Copyright (c) 2009-2016 Noblivion All Rights Reserved
<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2014年3月31日 桜の季節の奏楽堂
b0175964_1754258.jpg

名古屋の代表的公園の一つ、鶴舞公園が気持ちの良い春の日差しを浴びていました。
この奏楽堂は、愛知県の近代建築をたくさん設計した鈴木禎次工学によって明治43年に設計された建築です。
アールヌーボーを取り入れたイタリアルネサンス風の意匠がフォトジェニックなんであります。
なお、背景に写っているドイツ表現主義っぽい四角い建物は名古屋市公会堂ですね。
また、背景に帯状に白く見えるのは七分咲きの桜です・・・いつ見ても美しい奏楽堂ですが、桜の季節は一層綺麗に見えるような気がします。^^

さて、今回使ったフィルムはKodak T-MAX 100であります。
このフィルム、コントラストが高いので紙焼きするにはメリハリがあって良いんですが、スキャンするにはもうちょっとゆるいほうがありがたい・・・
なので、EI50の減感撮影・現像でやってみました。

現像液は純正のT-MAX Developer・・・ただ、ネットで検索してもEI50での現像時間が見つかりません。
ISO100のまま、T-MAX DeveloperのStockで現像すると7.5分@20度Cとなってますので、とりあえず6.5分で現像してみました。

結果は・・・悪くはないです・・・EI50で6.5分の現像時間はぴったりのようだし、粒状も十分に細かいです。
ただコントラストは・・・う~ん、相変わらずくっきり強めです・・・スキャンしただけのすっぴん画像↓ですら、十分なコントラストがあります。
シャドウ側のトーン、粘らずにいきなり落ちてる感じだし、ハイライト側もいきなりすっ飛んでる風に見えます。

前にT-MAX 100をPerceptolで撮影・現像(ISO100)した時には、もっと緩いトーンでした。
やはりT-MAX Developerって、基本的に増感現像用の現像薬で、減感現像には向かないのかもしれません。
そして、6分半という短い現像時間では現像が早く進みすぎて、シャドウ側のトーンがなだらかにはなりにくいのかも。
やはりメトール系の超微粒子現像薬、Ilford Perceptolや富士ミクロファインなどで、じっくり時間をかけて現像したほうが良いのかな。^^;

名古屋市昭和区 鶴舞公園にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak Professional T-MAX 100 (EI50)
Kodak T-MAX Developer (Stock, 6.5 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3

こちらがスキャン直後の画像です♪
[PR]
by noblivion | 2014-03-31 06:00 | Old Buildings | Comments(10)
2014年3月30日 黄昏の廃工場
b0175964_19409.jpg

長年風雨にさらされて味わい深い表情になった波板スレート外壁・・・先日、デジタルバージョンをアップした廃工場です。
元来は珪砂工場だったようですが、閉鎖されてかなりの年月になるようで、どこを見ても赤錆が卓越する状況でした。

もう誰もやってこず、何もつくり出さない廃工場・・・そこに夕日によって形作られた斜めの影がかかる・・・
う~ん、哀愁を感じざるを得ませんねえ。

愛知県瀬戸市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Ilford Perceptol (Stock, 15 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-30 06:00 | Rusty Scene | Comments(8)
2014年3月29日 "Joy Spring”なショーウィンドー
b0175964_2159353.jpg

ここ1週間ぐらいで、めっきりと春めいて来ましたねえ♪
おっさんになっても、春になると心がウキウキしてきます・・・春に生まれたからなんでしょうか。

このショーウィンドー、デジタルでも撮ってますが、やはりB&Wフィルムで撮ったこちらの方が好みなんであります。^^
せっかくなので春色に染めてやりましたよ、うししし。^^v

それにしても麗らかな陽気・・・ついついブラウニーの"Joy Spring"を口づさみたくなるような気分なんであります♪



名古屋市中区栄にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford Perceptol (Stock, 11.75 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-29 06:00 | Snap Shooting | Comments(8)
2014年3月27日 建設途上の未来都市
b0175964_2011211.jpg

わが町の隣駅、浄水駅です。
近年発展著しく、巨大なクレーンが新しい集合住宅を次から次へと組み上げていきます。
この様子、私が子供のころに読んだ少年漫画雑誌に出てくる未来都市って雰囲気なんですよね~♪
デジタル写真ブログでもご紹介しましたが、とても豊田の田舎の風景とは思えないサイバーぶりなんであります。^^;

愛知県豊田市浄水町伊保原243 名鉄豊田線「浄水駅」にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Ilford Perceptol (Stock, 15 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-28 06:00 | Japanese Landscapes | Comments(10)
2014年3月27日 天然のトリさん、人造のトリさんにとまる
b0175964_19421760.jpg

名古屋の真ん中、久屋大通りに設置された彫刻です。
ここ、鳩さんたちの格好の休憩場所になっており、だまし絵的な状況が楽しくて撮ってしまいました。^^
左端の女の子が掲げている鳥さんは塑像の一部ですが、その上に停まっている鳩さん二羽は、天然もんなんであります♪
右下の子の上に停まっているのも天然もんだと思います・・・あれ、人造かな・・・紛らわしいなあ。^^;

それにしてもIlford FP4+ with Perceptol、シャドウの階調がよく粘りますねえ♪
ほぼ逆光なので、ディープシャドウが潰れそうなんですが、意外や意外、がけっぷちでねぱっている感じなんであります。^^v

名古屋市中区栄にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford Perceptol (Stock, 11.75 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-27 06:00 | Sculpture | Comments(10)
2014年3月26日 街のアイビー
b0175964_19525295.jpg

「街のアイビーリーガーズ」と言えば、往年のメンズファッション雑誌"Men's Club"の人気企画でしたね。
日本津々浦々の街角で撮影された、IVYファッションに身を包んだナウでヤングなワカモノたちが登場するページでした。^^;
いわゆる「読者モデル」って奴の走りだったのかもしれません。

1960年代中頃に青春時代をおくった方々、私より少々年齢層が上の団塊の世代の方が一番懐かしいんじゃないかな・・・VANとかね。^^
私も中学から高校時代にかけてその洗礼を受けてます・・・でも、我々の世代の学生時代のファッション、びみょ~でしたねえ♪
パイプドステムのパンツにボタンダウンシャツ男がいるかと思えば、ベルボトムジーンズでアフロヘアの奴もいる、と言う状況でした。^^;
その後、マウンテンパーカやダウンジャケット、ネルシャツなどがマスト・アイテムとなる、ヘビー・デューティ・アイビーなんつーのも出て来ました。
その頃の好みがいまだに影響しているようで、Eddie BauerやL.L. Bean的アメリカ通販系カジュアルは大好きですけどね。^^

で、これは「街のアイビー」なんであります・・・蔦そのもの・・・蔦の絡まる校舎とか関係なしです。^^;
春になって艶を増してきたアイビーさん、パーセプトールでEI50現像したFP4+にぴったりの被写体なんでありました♪
Rolleiflexのシャッタースピードの最高速は1/500、こういうどピーカンな状況での順光では、EI125だとF5.6が適正露出となってしまいます。
Tessar 75mm/F3.5を絞開放で撮るには、EI50ってありがたいんであります。^^

名古屋市中区栄にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford Perceptol (Stock, 11.75 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-26 06:00 | Still Life | Comments(8)
2014年3月25日 アルマーニなコンポジション
b0175964_2363050.jpg

週末のショッピングストリートスナップ、Rolleiflexも持って行きましたよ♪
都会的な写真もたまには撮りたかったので、エンポリオ・アルマーニの路面店の店構えを撮ってみました。
ガラスの扉の向こうに見えるお店の様子と、外の風景の映り込みで、なかなかフォトジェニックに見えました♪

映り込みついでに、セルポ風味も意識してみました。
これ、アメリカのアマチュア写真家、Vivian Maierさんの影響です。^^;
このヴィヴィアンさん、乳母が本職で、生前はいっさい写真を発表することなく2009年に亡くなりました。
死後、彼女の残した膨大な数の写真が発見され、そのクォリティの素晴らしさに写真界ではセンセーションが起きました。
彼女が56㎜x56mmの真四角の画面に閉じ込めたBlack & Whiteの世界は、まさしく完成された小宇宙に見えました。
彼女は、お店のショーウィンドーや鏡を使ってユニークなセルフポートレートをたくさん撮っています・・・それに触発された、と言うわけです。

しかし・・・これはいかにも小さすぎる・・・わかりますか、画面中央部やや左下にRolleiflexを構えたおっさんが写っているのが。^^;
また次回、どっかでやってみようっと・・・豊田市美術館か名古屋でんきの科学館あたりかな。^^

さて、久しぶりにIlford FP4 Plus 125で撮影しました・・・このフィルム、本来はISO125ですが、自家現像なのでEI50で撮ってみました。
現像液はイルフォード純正のパーセプトールです・・・例によって"Digitaltruth"で撮影諸元を確認しました。
FP4+のEI50でパーセプトールのストック現像は9分・・・4本目の現像なので、疲労度を考慮し9分x130%=11分45秒で現像しました。

現像の上がったFP4+をさっそくスキャンしてみると・・・お~、今までのFP4+のイメージとはまるで違う滑らかさであります。
もう眠いぐらいにゆるく微粒子な階調のネガが得られたのであります♪(↓下記のリンク先、ご参照ください。)
今までお店で現像してもらっていたFP4+って、少々粒状荒れ気味のハイコントラスト系だったように思うんですが、パーセプトール恐るべし・・・

階調がこれだけ豊富なら、煮ても焼いても食える、って感じなんであります♪
ネオパン100アクロスもなだらかで素直な階調ですが、FP4+はイルフォードらしく、シャドウ側に馬力がある滑らかさなんであります。
う~む、FP4+、君はこんなに素敵なフィルムだったのか、見直したぞ~♪

名古屋市中区栄にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Ilford FP4 Plus 125 (EI50)
Ilford Perceptol (Stock, 11.75 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3

Ilford FP4+、スキャン直後はこんな感じです。^^;
[PR]
by noblivion | 2014-03-25 06:00 | Snap Shooting | Comments(14)
2014年3月24日 家を守る神
b0175964_22314876.jpg

ちょっくら、バリ島まで行ってきました・・・
と言うしょ~もないウソをつきたくなるぐらい、リトルワールドの「バリ島の貴族の家」は完成度が高いですね。
バリ島から大工さんや石工さんを呼びよせて作った、とのことですから、まあ当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが。^^
こちらはバリ島に行くと至るとこでお目にかかるヒンドゥな神像です。
邪悪なものが家に入って来ないように、こういう恐ろしい形相の神様を入口に置いて守ってもらうんでしょうね。
「こっから中に入ったら、だちゃかんぞ、えか!」って感じの剣呑な表情ですもんねえ・・・あ、バリ神像は名古屋弁は使わんのか。^^;

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Kodak Professional T-MAX 100 with Ilford Perceptol (Stock, 13 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-24 06:00 | Sculpture | Comments(8)
2014年3月23日 米国製自動二輪
b0175964_184131.jpg

路上に停められたHarley Davidson・・・
大型自動二輪のみがもつ、ほれぼれするような存在感にあふれておりますねえ。^^
クロム鍍金の輝き、磨き込まれたタンク、綺麗に掃除されたレザーシート・・・ほれぼれしてしまうんであります♪
ネオパン100アクロス、いたって素直な特性の白黒フィルムなので、こういう質感描写には長けているような気がします。
ディーペストシャドウからハイエストライトまで、丁寧に律儀に描写してくれ、デジタルでは出しにくい柔らかな階調でつながるんであります♪
なお、この時のロールは純正現像薬のミクロファインではなく、イルフォードのパーセプトールで現像しています。
そのせいか、一層ディープシャドウが粘り、分厚いトーンが出てくれたように感じます♪

愛知県名古屋市東区にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Ilford Perceptol (Stock, 15 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-23 06:00 | Lights & Shadows | Comments(14)
2014年3月22日 夏には緑化される波板スレート工場
b0175964_2151193.jpg

瀬戸市近辺でよく見受けられる波板スレート外壁の工場です。
波板スレートって、無機物ですよね・・・なのに、蔦が這うってのが面白い存在なんであります。
特別な栄養分でもあるんでしょうか。^^;
この工場の外壁にも、たくさん蔦が冬枯れてしておりました・・・もうじき、こいつらが復活するんだろうなあ・・・緑の館になるんだろうなあ♪
真夏に再訪してみたいものなんであります・・・密林工場って風情かな。^^;

愛知県瀬戸市にて
Rolleiflex Automat MX
Zeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5
Neopan 100 Acros with Ilford Perceptol (Stock, 15 min. at 20 deg. C)
Scanned by Epson GT-X770
Post Processed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by noblivion | 2014-03-22 06:00 | Rusty Scene | Comments(10)