Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2013年11月30日 RVPFな紅葉
b0175964_13193466.jpg

11月も今日でおしまい・・・明日から師走なんであります。
今年は写真塾に参加したせいか、今まで惰性で撮っていたような紅葉写真を撮らなくなってしまいました。
紅葉の名所に行って、他のフォトグラファーに混じって写真を撮る・・・悪くはないんですが、誰もが撮るような写真が多くなってしまいます。
それ、俺じゃなくても撮れる写真だよな・・・と思ったら、なんか急に面白くなくなってしまいました。^^;

でも先週、覚王山の揚輝荘に行ってきました。
明日、「全日本味噌煮込写真家協会」の友人たちとここで撮影会をやるので、紅葉の色づき具合の下見をしてきた、と言うわけです。
揚輝荘の北園の中に入ってみると・・・おお、ちょうどあと1週間で絶好調って感じの色合いになってました♪

で・・・やはり楓の紅葉を撮ってしまったのですねえ、この1枚だけ。^^v
RVPFが一本残っていたので消化しなければならない・・・RVPFならやっぱりこれを撮るしかないだろう、ってことですね、あはは。^^;
135判の28㎜相当の広角、55㎜/f4ですが、相変わらずばけぺんの広角は広角っぽく写らないですねえ。^^

名古屋市千種区法王町2丁目5−21 揚輝荘にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Pentax 6x7 55mm/F4
Fujichrome Velvia RVP 100F
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-30 06:00 | Seasonal Images | Comments(12)
2013年11月29日 およそ90度の晩秋
b0175964_10315558.jpg





b0175964_10321569.jpg






b0175964_10465262.jpg



前にアップした透過光のナンキンハゼと同時に撮ったもので、チマチマと1枚ずつアップしようと思ってましたが、まとめて残りをアップします。
いや、自家現像し始めたら在庫がだぶついて来ているんです、あはは。^^;
タイトルも、「深まりゆく晩秋」シリーズにしようかと思いましたが、たった2回で終わるシリーズもなんだかなあ・・・って感じです。
なので、仕切りなおして違うタイトルにしてしまいました。^^;

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-29 06:00 | Seasonal Images | Comments(8)
2013年11月28日 チャーミングなウケクチ
b0175964_18525185.jpg

秋の日差しを浴びて休憩中の赤いトラクター、Massey Ferguson 185であります。
マッセイの100シリーズ、どことなく「受け口」な顔つきに見えるんですよね・・・そこがとってもチャーミングに見えるんであります♪
もともとは北米生まれではありますが、英国でも生産されていたせいか、どことなく英国車っぽいキャラを持ってます。
トラクターにしても自動車にしても航空機にしても、英国車って「ブサメン」が持ち味なんであります♪
例えばフォードソンのメージャー、BMCのウーズレー、ホーカー・タイフーン、すべてブサメンですが存在感ありまくりなんであります♪

愛知県みよし市にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Pentax 6x7 165mm/F2.8 with Variable ND Filter
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-28 06:00 | Tractors | Comments(14)
2013年11月27日 晩秋の町工場
b0175964_12574116.jpg





b0175964_12575258.jpg





b0175964_1258693.jpg



ススキを前景にした工場、午後の日差しを受けるバルブ群、長く伸びた影のかかる波板外壁・・・豊田市でよく見かける晩秋の風景であります。
こういうシーン、カラーで撮ってもあまり心に響いてこないんですが、B&Wフィルムだとなかなか良い味わいなんであります。
やはり被写体によって撮影機材を選ばないといけません。^^v

さて、フィルムの自家現像を始めるようになったので、久しぶりにKodak T-MAXで撮ってみました。
このフィルム、ラボに出すと法外に現像料が高いです・・・専用現像薬を使わなければならないので、一本あたり1000円以上するんです。^^;
常用するにはあまりに不経済なので、ここ4年ぐらい使ってませんでした。^^;
でも、自家現像ならT-MAXでも一本あたり約50円で現像できてしまうので、とても安上がりなんであります♪

で、早速現像してみましたよ。
T-MAX、フィルムベースが分厚いんです、持ってもイルフォードのフィルムのようにヘナヘナしません、現像リールにもすごく巻きやすいです。
また、乾燥してもほとんどカールせず板のようにフラットですから、スキャンもすこぶるしやすいフィルムです。
肝心の写りも、相変わらず良いですねえ♪
トーンが柔らかくて女性的な印象のネオパン100アクロスに比べると、より男性的で骨っぽい硬質な描写ですね。
階調はアクロス同様に広いように見えますが、メリハリがあると言うかシャープネスが強いというか、モダンでデジタルっぽい雰囲気です。
どちらも捨てがたい味わいがあるので、しばらくはアクロスとT-MAXを撮り比べてみようと思ってます。^^

愛知県豊田市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak Professional T-MAX 100 with T-MAX Developer (1:4, 7.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-27 06:00 | Seasonal Images | Comments(16)
2013年11月26日 晩秋の日差しを浴びる土管群
b0175964_12565677.jpg

「きららの森」の紅葉を見に行った際に見つけた土管群です。
紅葉は美しいとは思いますが、それほど積極的に撮ろうとも思いません・・・2コマも撮ると、もう飽きてしまいます。
でも、こういう被写体にはひっじょーに惹かれるんですよね・・・「ね、お願い、撮ってね」と言っているように見えるんであります。
う~む・・・俺の感受性、どっか問題があるんだろうか・・・^^;

愛知県北設楽郡設楽町にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Pentax 6x7 165mm/F2.8 with Variable ND Filter
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-26 06:00 | Rusty Scene | Comments(16)
2013年11月25日 晩秋の鉱山にて
b0175964_21273454.jpg






b0175964_21274554.jpg






b0175964_21283729.jpg



先日、道の駅「瀬戸しなの」に立ち寄りました。
駐車場の外に、なにやらとっても魅力的なものが見えております・・・こりゃなんぞの工場かも・・・
近寄ってみたら、こんな風景が展開しておりましたよ。
工場ではなくて鉱山だったんですが、写真集団「錆銀」のメンバーとしては、猫にマタタビのような被写体なんでありました。

ところで先日、現像時のムラに関して書きましたが、このフィルムから撹拌方法を変えてみたら、ムラがなくなりました。
パターソン・タンクなので、撹拌棒を入れてぐるぐるかき回すんですが、勢いよく回しすぎて、リールの上下に強い過流が生じたのかも・・・
「錆銀」のメンバーであるRickyさん風つかいさんのアドバイスで、タンクの上下を1分間に4回ほど天地逆転して撹拌するやり方に変えました。
すろと・・・あ~ら不思議、こういう空が大きく写ったコマでさえも、現像ムラは出現しなったんであります。^^
Rickyさん、風つかいさん、どうもありがとうございました♪

愛知県瀬戸市品野町にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-25 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(11)
2013年11月24日 猫が招く街角
b0175964_19495652.jpg


土をこねて作られた土雛風の招き猫さんであります。
右手を上げておりますので、「お金招き」の招き猫さんですね。

b0175964_19501064.jpg

こちらも「お金招き」の猫さんですが、上の個体とは首輪の色が違いますね。
もちろん「人を招く」左手あげの猫さんたちもたくさんいました。
ここは愛知県の山間部、足助町の旧市街です。
新町と言われるあたりなんですが、ここのメインストリートには招き猫さんがたくさんディスプレイされていて楽しいです♪

さて足助町と言えば、香嵐渓・・・紅葉の名所なんであります・・・この写真を撮ったのは11月1日、まだ紅葉の「こ」の字もなく、のどかでした。
でも今日はお天気もいいし、紅葉も最盛期とあって、とんでもなく混雑しているでしょうねえ・・・R153、大渋滞必至です。^^;
猫さんたち、一生懸命招いた成果ですねえ♪

愛知県豊田市足助町にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Pentax 6x7 55mm/F4
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-24 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(14)
2013年11月23日 光あふれるローカル駅
b0175964_2159141.jpg







b0175964_21591890.jpg




ひなびたローカル駅の風情・・・デジタル写真ブログではすでにご紹介済みの明智鉄道、岩村駅であります。
無人駅の多い明知鉄道の駅の中では、ちゃんと駅員さんもいる立派な駅なんですが、喧騒とは程遠い静けさのみが印象的な場所でした。
平和でのどかでちょっと寂しい晩秋の明るい日差しが、その静けさをさらに際立たせていたように感じました。

この日は、ソフトフォーカスなSMC Pentax 67 Soft 120mm/F3.5で撮っていたんですが、この二コマだけ、105㎜/F2.4で撮りました。
滲むソフトフォーカスの風情も捨てがたいですが、こういう鉄ちゃんシーンは、ガチなモノクロームで撮りたくなったんですね。

連写の効かないばけぺんで、じっくり構図を決め、露出を考え、フォーカシングを追い込み、裂帛の気合でもってシャッターを切る・・・
「ばしゃこ~ん・・・」
山間ののどかなローカル駅に、存在感たっぷりのばけぺんサウンドが響きわたっておりました♪

岐阜県恵那市岩村町2367-2  明知鉄道明知線 岩村駅にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4 with Variable ND Filter
Neopan 100 Acros
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-23 06:00 | Still Life | Comments(12)
2013年11月22日 犬と散歩する人々
b0175964_11461127.jpg


一本木写真に見えますが・・・
実は、わんこ散歩写真のスナップなんであります。

b0175964_11462528.jpg


こちらも石造りのモニュメントが主題に見えますが、その右に見える豆わんこと豆人物が主役なんであります。
近寄って撮ると不審者扱いされるし、写真としてもおもしろくないので公園のスナップの添景として入れさせてもらいました。



b0175964_11464692.jpgさて、この2枚の写真、実は現像ムラが凄かったんです。
左の写真がオリジナルです。
画面の左右両端が白っぽくなっておりますが、これが現像ムラで、これを回避するためにトリミングしました。

もちろん、Lightroomの段階フィルターでも修正できそうです。
でも、気持ちが悪いので、抜本的な現像ムラ解決のために、トラブルシューティングをしてみました。

このムラ、現像リールで考えると上下端に発生しています。
そこが過現像気味になっているということは・・・撹拌ムラかと。^^;

パターソンの現像タンクは撹拌棒を入れてかき回すタイプです。
どうやら勢いよく撹拌しすぎて、タンクの上部と下部で過大な過流が発生し、それによって上下が過現像になってしまったのではないでしょうか。

幅の広い120判フィルムはムラが出やすく、特に空を多く写すと出やすいようです。
次回の現像時には、そろーりそろーりと撹拌棒を回してみることにしてみます。^^;



愛知県みよし市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Fuji Microfine (Stock, 10 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-22 06:00 | Snap Shooting | Comments(12)
2013年11月21日 人待ち顔な折りたたみ椅子
b0175964_19195458.jpg

デジタル写真ブログの方にも大須の写真を乗せたので、フィルム銀塩写真ブログにも大須の写真を・・・
大須って、写真愛好家にとっては被写体が多くて楽しい場所なんです。
名古屋のアマチュアフォトグラファーの間では、「撮るものがないときは大須に行け、何かは見つかる」と言うのが合言葉になっております。^^v

さて、この折りたたみ椅子・・・
表通りを歩く人に座ってもらいたがっているように見えました。
一頃「人待ち顔のほにゃらら」と言うシリーズ、連作で撮っていたことがあります・・・「人待ち顔のベンチ」「人待ち顔の歯ブラシ」「人待ち顔な自転車」「人待ち顔の秋の看板」など・・・

この「人待ち顔シリーズ」、シュールであればあるほど面白そうだったので、「人待ち顔の炊飯ジャー」とか「人待ち顔のレバニラ炒め」とか「人待ち顔のガスメーター」とか、撮る予定だったんですけど、結局撮れてません・・・^^;
シュルレアリスト・ロートレアモンの「手術台の上のミシンと蝙蝠傘の出会い」、このぐらいインパクトのあるタイトル、私もつけてみたいなあ・・・

お~し、また「人待ち顔シリーズ」、再開してみようかなあ、今度はフィルム写真で。^^

名古屋市中区 大須にて
The "Bakepen" Pentax 67
SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by noblivion | 2013-11-21 06:00 | Still Life | Comments(14)