Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2011年4月30日 残照の黄色いブルドーザー
b0175964_19363625.jpg

煙草を買いにコンビニに寄った際、その前の空地で見つけたブルドーザーです。
弱々しい夕方の日差しの中に浮かび上がるその姿は、実に哀愁が漂っていてフォトジェニック・・・これは撮らねば・・・
慌てて車のトランクからばけぺんをとりだし、このブルのところに駆け寄ってしまったのでありました。^^

さて、このブログも本日でちょうど2周年を向かえることになりました。
この2年間にご訪問いただいた方は、トータルで117,775人・・・一日平均160人強です。
現在までにアップした写真の容量は約133MBですからまだ余裕たっぷり、年平均68MB上げるとして、14年は持ちそうな感じです。
もっとも、フィルムがあと何年供給されるかがボトルネックなんでありますが・・・^^;;;

ヘタレな私が二年間もフィルム写真ブログを毎日更新できたのも、訪問してくださる皆様の暖かい励ましがあればこそ、心より感謝申し上げます。
これからも、つたない写真ですが、とりあえず毎日更新を目標に続けていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

愛知県愛知郡長久手町にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-30 19:58 | Rusty Scene | Comments(20)
2011年4月29日 つやを増す初夏の蔦
b0175964_18281846.jpg

日差しが段々と初夏のそれになってきましたね~。
冬の間はしょぼ~んとしていた蔦も、ギラギラとそのつやを増してきました。
モノクロフィルムらしい質感で撮ってみたかったので、一段アンダーの露出で撮ってみました。

Pentax 645
SMC Pentax 67 90mm/F2.8 with 6x7/645 adapter
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-29 18:30 | Seasonal Images | Comments(8)
2011年4月28日 街角のブロンド
b0175964_2010193.jpg

Kodak Ektar 100、コダックのフィルムらしく、少々黄色っぽく仕上がる傾向があるようです。
でも、欧米人の肌を綺麗に描くためには、このぐらい暖色系に偏ったほうが良いのかもしれませんね。
まわりの風景を基準にしてカラーを整えてみたら、看板のブロンドのおねえさんの肌がなんとなく青っぽくて、不健康・・・
なので、本来の色調のまま、トーンカーブだけの調整で仕上げてみました。

名古屋市千種区星ヶ丘にて
Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-28 20:15 | Snap Shooting | Comments(10)
2011年4月27日 牧場の四輪車
b0175964_13325263.jpg

近所の愛知牧場で見かけた「四輪車」・・・まず上はベビー・バギーですね。
下はフォードのトラクターです。
どちらも四輪ではありますが、まるで雰囲気の違う乗り物なんであります。^^;

b0175964_1333699.jpg

Kodak Ektar 100、光量がしっかりある場所だと暖かい発色で好ましいんですが、あまり光りがない場所だと、発色がいまいち・・・^^;;;
なんていうのかな~、バランスの悪い発色になってしまいます。
フジのリアラ・エースだと、曇天でもそれなりに落ち着いた発色になるんですけどねえ・・・
でも階調自体は悪くないので、B&Wにしてしまうことが多いですね~。^^;

愛知県日進市 愛知牧場にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Kaleinar 3B 150mm/F2.8
Kodak Ektar 100, Corel Paint Shop Pro Photo X2にてグレースケール化
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-27 13:37 | Still Life | Comments(12)
2011年4月26日 春の日差しを受けるトラクター
b0175964_2055798.jpg

春になって、またマッセイ・ファーガソンの赤いトラクターをフィールドで見かけるようになって来ました。
この185型は以前にも何回か撮っている個体ですが、いつも違う場所で見かけます。
一度でよいから、公道上を移動するときの雄姿を見てみたいものです。
でも、急いでるときは困りますけどね、トラクターの後ろには大名行列のように渋滞の列がつながりますから。^^;

105mm/F2.4を絞開放で撮りたかったので、C-PLフィルターを使って減光したら、ばっちりコントラストが付いてくれましたね。
このレンズ、絞開放で使っても解像度が高くてシャープな描写をするので、大きなボケと相まって楽しいレンズですね♪

愛知県みよし市にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with C-PL Filter
Kodak Ektar 100
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-26 20:59 | Tractors | Comments(8)
2011年4月25日 化石を含んだ大理石の手すり
b0175964_21322523.jpg

名古屋を代表する近代建築の一つ、名古屋市市制資料館の階段の手すりです。
階段とその階段室を取り巻く手すりは、全て天然の大理石でできており、近寄ってみると巻貝などの化石が埋没しているのがわかります。
また、大理石の間隙を埋めている煉鉄製の格子も、シンプルなアール・デコな意匠で見事です。

この建物ができたのは今から約90年前の1922年(大正11年)・・・今の時代では、とてもこんなに手間のかかる素材は使えないでしょうね。
いつまでも大切に保存して欲しいものです。

名古屋市東区白壁 名古屋市市制資料館にて
Pentax 645
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with 6x7/645 Adapter
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-25 21:41 | Old Buildings | Comments(8)
2011年4月24日 春の残照を浴びる原付
b0175964_20184145.jpg

樹齢1200年の枝垂桜を背景に、夕日の中にたたずむ原付です。
この原付、どうやらこのあたりの畑に農作業に来た方が乗ってきたものと思われます。
収穫した農作物を持って帰るのに便利なように、深くて大きなバスケットが付いていました。
よく見ると、鍵がつけっぱなしです・・・^^
日本の田舎はまだ治安がいいんだなあ、と思ってしまいました。

愛知県岡崎市奥山田町にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with C-PL Filter
Fujicolor Pro 160 NC
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-24 20:26 | Lights & Shadows | Comments(4)
2011年4月23日 室内に咲く桜
b0175964_13242921.jpg

相方がお茶の先生から桜の木の枝をもらったので、その小枝をガラスの花瓶に活けておいたら満開になりました。
花曇の薄日が射しこむ部屋の中で見る桜も、なかなかに味わい深いものでした。

このばけぺん用の90mmレンズ、中判用レンズとしては最短撮影距離が65cmと短いので近接用撮影に便利です。
アダプターをかませて645で使うと画角42度となり、135版換算で56mmのちょっと長めの標準レンズになりますね。
小型軽量でもあるので、ばけぺんで使うより645で使うほうが多いレンズとなってしまっています。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax 645
SMC Pentax 67 90mm/F2.8 with 6x7/645 Adapter
Neopan 400 Presto
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-23 13:32 | Flowers & Plants | Comments(8)
2011年4月22日 桜の似合う熟年カップル
b0175964_14561961.jpg

先日、桜の名所の山崎川で撮影をしていたら、「大きなカメラですね~」と、散歩をしていらした熟年男性に声をかけられました。
話を聞けば、昔、一眼レフで撮影をされていたそうです。

話も弾み、これも何かの縁・・・ということで、早速奥様ともども、私のポートレートのモデルになっていただきました。^^v
円熟の境地のお年頃の方のポートレートって、満開の桜に本当によく似合います。
ばけぺんの浅い被写界深度とあいまって、春らしい雰囲気が撮れたように思います。^^
なかなか知らない方のストリート・ポートレートを撮るチャンスは多くないんですが、快くモデルになっていただき、本当にありがとうございました。

名古屋市瑞穂区 山崎川にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 160 NC
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-22 15:01 | Portraits | Comments(12)
2011年4月21日 Swallows & Amazons forever
b0175964_21173723.jpg

2008年に英国南部を旅行したとき、Kent州のOxtedの街で購入した本です。
英国児童文学者のアーサー・ランサム(Arthur Ransome、1884年1月18日-1967年6月3日)によって書かれた「ツバメ号とアマゾン号」シリーズの中の三冊です。

このシリーズ、日本では岩波書店から翻訳が出ていて、今から40年以上前の小学生の頃に初めて読みました。
英国北部や東部の湖水地方で繰り広げられる少年少女の物語なんですが、英国らしい緻密で重厚なプロットにはまってしまい、その後私が英国好き、ヨット好きになる遠因となった本でした。

英国版のペーパーバックは全て持っていますが、オリジナルの版元であるジョナサン・ケープ版は持っていなかったので、オクステッドの古本屋さんで見つけたときについつい衝動買いしてしまいました。

なんでこんなものを撮ってしまったかと言うと・・・Fuji Pro 800の最後の1カットが残ってしまったからなんですね。
あと一枚撮れば現像に出せる・・・そういうときは、しょーもない身の回りのものを撮ってしまうことが多いですね~。^^;

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with Extension Tube #1
Fujicolor Pro 800
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2011-04-21 21:34 | Still Life | Comments(15)