Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2015年 10月 03日 ( 1 )
2015年10月3日 エトランゼを出迎えるスペシャルティカー
b0175964_20165394.jpg

ここは豊田大橋の手前、豊田スタジアムの駐車場です。
懐かしい自動車を発見してしまいました・・・トヨタ・セリカ・クーペ初代型なんであります♪
私が大学生のころに人気があった車で、いわゆる「スペシャルティ・カー」の元祖とも言うべき車でした。
このカテゴリー、大衆車をベースに作られているので、本格的なスポーツカーほどの性能はないけれど、それなりにスポーティに走れるので人気がありました。
日産ならシルビア、ホンダならプレリュード、マツダならコスモ、三菱ならGTO、いすゞなら117クーペってあたりですね。^^

b0175964_20174540.jpg

実はこのセリカ・クーペ、撮影の最中だったんであります。
左側にはリフトバックのモデルもやってきました。

b0175964_20175755.jpg

誰が撮影していたかと言うと・・・海外からのTVクルーのみなさんなんでありました♪
興味があったので質問してみたら、特徴的なBBCアクセントで「英国の自動車番組で取材にやって来たんです」と教えてくれました。
「英国では、スィリーカ(「リ」にアクセント)は、とっても人気がある車なんっすよ♪」とのことでした。

また、ここに来る前は、アメリカのミシガン州ディアボーンでフォード・マスタングを取材してきたんだとか。
なるほどマスタング・・・世界で初めて作られたスペシャルティ・カーであります・・・なるほど、スペシャルティ・カー特集をやっているんだ、納得しました♪

さて、今回は珍しくもKodak Tri-X 400を使ってみました。
以前、Rollei 35をトライXでテスト撮影したとき、予備のために、もう一本買っておいたのですね。
Exposure Indexは、素のままの400でいってみました・・・Neopan Acrosに比べれば粒状が目立ちますが、これこそがトライXの味わいでしょう♪

現像液は、富士のスーパープロドール(SPD)です。
これ、迅速現像液なので、水温が高い夏の間はあまりに現像時間が短くなり、ムラが出やすい・・・涼しくなるまでとっておきました。^^;
現像諸元は、Massive Dev Chartで確認した通り、1:1の希釈現像で20度、9分であります。
涼しくなったので、これからND76ではなく、またSPDを使おうかなと思っております♪

愛知県豊田市千石町7−2 豊田スタジアムにて
Nikon F3
Ai Nikkor 55mm f/1.2
Kodak Professional Tri-X400 (EI 400)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC
[PR]
by noblivion | 2015-10-03 05:00 | Snap Shooting | Comments(12)