム名と実感度から推測すると、いわゆる、赤外線フィルムというよりも、パンクロマチックの長波長側が赤外線まで伸びているのでしょう。

昔のコニカの赤外線フィルムは、データシートを見ると、750nmあたりがピークでしたね。
晴天時に赤フィルターを付けてf5.6で1/60秒くらいが目安でしたから、実質的な感度的には同じくらいかもしれません。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-12-02 09:27
small-talkさん、こんにちは。^^
Rollei Retro 400Sは赤外線専用フィルムじゃありませんが、波調感度750nmまであるので、赤外線写真が撮れますね。
いつもSC72フィルターを装着しEI25で、F8でSS 1/60で決め打ちしてます。
現像はEI400でフィルターなしで撮ったものと混在していても問題ないですね。
Commented by film-gasoline at 2017-12-02 22:01
「階段室」という響きだけで、なんだかワクワクしてしまいます^^;
ガラス張りの部屋に閉じ込められたような光蜥蜴さんがフォトジェニックですね~♪
9月のお写真でしたか!
どおりで、光蜥蜴さんが暑さで身もだえている訳ですね^^;


<< 2017年12月2日 英国庭園... 2017年11月30日 駅前広... >>