Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2012年4月30日 パラソルの季節
b0175964_14375195.jpg

4月は一年の中で、もっとも温度差の大きな月なんだそうですね。
四月初旬は下手をすると雪が降るぐらい寒いときもあるのに、月末になると半袖で十分しのげるような初夏の日差しになってしまうときもあります。
お店のディスプレイも、そんな季節感を反映して、日傘が登場して来るんであります♪

b0175964_1438967.jpg

ここは、私の住む住宅街にある「サンデー・ママ」カンパーニュ店さん・・・昨日のRolleiflex Automat MXを試写したのと同じお店です。
自宅から車で5分と近く、店構えがお洒落な雑貨屋さんなので、新しい撮影機材を手に入れると、試写のためによく訪問するお店ですね。
このときも、ようやく手に入れたPentax 645の標準レンズ、SMC Pentax-A 75mm/F2.8の試写のためにやって来ました。

このレンズは1980年代製ですから、昨日の1950年代のZeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5に比べると・・・かなりモダンに写ります。^^
まあ、フィルムがIlford Delta 400ってのもあるかもしれません・・・モダンでハイコントラストなフィルムですもんね。
同じイルフォードでも、ローライフレックスMXには低感度な"Pan F Plus 50”、もしくは高感度でも"HP5 Plus 400"あたりの低コントラストなフィルムが似合いそうです。^^

さて・・・この銀塩写真ブログ、"Silver Oblivion"を始めてから、今日でちょうど3周年となりました。
飽きっぽい私が、3年間もメンドクサイ銀塩写真を続けてこられたのも、このブログを見に来てくださる皆様の応援のおかげです。
いつフィルムが供給されなくなるかわかりませんし、またいつ私の興味が衰えてしまうかわかりませんが、まだまだフィルム写真は楽しいです。
これからもヘタレなフィルム写真を撮り続けていきたいと思っていますので、なにとぞ応援をよろしくお願いしますね♪

愛知県みよし市ひばりが丘2-1-5 メグリア三好店 ガーデンテラス サンデー・ママ・カンパーニュ店にて
Pentax 645
SMC Pentax-A 645 75mm/F2.8
Ilford Delta 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-30 15:03 | Still Life | Comments(12)
2012年4月29日 Rolleiflexがやってきた♪
b0175964_2003051.jpg二眼レフの名機、Rolleiflexがやってきました♪
私は時々「二眼レフが欲しいよ病」の発作が起きることがあります。
今回の発作の原因は、蛇腹な6x6、Mamiya Sixが調子が悪くなったことから始まったようです。
120判フィルムが使える軽い中判ということで、軽量な昔の二眼レフが欲しくなったんですね。

先日の丸栄中古カメラ市の際にも、出物がないかチェックをしてきましたが、「コレは!」と言うブツには出会うことができませんでした。

また「モラヴィアの残照」と美しい名前で呼ばれる二眼レフ、Flexaretを譲っても良いという友人もいたんですが、「気が変わりました」とのことで肩透かしを食らってしまいました。

その日の夜、国際的オークションサイト、eBayでチェックしてみましたよ。
高嶺の花だと思っていたRolleiflexも、モノによっては、私でも十分手が届くことが判明しました。

送料込370USDで落札し、英国のウナギの街、ElyからやってきたのがこのRolleiflex Automat MXなんであります。

こんなに安かったのは理由があります・・・まずは1954年生まれで今年58歳のロートルだと言うことです。
さらに、レンズは有名なプラナーやクセノターのF2.8ではなく、半段暗いF3.5のTessarです。
それも、Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5です。
ツァイス・オプトンとは、旧カール・ツァイスが第二次大戦後に西と東に分裂したとき、オーバーコッヘンに移った西側のツァイスです。
東側のCarl Zeiss Jenaのほうが本家本元だとかいろんな話があって、オプトンはあまり人気がないんであります。



b0175964_1952283.jpg

英国の出品者から落札するブツはかなり早く届きますねえ、今回も1週間で到着しました。
早速、ネガ・カラー・フィルムのフジ・リアラ・エースを入れて試写してみたのがこれらの写真なんであります。
上は、オプトン・テッサー75mmの絞開放F3.5です。
悪くないんじゃないでしょうか・・・ピントの合ったところはきっちりシャープだし、ボケも良い雰囲気なんであります。

b0175964_19531549.jpg

今度はF11まで絞ってみました・・・さすが「鷹の目」テッサー、絞り込めばギャリギャリにシャープですね~♪
ちなみに、ここは近所の雑貨屋さん・お花屋さんなんですが、雰囲気が良いので新しい機材を手に入れると試写に来る場所なんであります。
フィルムはカラーですが、階調を見るためにあえてグレースケール変換してみました。
135判のオプトン・テッサー50mm/F2.8は、コントラストが強くて中間調が出ないと聞きますが、中判75mm/F3.5のテッサーはそんなことはなく、ブロードな階調のレンズのようです。

b0175964_19524841.jpg

日陰で良い色がでないので、モノトーン、それもセピア変換してみました。
う~ん、ええ感じなんであります・・・絞を開け気味で撮ると、ホワンとやわらかくて良いですねえ。
このセピアでブロードなトーンで、ポートレートが撮りたくなって来るんであります♪

b0175964_19533962.jpg

最短撮影距離付近で絞F5.6です。
ローライフレックスMXの最高シャッター速度は1/500なので、これがどピーカン時のISO100フィルム標準露出の絞りなんです。
とは言うものの、ラチが鬼のように広いネガ・カラー・フィルムですから、2枚目のようにF3.5の絞開放で撮ってもどってことないです。^^;

二眼レフの場合、このぐらい近づくとパララックスを考えて構図を考えなければならないんですが、思ったほどひどくはずれないようです。
ピントの合ったところはきっちり解像します。
また、テッサーはグルグルボケになるものもあるんですが、オプトン・テッサー75mm/F3.5のボケはあまりうるさくなくて好感が持てます。

b0175964_20362699.jpg試写してみて思ったことは・・・やはりローライ最高です♪
なんで二眼レフの世界で、ローライフレックスがかくも人気があるのか、とってもよくわかりました。

まず、オートマットと言うのがとても便利です。
私の持っている中判カメラは全てセミ・オートマットばかり、つまりフィルムを装填するときは、スタートマークを合わせてローディングしなければなりません。

ところがコヤツの場合は、所定の手順でフィルムを通してスプールに先端を入れた後は、裏蓋を締めてクランクを回していくと、自動的に一枚目が出て巻き止まるんであります。

オートマット用の特製ローラーを通る時に裏紙にフィルムの厚みが加わったのを自動検知するんですね。
また、クランクによる巻き上げも実にスムーズ、まさしくシルキータッチ・・・ゴリゴリした旧ソ連製のKiev 88Cとは大違いなんであります。

そしてフィルムを送った後、クランクを反転させてシャッターをコックするというのも実にスマートかつスムーズ・・・ドイツの科学力は世界一~と言いたくなってしまうんであります。^^

1930年代からこんな精密なカメラを作っていたとは・・・ローライ、さすがなんであります。

また、人気がないオプトン・テッサー75mmも、ヘタレの私が使う限りでは十分な描写力を持ったレンズです。
もちろんプラナー80mm/F2.8の方が良いに決まってるんでしょうが、上を見ればきりがありませんから。^^;

また、中判で1kgを切る軽量級と言うのもありがたいです。
これから暑くなる季節、気軽に持ち出せる中判というのは、もうそれだけで存在価値がありますもんね。^^v



愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Fujicolor Reala 100
Scanned by Epson GT-X770
Pentax K-5 & Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16) 1枚目と6枚目のみ
[PR]
by noblivion | 2012-04-29 21:15 | Hardwares | Comments(22)
2012年4月28日 うさぎさんの遊具
b0175964_2065720.jpg

公園に置いてある遊具は、動物をかたどったものが多いですね。
それもライオンとかキリンとかカバなどのエキゾチック系が結構多いような気がします。
子供でも、日常的な犬や猫だと面白く感じないのかもしれませんね。^^;
うさぎさんはどうなんだろう・・・さほどエキゾチックでもないけど日常的でもない、と言う絶妙の立ち位置にいる動物かもしれませんね。^^

名古屋市千種区鹿子殿 鹿子公園にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-28 20:10 | Still Life | Comments(2)
2012年4月27日 駐車禁止
b0175964_2151191.jpg

駐車禁止の看板にくっつくように停められた自転車・・・これって、ええんかいな・・・なんとなく気になってスナップしてしまいました。
まあ、よく考えてみれば・・・自転車を停めてはいけませんってことなら、「駐輪禁止」って書きますよねえ。
なので・・・これはお咎めなし、って状態なんでしょうね。^^;

名古屋市東区にて
The "Bakepen" - Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 160 NC
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-27 21:55 | Snap Shooting | Comments(6)
2012年4月26日 桜で溢れる自動車都市
b0175964_1617811.jpg

豊田市にはいくつもの桜の名所がありますが、個人的に好きなのは・・・トヨタ自動車の工場に咲く桜ですね~♪
どこにあるトヨタ自動車の工場でも、春になるとこんもりと見事な花盛りとなり、実に見ごたえがあるんですねえ。
こちらは元町工場の外周に咲く桜、道路にまでせり出して実に見事なんでありました。

b0175964_16172438.jpg

こちらはトヨタ自動車本社工場の桜ですね。
トヨタ自動車本社の所在地は、豊田市トヨタ町一番地と、実にわかりやすいんであります。
まあ、トヨタ自動車にちなんで市の名前を変えてしまったわけですから、一番良い住所がもらえても当たり前なのかもしれませんけどね。^^
ちなみに、豊田市はかつては挙母市(ころもし)と呼ばれていましたが、地名の「挙母」が読み難いのとトヨタ自動車のさらなる躍進を期待して、1958年に商工会議所から市宛てに市名変更の請願書が提出され、1959年に豊田市に変更になったんだそうです。

b0175964_16174330.jpg

愛知県の西三河地区は、トヨタ自動車への依存度が高い地域です・・・私ですら多少影響をこうむります。^^
つまり、トヨタが調子が良ければ日本にやってくるアメリカ人も増えて、日本語教師の需要も高まると言うわけですね。
今年はアクアや86の人気も高いようです・・・なんとか、満開の桜のように、トヨタやこの地域にとって良い年になって欲しいものです♪

愛知県豊田市トヨタ町にて
Pentax 645
SMC Pentax-A 645 75mm/F2.8
Ilford Delta 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-26 16:34 | Seasonal Images | Comments(7)
2012年4月25日 アーケード商店街のメイドカフェ
b0175964_13392287.jpg

名古屋が誇るアーケード商店街、大須の街はとてもエキサイティングなところで、行くたびに色々新しい発見があります。
先日も仁王門通りを歩いていたら、お店の前にメイド服をディスプレイしてあるのに遭遇しました・・・む~、これがメイドカフェか・・・^^
たまたまばけぺんを持っていたので、すかさずスナップしましたよ♪

帰宅後、ネットで調べてみたら、このお店は「Mai Leaf(メイリーフ)」と言う名前のメイドティールームなんでありました。
英国風のお屋敷をイメージしたクラシカルなメード喫茶なんだそうで、アフタヌーン・ティーなども楽しめるようです。
また、ブリティッシュな深緑のメイド服は、清楚さの中にもかわいらしさが溢れたものでしたね~♪
中に入るとメイドさんが「お帰りなさいませ、旦那さま」と先言後礼で出迎えてくれるそうです・・・う~ん、ちょっと見てみたいかも・・・^^;
50過ぎのおっさん一人では、さすがに入りにくいので、誰か一緒に行きませんか~、あはは♪^^;

愛知県名古屋市中区大須2-29-11 メイドカフェ「メイリーフ」にて
The "Bakepen" - Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 800
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-25 13:50 | Foods & Dining | Comments(8)
2012年4月24日 木組を照らす早春の光
b0175964_1611683.jpg

いわゆる「フィルム消化写真」であります。
あと一コマ撮れば現像に出せる、というとき・・・大体しょーもないものしか撮りませんね~。^^;
これはたまたま駐車場まで歩いていく時に、街路樹の木組みに当たる光が綺麗なので、「おーし、これで最後だ!」と思って撮ったものです。

この80mmレンズ、中判の標準レンズとしてはかなり寄れます。
ハッセルのプラナーやペンタコンシックスのビオメターは、1メートルが最短撮影距離ですが、このアルサットは60cmまで寄れてしまいます。
なので、しょーもないものを撮ってもボケの力でそれなりに見せてくれます・・・中判力があるって感じなんです。^^
中判力があるレンズって、ヘタレにはありがたいレンズですねえ♪

愛知県豊田市にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-24 16:25 | Still Life | Comments(4)
2012年4月23日 中古カメラを愛でる人々
b0175964_20564726.jpg

ゴールデンウィーク前の風物詩、丸栄中古カメラ市、今年も出かけてまいりました。
まずこちらは・・・中古カメラ市名物、ジャンク・コーナーです。
ここには使い物にならない本物のジャンクも出てきますが、時々はレアなお宝が格安に出てくることもあり、エキサイティングなコーナーです。
せっかくばけぺんにFujicolor Pro 800という高感度フィルムを入れたので、旧友のE君にモデルをお願いして、スナップしてみました。^^v

b0175964_2057858.jpg

二眼レフのカメラをじっくりと検分しているのは、全味協のEさん・・・お買い求めになったようです。^^v
リコーフレックスの最終系、ニューダイヤのようでしたが、程度もなかなか良くてお値段も魅力的でしたよね~♪

b0175964_20572472.jpg

中古カメラ市を冷やかした後は、東桜のタイガーカフェにてオフ会です。
ご参加の皆さん、楽しい時間をどうもありがとうございました・・・例によって、最後はお店の前で記念撮影なんであります。
次回は、GW明けぐらいに明治村にて撮影会オフという話もあります・・・また遊びましょうね~♪

名古屋市中区にて
The "Bakepen" - Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujicolor Pro 800
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-23 21:10 | Snap Shooting | Comments(17)
2012年4月22日 朽ち果てる・・・
b0175964_193452100.jpg

赤く錆びていく鉄の金具と、風化していく材木のコンビネーション・・・
モノノアハレを感じてしまう、大好きな被写体なんであります。
デジタルではあまり撮らないのに、フィルムだと俄然撮りたくなる被写体なんですが、なんでなんだろうなあ。^^;

愛知県日進市 愛知牧場にて
The "Bakepen" - Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
KODAK PROFESSIONAL PORTRA 160
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-22 19:45 | Rusty Scene | Comments(4)
2012年4月21日 ミニチュア風味のスーパーカー
b0175964_20232079.jpg

トヨタ会館に展示してあったトヨタオリジナルのスーパーカー、レクサスLFAです。
これはドイツのニュルブルクリンク・サーキットを走ったときの特別仕様モデルらしいですね。
中判最小サイズの645と言えど、さすがに中判のはしくれ・・・こういう被写体をにじり寄って撮ると、ボディの後半部はボケてしまいますね。
最近、デジカメの世界では「ジオラマ」というイフェクトが人気がありますが、中判のジオラマ効果はやはりデジタル処理とはかなり違いますね~♪

愛知県豊田市トヨタ町 トヨタ会館にて
Pentax 645
SMC Pentax-A 645 75mm/F2.8
Ilford Delta 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2012-04-21 20:27 | Still Life | Comments(8)