Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
2017年 08月 28日 ( 1 )
2017年8月28日 白い樹木をうらやむコールテン鋼
b0175964_113215.jpg

「いいなあ、君たちは真っ白で・・・俺なんか、年がら年中、赤錆色だよ・・・」
と、豊田市美術館に屋外に置かれた鉄製のモニュメントが呟いているように見えました。

この鉄製の赤錆モニュメント、デジタル写真ブログではすでにご紹介済みですね。
Richard Serra氏が作成した "Double Cones"と言う作品で、二つの円錐形の分厚い鋼板が互いに向き合った意匠になっています。

このモニュメントの材質は、どうやら耐候性鋼やコールテン鋼と呼ばれれる鉄の合金のようでした。
表面に茶褐色色の保護性の錆を形成するように設計された鋼なんだそうで、ハナから錆びているので、それ以上錆が進行しないんだそうです。
赤外線フィルムで撮ると、なんとも黒々と写りますね・・・赤錆は赤外線を反射しないんでしょうかねえ。^^

愛知県豊田市 豊田市美術館にて
Rollei 35
Tessar 40mm F3.5
Rollei Infrared 400 (EI 400)
Naniwa ND-76 (1:1,10:50. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この白い樹木をうらやむコールテン鋼をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2017-08-28 05:00 | Infrared | Comments(8)