Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
カテゴリ:Rusty Scene( 319 )
2016年3月14日 花粉症患者の気持ちがわかる廃バス
b0175964_20352117.jpg

この廃バス、秋から冬にはなんとなく安どしているように見えます。
右側の蔦がおとなしいからですね。
でも・・・春がやってくると・・・この蔓蔦が繁茂して、日陰になってしまう・・・暗いの、やだよぉ・・・と言っている感じなんでありました。

でも、夏になれば文句は言わないようです。
その蔓蔦が日陰となって炎暑を防いでくれるからなんであります。
春さえやり過ごせば・・・これは花粉症患者さんにも共通する悩みなのかも。
「お互い、春先は辛いよねえ・・・春が来るからと浮かれる気分にはなれんのよね、わし。」と言ってそうな廃バスさんなんでありました。^^;

愛知県長久手市にて
Nikon F3
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この春の苦手な廃バスをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-03-14 05:00 | Rusty Scene | Comments(9)
2016年3月8日 むっつり助平なフォークリフト
b0175964_20583251.jpg

このフォークリフト、な~んか人間臭いと思うんですよ。
左右のライト、めんたまですね・・・そして真ん中を通る棒が鼻に見えます。
とすると・・・やたらと鼻の下が長いんですよね。
おお、このフォークリフト、見かけは純朴ですが、意外にスケベーなのかも、うひひひ。^^;

愛知県長久手市にて
Nikon F3
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この花の下を伸ばすフォークリフトをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「フィルムカメラ」のバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-03-08 05:00 | Rusty Scene | Comments(10)
2016年2月18日 年季の入ったケミカルプラント
b0175964_22471835.jpg

近所にある準・定点観測ポイントの一つです。
外観から判断するに、おそらくは窯業関係の工場じゃないでしょうか・・・いわば、ケミカルプラントの一種ですね。
配管うにょうにょなハードボイルドなケミカルプラントとは異なるいなたい雰囲気ですが、赤錆ふぇちの私のハートにはストレートど真ん中なんですよね。
さまざまな薬品が伝った後を見せる外壁、その上にある赤く錆びた攪拌機・・・実に素晴らしい眺めなんでありました♪

愛知県豊田市にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
この年季の入ったケミカルプラントをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-02-18 05:00 | Rusty Scene | Comments(12)
2016年2月14日 色を失った赤錆タンク群
b0175964_18282419.jpg

冬枯れした原野の向こうに立ち並ぶ、素晴らしく年季の入ったタンクたち・・・
私の写真仲間たち、特に「写真集団・錆銀」の皆さまが見たら、狂喜乱舞間違いなしの被写体たちなんであります。

実はこれらのタンク群、真っ赤に錆びておりました・・・私のデジタル写真ブログの昨日のエントリをご覧いただけば、お分かりになると思います。
色が肝心かなめの赤錆、色を抜くとどうなるか・・・試してみたんですね。

う~む・・・ささくれたような赤錆が際立ちますねえ・・・また、冬枯れしたセイダカアワダチソウや葉を落とした冬樹の刺さりそうな枝ぶりもより鮮明になります。
当たり前のこととはいえ、色を抜くことでテクスチャとフォルムが際立つんであります♪

昨年の夏以来、久しぶりにRolleicord Vを使ってみましたが、Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5、良いお仕事ぶりです。
このクスナーはCarl Zeiss Tessarほど凄みのある切れ味はありませんが、線が細く上品なシャープさですね。
eBayで135ドルで落としましたが、とても良い買い物でした。^^

愛知県豊田市にて
Rolleicord V
Schneider Kreuznach Xenar 75mm f/3.5
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

☆ブログランキングに参加しています。
これら、色を失った赤錆タンク群をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

昨日ランキングのチェックをしてみたら・・・驚くべし、なんと「フィルムカメラ」部門で一位になっておりました。
みなさまの応援のおかげです、心から感謝いたしております。
どうもありがとうございました♪
[PR]
by noblivion | 2016-02-14 05:00 | Rusty Scene | Comments(12)
2016年2月6日 高度成長期を支えたトラック
b0175964_22395568.jpg

我が町内の住宅の庭先に飾ってあったトラックです。
白黒フィルムなのであまりよくわからないかもしれないですが、文字通り真っ赤に錆びております。
撮影後、ネットで調べてみたら、トヨタ・ダイナの3代目モデルのようでした・・・登場は1969年とのことです。
つまり、このダイナちゃん、日本の高度成長期の後半に登場したトラックなんであります。
おそらくオーナーさんは、このダイナちゃんと一緒にその時代を働きぬき、廃車となった後もその労をねぎらって庭先に飾っているんでしょうね。
いわば戦友って感じなんでしょうか・・・いいなあ、こういうのって♪

愛知県みよし市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:2, 8.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-02-06 05:00 | Rusty Scene | Comments(8)
2016年2月4日 眠れる森の金属扉
b0175964_0374083.jpg

我が町の雑木林の中で見かけた光景です。
ここから先、よほど入って欲しくないのでしょうねえ、頑丈な金属製の扉が設置されておりました。
ちなみにこの先にあったのは、シイタケのほだぎでした・・・大切に栽培しているのですから、撮られちゃかないませんよね。^^

愛知県みよし市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:2, 8.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-02-04 05:00 | Rusty Scene | Comments(7)
2016年1月30日 冬の雑木林に眠るライトバス
b0175964_2159471.jpg

冬枯れの雑木林の中の古いマイクロバスです。
これ、昨年の晩秋にデジタル写真ブログ(旧)でご紹介した「眠れる森のマイクロバス」ですね。
真冬なので、前をさえぎるセイダカアワダチソウも枯れ果ててしまい、その細部までよくわかるようになっていました。

そのため、資料と首っ引きで調べることができました・・・どうやら、1963年に登場した、トヨタライトバス RK170B型のようです。
この時代はマイクロバスではなく、ライトバスと呼ばれていたんですね。
作ったのはトヨタ車体株式会社(旧アラコ株式会社)だそうで、日本初の量産小型バス『トヨタライトバス』 だそうです。

1963年と言うことは、もう50年以上前に作られたってことか・・・私よりはちょっと若いんですね。
近所にあるもう一台の廃バス同様、定点観測を続けて行こうと思っています♪

愛知県みよし市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:2, 8.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-01-30 05:00 | Rusty Scene | Comments(16)
2016年1月28日 初冬の空を見上げるいなたい工場
b0175964_21162617.jpg

このメカメカしい機械は何かというと・・・実は昨年12月初旬にアップした「チンアナゴにはならなかった円筒形構造物」の向上で見た風景なのですね。
砕石工場のようにも見えますが、ちょっと違うような・・・はっきりわかりませんでした。

最初は普通のB&Wで仕上げたんですが、どうもしっくりこない・・・
Adobe Lightroomのスプリットトーニングで、ハイライトにブルー系、シャドウ側にセピア系を入れてみました。
うん、これこれ・・・私の記憶に残った「いなたい」工場風景が蘇りました♪

白黒写真原理主義者が見たら、ちゃぶ台をひっくり返しそうなポストプロセスかもしれませんが、自分が気に入っていればこれでいいんであります♪
ちなみに↓にオリジナルもアップしておきますね。^^

愛知県豊田市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:2, 8.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

オリジナルのB&Wはこちら・・・
[PR]
by noblivion | 2016-01-28 05:00 | Rusty Scene | Comments(12)
2016年1月27日 初々しい野辺のペール缶
b0175964_2274781.jpg

冬枯れした野辺に置かれた円筒形の缶・・・いわゆる「ペール缶」って奴ですね。
Wikipediaによれば、「ペール缶(ペールかん、英語:pail)とは18リットルまたは20リットルの鋼鉄製の缶のこと。潤滑油や塗料、溶剤などの液体を入れて運搬・貯蔵に用いられる。」だそうです。
まだこの野辺に来てから間もないせいか、あまり錆も出ておらず初々しいペール缶でした。
個人的には真っ赤に錆びて元の絵柄や文字が読めないぐらいの個体が好きなのですが、このペール缶がそうなるまでは、まだ時間がかかりそうでした。
ま、要観察物件とリストアップしておきましょう♪

愛知県みよし市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:2, 8.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-01-27 05:00 | Rusty Scene | Comments(10)
2016年1月17日 木陰で朽ちる久遠
b0175964_0402158.jpg

ドライバーズ・シートのドアを大破させて、枯葉に埋もれる廃車・・・
ここで事故ってそのまま放置されてしまったのでしょうか・・・木陰で静かに朽ちる姿には哀愁ちょちょぎれるんであります。

この廃車、本日のデジタル写真ブログでもご紹介している三菱エテルナΣですね。
昨日はRolleiflex 2.8Cでの撮影がメインでしたが、露出計としてLumix GM5もサブで持って行きましたので、それれでも撮ってみました。
そのため今日の私のブログは、銀・デジどちらも同じ被写体の競演となりました。

で・・・比べてみると・・・うむ・・・デジ、気の毒かも。^^;
マイクロフォーサーズのデジタルも、それだけ見る分には全然悪くはないんですが、まあ「記録」写真かな、って感じがします。
でも、こちらの中判白黒フィルムは一味違う・・・「記憶」に残ったトーンに近いです。

GM5でもほぼ同じ位置から撮りました。
20㎜で撮ったので、焦点距離は似ていますが、フォーマットと被写界深度が違うし、トーンはまるで勝負になりません。
すっかり気落ちしてしまい、デジタルブログにはその写真は載せませんでした。^^;

デジタル写真は便利だし簡単だし綺麗です。
でも、自分の心に残ったイメージがそのまま残るかと言うと・・・そのトーンのリアリティにおいて、まだフィルムには勝てないような気がします。
それゆえ、自分の記憶を撮るために、まだまだフィルム写真は止められないんですね。^^

愛知県みよし市にて
Rolleiflex 2.8C
Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros (EI 100)
Fuji Super Prodol (SPD) (1:2, 8.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 6.0 CC

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by noblivion | 2016-01-17 05:00 | Rusty Scene | Comments(10)