Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年 04月 21日 ( 1 )
スタジアムのツノ
b0175964_8144161.jpg

豊田市の矢作川の河岸に建つ豊田スタジアムです。
この建物は、愛知県の生んだ建築界の巨匠、黒川紀章氏のデザインになるものです。

外観の特徴として、「ツノ」が生えていることがあげられます。
この写真の真ん中下側に見えているのが、スタジアムの反対側のツノの上部ですね。
手前に見えているテーパー状の円柱は、ツノの下の部分です。

このツノ、どういう機能があるのでしょうか・・・
吊り橋みたいな効果があるんでしょうかね、建築に詳しい人に解説してほしいなあ♪

ところで・・・最近、またぞろエキブロがつながりにくくなっています。
エントリを更新しようとしても反応してくれません・・・下記のようなメッセージが出て、だんまりをきめこみます。

==
このサイトにアクセスできません

www.exblog.jp からの応答時間が長すぎます。
exblog jp を Google で検索してください
ERR_CONNECTION_TIMED_OUT
==

エキブロ、他のブログサービスに比べると、スキンも上品だし、写真映えもするので好きなんですけどね。
デジタル写真ブログは9年、このフィルム写真ブログは8年やってますが、そろそろ引っ越しも考えた方が良いのかなあ。

愛知県豊田市 豊田スタジアムにて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:1.8, 9 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom CC

☆ブログランキングに参加しています。
このスタジアムのツノをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-04-21 05:00 | Sculpture | Comments(8)