Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2013年6月30日 紫陽花は花火大会の夢を見るか
b0175964_23201748.jpg

6月もいよいよ今日でおしまい、明日からは7月なんであります・・・
本当に月日の経つのは速いですねえ、2013年も半分終わってしまいます・・・のんべんだらりと過ごしてしまったので、なんとなく焦ります。^^;

さて、6月を締めくくる写真として、先日撮ったあじさい、「墨田の花火」さんにお出ましいただきました。
このあじさい、不思議な名前ですが、ガクの形を見るとなんとなく納得できてしまったりします・・・どんと鳴った花火だ綺麗だな~、って感じ。^^v
例によって中間リングを付けて寄ってみました・・・ばけぺんの105mm、絞開放でもなかなかきっちり写ってくれますね。

RVPF、晴天の下で使うと赤と緑が際立つどぎつい発色になりやすいですが、曇天下だとさほど気になりませんね。
曇天を選んで撮ってみるのも面白そうです♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with Extension Tube #1
Fujichrome Velvia 100F (RVP F)
[PR]
by noblivion | 2013-06-30 06:00 | Flowers & Plants | Comments(10)
2013年6月29日 遅延する左側
b0175964_21444940.jpg

Kiev 88C、せっかくレンズ交換式のカメラですから、たまには中望遠のKaleinar 3B 150mm/F2.8を付けてみました。
このレンズ、絞開放で被写体を浮かせて撮ることが圧倒的に多いんですが、こういうちょっと離れた場所にある工場などを撮るときは絞ります。

後期のペンタコン・シックス・マウントなので、一応自動絞になっているんですが、シャッターを押したときに絞の閉じるスピードがとろいのですよ。
これはISO50のフィルムでどピーカンの日にF11ぐらいまで絞ってますから、SSは1/60秒ぐらいでしょう。
「ぼしゅ~」とシャッターが下りてから瞬時には絞られません・・・「とろりろりん♪」という感じで絞られます。
これ、左側がいくぶんか露出オーバーになっているのは、それが原因なんじゃないでしょうか。
ちなみに、絞を開けて写すとこういうムラは発生しないのですよ。

ばらして絞羽根をベンジン浴でもさせれば機嫌がよくなるのかもしれませんけどね。
でも、めったに絞って撮らないので、つい面倒になって放置状態です。^^;

名古屋市港区汐見町 九号地にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Kaleinar 3B 150mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-29 06:00 | Rusty Scene | Comments(10)
2013年6月28日 夏草に囲まれるフォード・トラクター
b0175964_12135646.jpg

今日は「撮り虎」であります。
豊田市北部の丘陵地帯で見かけたFORDのトラクターです。
このフォード、いつ見てもこの場所に放置されており、「撮り虎」フェチにはたまらない獲物なんであります。

最初はProvia RDPIIIを詰めたArsenal Kiev 88Cで撮り、その後Olympus Pen mini E-PM1で撮り、Nikon D600でも撮りました。
でも・・・真四角な6x6で撮った奴が一番好きです。

デジタル写真ブログにも書いたように、一つの小宇宙を形成するような落ち着きのある真四角構図、大好きなんであります。
なので、またしても6x6のRolleiflexで撮ってしまいました。^^;

愛知県みよし市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-28 06:00 | Tractors | Comments(12)
2013年6月27日 怒りの錨
b0175964_176599.jpg

知多半島の一番南、師崎(もろざき)漁港で見かけたアンカーです。
びっしりとフジツボに覆われております・・・これ、かなり長い間水中にあった感じですね。
鉄の塊ですから、動きさえしなければ岩と同じで落ち着けるんでしょうが、引き上げられたときには、フジツボさんたち、あせったでしょうねえ。^^;
「う、うそだろう・・・そんな話、聞いてねえぞ・・・」
予想だにしなかった錨の動きに、さぞや「怒り」狂ったんじゃないでしょうか~。^^;

愛知県知多郡南知多町 師崎漁港にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujichrome Velvia 100F (RVP F)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-27 06:00 | Rusty Scene | Comments(7)
2013年6月26日 美濃電は冷凍ミカンの思い出
b0175964_971050.jpg

私は幼いころ東京に住んでいましたが、母の実家は岐阜県関市にありました。
そのため、母の実家に帰るときには東海道線で岐阜駅まで行き、そこから徹明町経由で美濃電に乗り換えて関へむかったものでした。
昭和30年代の鉄道旅行、時間はかかりましたが楽しかったですね。
母に冷凍ミカンを剥いてもらい、それを食べながら車窓からの風景を見たり故郷の話を聞く・・・もっと長く電車に乗っていたいと思ったものです。

先日、ペンタックスリコー写真塾の街歩きで岐阜市に行きましたが、そのときに懐かしい出会いがありました。
JR岐阜駅から柳ヶ瀬に向かって歩いていく途中の金公園で、こんな路面電車が静態展示されているのを見つけたのです。
この路面電車、この写真ではわかりにくいですが、運転席の後ろに丸窓があるのが特徴です。
これ、どっかで見た覚えがあるなあ・・・と思って、撮影後調べてみたら、まさしく幼い時に見たあの美濃電だったのです。^^
おお、そうだったのか・・・
亡き母との楽しい旅行が思い出され、思わず遠くを見つめる視線になってしまいました。

この美濃電510型は1926年に建造され、その後改造を受けながら21世紀初頭まで営業運転に充てられていたそうですが、2005年4月1日に全線が廃止されてしまいました。
この大正生まれのノスタルジックな美濃電、デジタルでも撮りましたがやはり敬意を表すために、ばけぺんで撮ってやりました。
うむ、浅い被写界深度の中に浮き上がる感じが実に良いんであります♪

岐阜県岐阜市金町5 金公園にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 67 105mm/F2.4
ILFORD FP4 PLUS 125
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-26 06:00 | Still Life | Comments(12)
2013年6月25日 マヤ風味なアールデコ
b0175964_1332956.jpg

明治村を代表する建築物、帝国ホテルのエントランスの造形を切り取ってみました・・・大谷石とスクラッチタイルのデザインが美しいです。
このホテルを設計したのは近代建築の四台巨匠のひとり、フランク・ロイド・ライトです。
ちなみに残りの3人はル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエ、ヴァルター・グロピウスですね。

ライトの作風は、アールデコのコンテキストではありますが、コルビュジエやグロピウスのように徹底した機能主義、無機質的作風とはちょっと違う感じです。
コルビュジエによって「装飾過多」だと批評されたように、ライトのデザインは直線基調ながらも有機的で原始的なルサンチマンを感じさせます。
この意匠は中央アメリカのマヤ文明あたりからの影響なんだとか・・・そういや、なんとなくそんな感じなんであります。^^

愛知県犬山市明治村にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-25 06:00 | Old Buildings | Comments(10)
2013年6月24日 Shallow DOF in Hydrangeas
b0175964_23184255.jpg

今年はまだアジサイの写真を撮っていなかったので、ばけぺんで撮ってみました。
相方が活けたアナベルとがくあじさいの入った花瓶を庭のテーブルの上に持ち出し、どうやって撮ろうか考えることしばし・・・
普通に撮っても面白くないので、中間リングを付けてにじり寄ってみました・・・うむ、被写界深度1~2cmかな。
全然マクロって言うレベルの距離じゃないのに、すごくマクロみたいな緊張感があります。^^;
やはり中判の被写界深度は浅いですね。

日本語では被写界深度と言いますが、英語では"Depth of Field"、省略してDOFと言うことが多いですね。
"What a shallow DOF!(なんて深度が浅いんだ~)"みたいな感じで、Flickrのコメントなどでも使われているようです。^^

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with Extension Tube #1
Fujichrome Velvia 100F (RVP F)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-24 06:00 | Flowers & Plants | Comments(14)
2013年6月23日 GWの化学工場
b0175964_2337268.jpg

化学工場、操業をストップすると効率が悪いせいか、普段は週末も稼働していることが多いように感じます。
この工場、デジタル版はすでにあげてますが、さすがにゴールデンウィークなので、ほとんどひと気がありませんでした。
フェンスの間からRolleiflexのレンズ部分を侵入させ、工場萌え♪な写真を撮ってみました。
このカメラはレンズが小さく、こういう技が使えますが、同じ中判でもばけぺんのようにレンズ径が大きなカメラには不可能です。^^

愛知県みよし市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-23 06:00 | Rusty Scene | Comments(6)
2013年6月22日 叫ぶ樹木
b0175964_14142486.jpg

名古屋の広小路通り、たくさんの彫刻が設置されております・・・この写真でも左側に少女像が写っています。
でも、ばけぺんの165mm、F5.6まで絞ってもボケが大きすぎるなあ・・・よくわからないかも~。^^;

ま、それはさておき・・・
この写真で撮りたかったのはこの樹木の口なんであります。
なにかを一生懸命叫んでいるように見えませんか?
私には「撮ってくれ~」と叫んでいるように見えたので、「しばし待たれい・・・」とばけぺんを取り出して撮影してあげました。^^v

これ、枝が折れた跡が広がってこんな感じになってしまったんでしょうね。
自然の創る彫刻も、人間の造る彫刻に負けず劣らず、なかなかシュールな味わいに満ちているんであります♪

名古屋市中区 広小路通りにて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Pentax 67 165mm/F2.8
Fujichrome Velvia 100F (RVP F)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-22 06:00 | Snap Shooting | Comments(8)
2013年6月21日 Dazed And Confused
b0175964_10291578.jpg

GWにモリコロパークに行ったときに目についた自動二輪です。
このメタリックな光沢、官能的な曲線・・・思わず幻惑されてしまいました。
たまたまIlford Pan F Plus 50を入れたKiev 88Cを持っていたのがラッキーです・・・このフィルム、金属光沢を撮るならベストのフィルムです♪
ISO50という低感度ですが、シャドウが粘るのでアンダー気味に露出してもつぶれにくいんですね。^^v

さて・・・「幻惑されて」と言えば、英国のロックバンド、"Led Zeppelin"のデビュー・アルバムに収録されていた"Dazed And Confused"の邦題ですね。
この頃のレッド・ツェップ、めちゃんこかっちょよかったなあ・・・
初めて聞いた時私は中学生でしたが、それまで聞いていたポップチューンとはまるで違う音作りにまさしく幻惑されたのでありました。^^

彼ら、とっくに還暦を過ぎてますがまだ元気です・・・
2007年にはアトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンを追悼する一夜限りの再結成ライブをやりました。
そのときの演奏から"Black Dog"をどうぞ~♪



いいなあ、こういう過激なじーさんたち。^^;
ロバート・プラント、まだこんなに声が出るんだ・・・ジミー・ペイジは白髪になっても存在感たっぷり、ジョーンジーは別人かと思った。^^;
ドラムスはボンゾの息子のジェイソン・ボーナムですが、親父さんそっくりのドラミング・・・驚きました。^^

愛知県長久手市 茨ケ廻間乙1533−1  愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にて
Arsenal Kiev 88C
Arsenal Arsat C 80mm/F2.8
Ilford Pan F Plus 50
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-06-21 06:00 | Still Life | Comments(10)