Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年 03月 10日 ( 1 )
2017年3月10日 埋設された働き者
b0175964_181297.jpg

先日、「春の目覚め」と言うエントリでご紹介したドラム缶です。
あそこには写っていなかった天面は、こんな感じの顔貌でした。

人間だったら「虐待されたのだな、気の毒に・・・」と思ってしまうような傷がいっぱいついてました。
でもドラム缶の場合は、傷が多ければ多いほど、よく働いた証拠なのかもしれません。

今は土中に埋められて余生を過ごしておりました。
でも、なんで埋められているのでしょうか・・・私の限られたドラム缶の知識では理解不能でした。^^;

愛知県みよし市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
ADOX CMS20 II (EI 20)
ADOX ADOTEC II (12 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
この埋設された働き者のドラム缶をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-03-10 05:00 | Rusty Scene | Comments(8)